Windows 10 USB版販売ダウンロード版購入価格はただ9,200円

Windows 10 USB版 販売开始。Windows 10 Pro ダウンロード版購入価格はただ9,200円。Windows 10 Pro ダウンロード版購入方法を徹底解説!

  • Windows 10 概要
  • Windows 10 マイクロソフト社の公式価格
  • Windows 7/8/8.1を購入してWindows 10にアップグレード
  • 安価なWindows8.1 PCを購入し、そのままWindows 10をゲット
  • オンラインでWindows 10 プロダクトキーを購入

マイクロソフト社は2015/7/29Windows 10を正式発売し、数多くのWindows7/8/8.1正式版ユーザは無料でアップグレードしているでしょう。ユーザはWindows updateを通じてオンラインアップグレードして良いし、或いはマイクロソフト社の公式サイトからWindows 10ISOインストールファイルをダウンロードし、自分でDVD或いはUSB保存メディアを作っても良いです。いかなる方法でWindows 10にアップグレードしても、正式版のユーザであれば、Windows 10のアップグレードが可能です。

(Windows 7/8/8.1正式版のユーザは、ここ一年中に無料でWindows 10にアップグレード可能で、しかもアップグレード後のWindows 10はアクティブ化済みの状態になっています。)

 Windows 10 プロダクトキーを購入

新しくWindows10 をインストールしようとするユーザにとって、これまでWindows7/8/8.1の正式版を使用していれば、Windows 10にアップグレードしたら、PCに正式版のデジタル許可証(Digital Entitlement)配布され、即ちPCがマイクロソフト社の公式クラウドサーバに登録済みで、このPCにはWindows10正式版の利用許可証が入っているわけです。


2


Windows7/8/8.1正式版を通じてWindows10にアップグレードしたユーザは、アクティブ状態にデジタル許可証アクティブ化済みという表示が見られます。

 

Windows10にアップグレードしたら、下記のことができます:

1. これまでのWindows7/8/8.1に復元し、使用し続けて、気が向かなければ、Windows 10ISOインストールパックにより、バーチャルドライブで、その中のSETUP.EXEを開いてアップグレードして良いです。

2. ハードディスクにあるWindows7/8/8.1を削除し、Windows 10インストールパックを使用し、或いはUSBDVDで新しくWindows10をインストールして良いです。

 

Windows7/8/8.1の正式版シリアル番号を紛失して、新しくWindows10をインストールする場合、どうすれば良いでしょうか?

 

合法で安価なWindows 10 正式版シリアル番号を購入

 

現在マイクロソフト社のWindows 10 公式価格は下記のように示します:

Windows 10 Home 64Bit32BitOEMダウンロード版-税込み:19,008

Windows 10 Pro 64Bit32BitOEMダウンロード版-税込み:27864

 

そしてWindows 8.1の価格を見てみましょう:

Windows 8.1標準版 (64BitOEMダウンロード版-税抜き:13,800

Windows 8.1 Pro 64BitOEMダウンロード版-税抜き:25,800

 

Windows7の一部のバージョンはまだ販売中だが、その数が少なく、価格を下記のように示します:

Windows 7 Pro64Bit32BitOEMダウンロード版-税込み:17,949

 

簡単にいえば、OEM版はセット販売のPCにのみインストール可能で、またその他PCに授権で利用することができません。小売版にはこのような制限がなく、任意のPCにインストール可能で、その他PCに授権でインストールする場合、元PCの授権が失効します。

 

 

【オプション1】:Windows 7/8/8.1を購入してWindows 10にアップグレード

これはよく思いつく方法です。Windows7/8/8.1の正式版ユーザは無料でWindows 10にアップグレード可能なので、大勢の人はWindows7/8/8.1正式版プロダクトキーを検索したり購入したりしており、Windows7/8/8.1をインストールしてから、Windows 10にアップグレードするという手です。やや面倒くさいですが、お金の節約ができます。

 Windows 7

上記の公式価格からすれば、かなり節約できるようです。プロ版で比較してみましょう。Widnows10 8.17の価格はそれぞれ27864円、25,800円、17,949円です。即ち、Windows 7/8.1を通じてアップグレードすれば、かなり節約できます。

 Windows 8.1

ただし

(1) Windows7/8/8.1をインストールしてWindows10にアップグレードするのは、かなり時間がかかります

(2) Windows 7/8/8.1のユーザはWindows 10発売後1年以内に無料でアップグレード可能です。

簡単にいえば、Windows7/8.1正式版を購入し、正式小売版であれば、インストールしていずれもWindows10にアップグレード可能で、かなりお金の節約ができます。

->メリット:

(1) 購入費用の節約ができます。

(2) 小売版であれば、授権は移転可能です。

->デメリット:

(1) Windows 7/8/8.1をインストールしてからWindows10にアップグレード可能で、時間がかかります。

(2) Windows 10にアップグレードするのは時間的制限があり、Windows 10発売後1年間以内にアップグレードすることになっています

 

