Windows 10 USB版販売ダウンロード版購入価格はただ9,200円

Windows 10 USB版 販売开始。Windows 10 Pro ダウンロード版購入価格はただ9,200円。Windows 10 Pro ダウンロード版購入方法を徹底解説!

新Surface Pro は全6モデルを販売!

新Surface Pro


容量 CPU メモリ 価格
128GB Inter Core M3 4GB 11万4264円
Inter Core i5
13万6744円
256GB
8GB
15万8544円
Inter Core i7
20万6064円
512GB 16GB
28万584円
1TB 34万106円

サーフェスのラインナップは公式HP上で確認できるだけで6つある。CPU、メモリ以外にも違いがある。


初代サーフェスからの究極の問題を解消!

 マイクロソフトの新商品として6月15日に発売した「サーフェスブロ」5世代目となる今年のバージョンからナンバリングを廃止した。今回、そんな新端末を編集部で徹底的に触ってみた

 まず、触る前からわかっていた情報として価格とスペックは前作となるブロ4と比べ、最下位モデルで約1万円、最上位モデルで5万円弱も割高になっているこれはCPUが最新此代のものを使用していたり、最卜位版のSSDが「SATA SSD」から。NVMESSD」にアップグレードしていたりとハードウェア部分での強化が施されているからだまた、特筆すべきこととして、「サーフェスベン同封モデル」がなくなっているということ前作までは基本的にペンが同梱されていたが、今回からペンを使用する場合は、別売りで購入しなければならないので注意が必要だ

 サーフェスを初めて触って。番感動したことはキックスタンドの性能がグンと使いやすくなっているということだこれは初代サーフェスからの課題

歴代Surfaceのスペック

Surface

搭載OSはWindows 8の時代に登場。新たな時代を切り開いた

surface pro 2

初代の日本発売から約3ヵ月後にリリースされた.OSはWindows 8.1 Proとな回ている

surface pro 3

2の翌年にリリースされたSurface Pro 3はWindows 10を搭載してリリースされた

surface pro 4

2015年にリリースした前作モデル。最高級モデルは30万を超える価格に

Surface studio &新Surface Pro

本当に「ノートPC」としても使える

自宅のPCの環境を移せる

若干、指での操作が難しい

片手持ちだと少し重い

搭載するWindows 10はPC用もタプレット用も同じOSを使用,それぞれの用途やシーンに合わせてまるで「2つの製品」かのように使用可能だ

で、今まではえ字を入力するときにサーフェスの角度調整が入味にしかできず、これに不便を感じているユーザーの声が散見していたしかし、今回新サーフェスプロであれば第一世代からの悩みの種を完令に解消したといえるかもしれない

 新サーフェスブロは上記の通り搭載OSはウィンドウズ10なので職場などで使っているマイクロソフトアカウントから設定情報を共有したり、マイクロソフトが提供するOne Driveを介して、より簡単にファイルのやり取りができるということも嬉しい限りまた、ウィンドウズ 10はバージョンアップによって提供され続けるので、OSがが古くなって使えなくなることがないということも安心して購入できる好材料といえるだろう。

価格相応の使い心地!

「機能フル対応」「ペン対応」のSurface版 細かい作業は「トラックパッド」が大切!

指・ペン・マウスで細かい操作が楽!

PCよりも使いやすいタブレットの進化系

 フル機能のOfficeだけあり、使い勝手はPCと同等。キーボードに搭載しているトラックパッドを使用すれば、出先でのファイル作成も問題なし。その上、ペン入力も完全サポートされ、ファイル上からコメント書きなど不自由なく操作が行える。

surface pro

ペンをiPadと比べて見たら機能はSurfaceが圧倒的でした!

まるで、紙に記入している書き心地!

仕事で便うオフィス搭載!さらにペンが使えすぎる!!

