Windows 10 Pro/Home ダウンロード版購入価格はただ9,200円

Windows 10 USB版 販売开始。Windows 10 Pro ダウンロード版購入価格はただ9,200円。Windows 10 Home ダウンロード版購入方法を徹底解説!

20157290時から、Windows10は発売を迎え、Windows7Windows8.1のユーザは無償でWindows10にアップグレードできます。またシステムアップグレードなどの方法によりWindows10へのアップグレードも可能です。

公式サイト(microsoftstore)により、今回発売したWindows10にはCD版、DSP版やパッケージ版がなく、代わりに操作しやすいWindows10 ダウンロードの発売が判明しました。一方、注目されるWindows10 USB版は直接購入ができず、公式サイトで予約するしかありません。Windows10 USBの発売時間はまだ公開されていません。

公式サイト(microsoftstore)により

公式サイト掲載のWindows10 Pro 価格27,864円です。興味のある方々にWindow10 ダウンロード版をオススメします。

Windows 10 Pro ダウンロード版購入方法

 
http://microsoftagency.com/代理店の商品ページ掲載のWindow10 ダウンロード版価格はただ9,200円です。
http://microsoftagency.com/

Windows10
の購入方法も非常に簡単で、ただ3つのステップでOKです。

 1 ショッピングカートに入れ、商品を確認します

 ショッピングカートに入れ、商品を確認します

2 ご本人の情報を記入します

       ご本人の情報を記入します
  3 情報を確認して支払いを行います。
情報を確認して支払いを行います
 

仕事術を実行するまえに仕事環境の見直しが必要

 「超速仕事術」と聞くと、ビジネス向けアブリをいかに使いこなすかということに考えが傾きがちだが、そのまえにやることがある、それが、パソコンおよび作業環境の見直しパソコンの勣作が鈍ければどんなに素晴らしいアブリでも処理がもたつくし、作業環境が悪ければ仕事に集中できない自分の環境がどんな状態なのか、見直してみよう、

パソコンとユーザーそれぞれに見直しが必要

パソコンとユーザーそれぞれに見直しが必要

意外に有効!?仕事専用アカウントを作成しよう

仕事以外の要素を排除した環境をつくる

おもに自宅向けとなるが、仕事環境見直しの第一歩として、オススメしたいのが仕事用アカウントの作成、スタート画面やタスクバーには仕事向けアプリ

だけを登録し、ブラウザーのお気に入りからも趣味の要素を排除.これだけでも集中できる.

仕事以外の要素を排除した環境をつくる

絶対に無断使用されない環境ならログインパスワードを省略

ログイン時のパスワード認証はセキュリティ的に重要なものだが、絶対に第三者かぶれることのない環境であれは、無効にすることでパソコンを起動後すぐに作業を開始できるというメリノトがある

絶対に無断使用されない環境ならログインパスワードを省略

システムや設定の見直しでパソコンの処理を高速化する

 仕事の速度を手つ収り早く上げたいのなら、パソコンの処理速度を上げること。スペックが上位のパソコンを新たに購人したり、メモリーやストレージの增強を行うのもありだが、そのまえにシステムや設定に改善できる余地がないかをチェックして、いま使っているパソコンをいかに鳥速化できるか試してみよう。介わせて、操作にムダがなかったかも見直しておきたい。アプリを起動するまでのステップを削減する、マウスで行っていた操作をショートカットキーで完結する、マウスやキーボードを操作性のいいものに変えるなど、見直しのポイントは意外と多い。これらはビジネスだけでなく、日常的なパソコンでの作業も効率化してくれるので、仕事用のパソコン以外にも活用してほしい。

起動速度が早くコンパクトなランチャーに仕事のアプリを登錄

 頻繁に使用するアプリが増えるほど、どこから起動するべきかが問題になる。スタート画面をカスタマイズするのはいいが、数が多いとスクロールして探す必要があるからだ、そこで使ってもらいたいのが「Orchis」。ダブルクリックで開く「ランチャ」は、コンパクトなのに登録できるアプリが多い。「ファイラ」や「タスクスイッチャ」も備えている。

起動速度が早くコンパクトなランチャーに仕事のアプリを登錄

アプリやフォルダーを素早く切り替え

 アプリやフォルダーを素早く切り替え

適当にアプリをヒン留めするのはNG

 タスクバーのアイコンには、実行用のショートカットが用意されている、ショートカットは「Windows十数字」キーのため、実行できるのは最大でIO個までこのショートカットがもっともアプリを素早く実行する方法なので、タスクパーにピン留めするアプリはよく考えて選定したい。

Windowsキー十数字キーで起動

Windowsキー十数字キーで起動

ショートカットアイコンにキーを登録する

 Windowsのショートカットキーは、ユーザーが設定することもできるそれを活用して、特に頻繁に使うフォルダーやアフリを起動するための、ショートカットキーを設定しておこう。ショートカットキーはショートカットアイコンに設定するため、事前に対象となるフォルダーやアブリのショートカットを作成する必要がある。