【オプション2】安価なWindows8.1 PCを購入し、Windows 10正式版をゲット

この手はやや高いですが、会社にとって節約に繋がります。ちょうど古いPC機種を淘汰しようとすれば、新しいPCを購入することでWindows 10の正式版を取得するのも考えられます。IT従業員として、会社のために節約するのも悪くないですね。会社は新しいPCを購入しようとすれば、Windows 7/8.1PCを購入し、そしてWindows 10にアップグレードするのも考えられます。即ち「PCを購入してソフトウェアをゲット」というアイディアです


Windows 10 pc



->メリット:

(1)PCを購入すればWindows10が付きます。システムを購入するお金が要りません。

(2)office 3651年間利用期間も付いているかもしれません。プライベート版1年間の費用は節約できます。

->デメリット:

(1) セット販売のOEM版は、その他PCに移転できません。

(2)セット販売の中身はWindows 8.1であれば、同じくWindows 10発売後1年間以内にアップグレードする必要があります。

 

【オプション3】オンラインでWindows 10 プロダクトキーを購入

安価Windows 10の購入方法という記事を御覧ください。【Windows 10 USB版販売开始,ダウンロード版購入方法】このあたりの業者もたくさんいます。一部の消費者は購入して消費紛争に遭ったり、不正プロダクトキーを配布されたりすることがあり、編集者はリストしたのが、プロダクトキーの信頼性が高く、アフターサービスがしっかりして、消費紛争もほぼなく、詐欺もない業者です。激安なWindowsプロダクトキーを購入し、不愉快な結末になる可能性もあります。ぜひご注意ください。

->メリット:

(1)オンラインで購入し、メールで届きます。しかも最も節約できる方法です。

(2)プロダクトキーはいつでも購入でき、いつでも利用できます。

(3)Windows 10 Enterpriseのシリアル番号まであります。大量購入の場合、割引あります。

->デメリット:

(1)激安製品の場合、ある程度のリスクもあります。

 

 

とりあえず、正式版Windows 7/8.1ユーザであれば、重要なファールをバックアップして、今すぐWindows 10にアップグレードしましょう。システムアップグレードの形でWindows 10にアップグレードして良いし、或いはWindows 10ISOインストールパックを解凍してSetup.exeでアップグレードしてもよいです。アップグレード後、インターネットに接続し、そしてWindows 10の設定にアクティブ化済みの表示が見られます。これでアクティブ化完了です。

以上、スムーズにWindows 10にアップグレードできますように!


メールにファイルを添付して送ろうとしたら、ファイルサイズが大きくて送れない場合があります。そんなときに試したいのがファイルの圧縮です。ファイルを圧縮すれば、ファイルサイズが小さくなります。圧縮することで大きくサイズが変化するわけではありませんが、複数のファイルをまとめて送りたいときに覚えておくと便利な機能です。
フォルダーの圧縮方法を覚える
圧縮とは?:圧縮とは、その言菓どおリサイズを小さくすることで、WhdOWSではファイルを圧縮するとZip形式のフォルダーが作成されます。圧腎には向き不向きがあり、写真ファイルなどは圧縮してもほとんどサイズに変化はありません。あわせて覚えておきましよう。
先に作成しておく:圧隔フォルダーはファイルを選択してから作成する方法のほかに、「先にZipフォルダーを作成しておく」という方法もあります。作成方法はデスクトップの何もない部分で「右クリック」してメニューのく送る)から(圧縮(Zip形式)フォルダー〉を選択します。作成されたZipフォルダーにファイルをドラッグして入れていきます。
20161123170359
20161123170512
20161123170553
20161123170633
強力に圧縮するには…:windows標畢の圧縮方法で「ま、期待できるほどサイズに変化はありません。ファイルを大幡に圧縮したいならWindow5ストアからアプリを探してインストールするといいでしょう。
圧縮前と圧縮後の比較
20161123170804
20161123170846

「OneDrive」はパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなど様々なデバイスからアクセスできます。 OneDriveを活用するために作られた専用アプリを利用しましょう。 OneDriveアプリを使えば、外出先でファイルを閲覧したり、編集したりするのにパソコンを持ち歩く必要がなくなります。
1.スマートフォンアプリで操作する
20161122160907
20161122161020
iOSESもある:OneDriveアプリにはAndroid版とiOS版があります。自分四有しているスマートフォンの05に合わせてアブリをインストールしましょう。ここではAndroid版アプリを中心に解説します。
同じアカウントを使う:どのデバイスでも同じデータを閲覧したい場合は. 当然ながら同じMicrosoftアカウントでサインインしておく必要があります。スマートフォンで「まAというアカウント、パソコンで
|よBというアカウントでサインインした場合、アカウントが別なため、ファイルは同期されません。
写真保存に最適:スマートフォンアブリでは、ファイルの閲覧のほか、撮彫した写真を保存するのに向いています。便利な自動アップロード雁能もあります。スマートフォンの容皿節約にも向いています。
20161122161339
2.スマートフォンでOneDrive上のファイルを編集する
20161122161614
20161122161701
無料のOfficeアプリ:OneDriveのほかにも、WordやExce1をスマートフォンで偏集できる「Microsoft Office Mobile」があります。連鵬して活用しましよう。
20161122161914
パソコン版より手軽:ファイルの共有はパソコンで行うよりも、スマートフォンアプリで行ったほうが手軽に行えます。
20161122162023

↑このページのトップヘ