 最近流行りのネットブックでエクセルを操作するとセルが細かすぎて任意のセルを選択しにくかったりとイライラする場而もい多いサーフェスプロならタッチパッドでの操作のほかに、10点マルチタッチ対応の高解像度ディスプレイで皿‐辿のセル選択だけでなく、範囲選択なども容易.また、サーフェスで使えるペンも新しくリニューアル傾き(チルト)検出できるようになり、さらに使いやすくなりた.

surface pan

両者まったく違う書き味店頭で一回試すのがオススメ

 同じ「ベン」でも、アナログを目指したiPadとデジタル系のSurfaceは別モノ。機能性はSurfaceが圧倒的に便利だが、書き味は両者「好き嫌い」があるので、購入前には店頭で使ってみるのがオススメだ。

書き味はまったく異なる2者「紙書き」つぽさはSurface



ちょうどいい反発力で心地よい打鍵感を実現

 仕事でサーフェスを扱う際にもっとも爪要なのは、なんといっても文字の打ちやすさ仕事の効率に関わる部分なので、妥協はできないポイントだサーフェスの最新のタイプカバーは、スムーズで高速な人力を行うために最適な間隔のキー配列、かつほどよく曜い打鍵感で人力速度を向上してくれるまた、冒頭でも述べたとおり、スタンドでの角度調整がかなり細かくできるようになっているので、従求はしにくかったペン人力がとても捗る什様になっているインターフェースまわりの機能としてはUSB3.0、MicroSDカードスロットなどの仕事で多用する機能はもちろんとして、MiniDisPlayPortで外付けモニターにも接続が可能だインカメラも搭載しているので、スカイブで電話会議を行うこともできるソフト面ではマイクロソフトオフィスを搭載しているので、会社で作成したエクセルファイルを追加細集したり、PDFに加にしてメールで転送する、といったこともできる。サーフェスは価段以上に仕事の道具として活用することができるだろう。

高解像度画面の薄型軽量ノートPC

 マイクロソフトはSurfaceシリーズの新たなラインナップとして「SurfaceLaptop」を発表、7月20日から日本での発売を開始したこれは13.5型のノートPCで、タッチパネルには対応するものの、タブレットへの変形や2in1タイプでもない意外なことにこの製品がマイクロソフト初のノートPCとなる。

 基本コンセプトとして教育機関(おもに人学生)での使川が想定されており、ウィンドウズの新エディション「ウィンドウズ10 S」が搭載される(ドコラム参照)ただし、ウィンドウズ10ブロヘ切り替えることもでき(12月31までは無料.以降は6900円か必要)、その場合はビジヽ不ス用途にも十分使用できるモバイルノートPCとなるウィンドウズ10の生体認証機能「Windows Hello」に対応したカメラが搭載されているので、モバイル環境ドでのセキュリティ性能も高いフルHDのワイド画面が主流のノートPCの中で、3:2の高解像度モニター搭載する製品として魅力的だ.

Microsoft Surface Laptop

Surface Laptop
実勢価格●13万6944円(税込)~

これまでのSurfaceシリーズはあくまでノートPCのように使えるタプレットだったか.本製品はいわゆる“普通’のノートPCとしでの使い勝手を目指した製品だ

SPEC ディスプレイ:13.5インチ(2256×1504ビクセル)●サイズ:H223.27XW308.1×D14.48mm(最薄部9.93mm)●重量:約1252g●バッテリー駆動時間:動画再生最大約14.5時間●OS:Windows 10 S●Office Home & Business 2016付属。

Surfaceシリーズの比較

シリーズ
Surface Pro
Surface Laptop
Surface Book
価格
114,264円~
136,944円~
200,664円~
OS
Windows 10 Pro
Windows 10 S
Windows 10 Pro
画面サイズ
12.3インチ
13.5インチ
13.5インチ
画面
2736×1824 (267ppi)
2256×1504 (201 ppi)
3000×2000 (267ppi)
プロセッサ
第7世代 Intel Core m3/i5/i7
第7世代 Intel Core i5/i7
第6世代 Intel Corei5/i7
ストレージ
128GB/256GB/512GB/1TB
128GB/256GB/512GB
128GB/256GB/512GB/1TB
メモリ
4GB/8GB/16GB
4GB/8GB/16GB
8GB/16GB
正面カメラ
500万画素(1080p)
720p
500万画素1080p)
背面カメラ
800万画素(1080p)
なし
800万画素(1080p)
勣画再生時間
最大約13.5時間
最大14.5時間
最大12時間
問梱アクセサリ
なし
なし
Surfaceペン
寸法
292×201×8.5mm
308.1×223.27×14.48mm
312.3×232.1×22.8mm
重量
最小768g
1,252g
最小1,516g

Surface Laptopに初期搭載されているOSは「Windows 10 S」というWindows 10の教育向け新エディションとなる。これはWindows10 Proをペースに、「Windowsストア」以外からアプリをインストールできないように制限を設けたOSで、この制約によりセキュリティ性の向上とメンテナンスの簡易化を果たしている。

  • Windows 10 概要
  • Windows 10 マイクロソフト社の公式価格
  • Windows 7/8/8.1を購入してWindows 10にアップグレード
  • 安価なWindows8.1 PCを購入し、そのままWindows 10をゲット
  • オンラインでWindows 10 プロダクトキーを購入

マイクロソフト社は2015/7/29Windows 10を正式発売し、数多くのWindows7/8/8.1正式版ユーザは無料でアップグレードしているでしょう。ユーザはWindows updateを通じてオンラインアップグレードして良いし、或いはマイクロソフト社の公式サイトからWindows 10ISOインストールファイルをダウンロードし、自分でDVD或いはUSB保存メディアを作っても良いです。いかなる方法でWindows 10にアップグレードしても、正式版のユーザであれば、Windows 10のアップグレードが可能です。

(Windows 7/8/8.1正式版のユーザは、ここ一年中に無料でWindows 10にアップグレード可能で、しかもアップグレード後のWindows 10はアクティブ化済みの状態になっています。)

 Windows 10 プロダクトキーを購入

新しくWindows10 をインストールしようとするユーザにとって、これまでWindows7/8/8.1の正式版を使用していれば、Windows 10にアップグレードしたら、PCに正式版のデジタル許可証(Digital Entitlement)配布され、即ちPCがマイクロソフト社の公式クラウドサーバに登録済みで、このPCにはWindows10正式版の利用許可証が入っているわけです。


2


Windows7/8/8.1正式版を通じてWindows10にアップグレードしたユーザは、アクティブ状態にデジタル許可証アクティブ化済みという表示が見られます。

 

Windows10にアップグレードしたら、下記のことができます:

1. これまでのWindows7/8/8.1に復元し、使用し続けて、気が向かなければ、Windows 10ISOインストールパックにより、バーチャルドライブで、その中のSETUP.EXEを開いてアップグレードして良いです。

2. ハードディスクにあるWindows7/8/8.1を削除し、Windows 10インストールパックを使用し、或いはUSBDVDで新しくWindows10をインストールして良いです。

 

Windows7/8/8.1の正式版シリアル番号を紛失して、新しくWindows10をインストールする場合、どうすれば良いでしょうか?

 

合法で安価なWindows 10 正式版シリアル番号を購入

 

現在マイクロソフト社のWindows 10 公式価格は下記のように示します:

Windows 10 Home 64Bit32BitOEMダウンロード版-税込み:19,008

Windows 10 Pro 64Bit32BitOEMダウンロード版-税込み:27864

 

そしてWindows 8.1の価格を見てみましょう:

Windows 8.1標準版 (64BitOEMダウンロード版-税抜き:13,800

Windows 8.1 Pro 64BitOEMダウンロード版-税抜き:25,800

 

Windows7の一部のバージョンはまだ販売中だが、その数が少なく、価格を下記のように示します:

Windows 7 Pro64Bit32BitOEMダウンロード版-税込み:17,949

 

簡単にいえば、OEM版はセット販売のPCにのみインストール可能で、またその他PCに授権で利用することができません。小売版にはこのような制限がなく、任意のPCにインストール可能で、その他PCに授権でインストールする場合、元PCの授権が失効します。

 

 

【オプション1】:Windows 7/8/8.1を購入してWindows 10にアップグレード

これはよく思いつく方法です。Windows7/8/8.1の正式版ユーザは無料でWindows 10にアップグレード可能なので、大勢の人はWindows7/8/8.1正式版プロダクトキーを検索したり購入したりしており、Windows7/8/8.1をインストールしてから、Windows 10にアップグレードするという手です。やや面倒くさいですが、お金の節約ができます。

 Windows 7

上記の公式価格からすれば、かなり節約できるようです。プロ版で比較してみましょう。Widnows10 8.17の価格はそれぞれ27864円、25,800円、17,949円です。即ち、Windows 7/8.1を通じてアップグレードすれば、かなり節約できます。

 Windows 8.1

ただし

(1) Windows7/8/8.1をインストールしてWindows10にアップグレードするのは、かなり時間がかかります

(2) Windows 7/8/8.1のユーザはWindows 10発売後1年以内に無料でアップグレード可能です。

簡単にいえば、Windows7/8.1正式版を購入し、正式小売版であれば、インストールしていずれもWindows10にアップグレード可能で、かなりお金の節約ができます。

->メリット:

(1) 購入費用の節約ができます。

(2) 小売版であれば、授権は移転可能です。

->デメリット:

(1) Windows 7/8/8.1をインストールしてからWindows10にアップグレード可能で、時間がかかります。

(2) Windows 10にアップグレードするのは時間的制限があり、Windows 10発売後1年間以内にアップグレードすることになっています

 

【オプション2】安価なWindows8.1 PCを購入し、Windows 10正式版をゲット

この手はやや高いですが、会社にとって節約に繋がります。ちょうど古いPC機種を淘汰しようとすれば、新しいPCを購入することでWindows 10の正式版を取得するのも考えられます。IT従業員として、会社のために節約するのも悪くないですね。会社は新しいPCを購入しようとすれば、Windows 7/8.1PCを購入し、そしてWindows 10にアップグレードするのも考えられます。即ち「PCを購入してソフトウェアをゲット」というアイディアです


Windows 10 pc



->メリット:

(1)PCを購入すればWindows10が付きます。システムを購入するお金が要りません。

(2)office 3651年間利用期間も付いているかもしれません。プライベート版1年間の費用は節約できます。

->デメリット:

(1) セット販売のOEM版は、その他PCに移転できません。

(2)セット販売の中身はWindows 8.1であれば、同じくWindows 10発売後1年間以内にアップグレードする必要があります。

 

【オプション3】オンラインでWindows 10 プロダクトキーを購入

安価Windows 10の購入方法という記事を御覧ください。【Windows 10 USB版販売开始,ダウンロード版購入方法】このあたりの業者もたくさんいます。一部の消費者は購入して消費紛争に遭ったり、不正プロダクトキーを配布されたりすることがあり、編集者はリストしたのが、プロダクトキーの信頼性が高く、アフターサービスがしっかりして、消費紛争もほぼなく、詐欺もない業者です。激安なWindowsプロダクトキーを購入し、不愉快な結末になる可能性もあります。ぜひご注意ください。

->メリット:

(1)オンラインで購入し、メールで届きます。しかも最も節約できる方法です。

(2)プロダクトキーはいつでも購入でき、いつでも利用できます。

(3)Windows 10 Enterpriseのシリアル番号まであります。大量購入の場合、割引あります。

->デメリット:

(1)激安製品の場合、ある程度のリスクもあります。

 

 

とりあえず、正式版Windows 7/8.1ユーザであれば、重要なファールをバックアップして、今すぐWindows 10にアップグレードしましょう。システムアップグレードの形でWindows 10にアップグレードして良いし、或いはWindows 10ISOインストールパックを解凍してSetup.exeでアップグレードしてもよいです。アップグレード後、インターネットに接続し、そしてWindows 10の設定にアクティブ化済みの表示が見られます。これでアクティブ化完了です。

以上、スムーズにWindows 10にアップグレードできますように!


↑このページのトップヘ