ショートカットキーで開けるようにする

ショートカットキーで開けるようにする

不特定多数の人がいるスペースではロックが必須

 オフィスでは、パソコンの前を離れる際にロックが必須。だが、頻繁に離席するときは手問だし、急いでいると忘れてしまうことがある。確実にロックをするために、パソコンとスマホなどのBluetooth端末を連携させて、「動的ロック」を使用しよう連携した端末を持って離席すると、自動でロックされるようになる。

つねに持ち歩いている端末をベアリング 

つねに持ち歩いている端末をベアリング

ウィンドウをデスクトップの1/2サイズに表示 

ふたつのアプリを開いているときに、ウィンドウが重なって作業しづらいと感じたら、[Windowsキー十← →キー]の出番。アクティブなウィンドウをデスクトップの左(右)半分に表示できる。ほかに実行中のアプリがある場合は、空きスペースにプレビューが表示され、選択すると右(左)半分に表示される。

覚えておきたい6つのショートカット

覚えておきたい6つのショートカット

マウス操作がメインのユーザーならショートカットよりもジェスチャー

 マウスジェスチャーとは、マウスで描く軌跡でパソコンを操作する機能。日常的にマウスを使用しているユーザーにとっては、ショートカットよりも手早く入力が行える。設定にはrStrokesPlus]を利用。あらかじめテスクトップやブラウザー向けの複数のジェスチャーが登録されており、起勤しておくと利用が可能。ジェスチャーの追加もできる。

マウスの軌跡でパソコンを操作できる

マウスの軌跡でパソコンを操作できる
マウスの軌跡でパソコンを操作できる

パソコン内のゴミはユーザーだけでは削除できない

 不要になったファイルをマメに削除していても、システムの奥底にゴミファイルは溜まっていく。そんな、ユーザーでは手を出しにくいゴミは「CCIeaner」で削除。ストレージの確保と動作の快適化でー石二鳥だ。

クリーニングすべき4つの項目

クリーニングすべき4つの項目
 クリーニングすべき4つの項目

ストレージを使い続けると避けてはとおれない断片化

 ストレージは読み書きを繰り返すことで、空きスペースが分割され、そこにファイルが保存される。これによりファイルが断片化され、読み書きの効率が下がってしまうのだが、デフラグすることで解消できる。

ストレージを使い続けると避けてはとおれない断片化
ストレージを使い続けると避けてはとおれない断片化

メモリーの空きが多いほどパソコンの動作は快適 

アプリは実行するとメモリーを消費する。そのため、実行中のアプリの数が増えるほどパソコンの勣作が鈍いと感じるようになる。「MemOptimizer」は、そんなアプリが使用しているメモリーを開放し、空き容量を増やすというもの。バックグラウンドで実行中のアブリがムダにメモリーを消費しているのも解消できる。

アプリは勝手にスタートアップに登録される

 パソコンの電源を入れてから起動を完了するまでの時問を左右するのが, OSと同時に起動するスタートアップの存在。アプリのなかにはインストールすると自動的にスタートアップ登録されるものがあるが、これが起動時間を遅らせる原因となる。セキュリティなどの必要なアプリ以外は、無効化もしくは遅延設定を行うといい。

メモリーの使用量が指定数値を越えたら開放

メモリーの使用量が指定数値を越えたら開放

アプリごとに無効化や遅延を設定

アプリごとに無効化や遅延を設定

ハソコンが正常に動作しない原因にもなる

 [ドライバー]は、パソコンに内蔵および外付けされている機器をコントロールするプログラム OSのアップデートなどに合わせて更新されるが、これが古いままだと正常に動作しなくなる可能性がある気づかないうちにパソコンの動作に悪影響を及ぼすため、「Driver Booster 4 Free」で古いドライバーの検出と更新を行おう

メモリーの一部を高速ストレージ化する

 ブラウザーなど一部のアプリの動作速度を左右する要因のひとつに、ストレージの読み書き速度かあるというのも、アブリは動作する際に、キャッシュを読み書きするからだこの読み書き速度を高速化するために有効なのかこメモリーの一部をストレージ化したRAMディスクこれは「QILING Disk Master Free」で簡単に作成できる

古くなったドライバーは一括アップデート

古くなったドライバーは一括アップデート

メモリーの一部をRAMディスク化する

メモリーの一部をRAMディスク化する

ルーターから離れた部屋の通信環境を改善する

 Wi-Fiでネットに接続していると、ルーターから離れるほど通信速度は遅くなり、場合によっては途切れてしまう。仕事にかかせないネットの速度が遅いと作業の遅れにもつながるため、「中継器」を増設して通信環境を改善しよう、オススメは場所を取らないコンセント直挿しタイプだ.

ルーターから離れた部屋の通信環境を改善する

中継器はココを見て選べ!

 中継器はココを見て選べ

ルーターと中継器を接続する

ルーターと中継器を接続する

使い比べて初めてわかるキーボードの優劣

 使い比べてみないと気づきにくいが、キーボードも種類によって打鎚感が大きく異なる。実はこの打鍵感が指に合う、合わないで、入力速度や疲労に大きな差が出る、今使っでいるキーボードに不満がなくても、一度量販店ではかのキーボードも試し打ちしてはしい。本誌のおすすめはエルゴノミクス設計で指にやさしいMs製の一品

コピーやペーストがワンクリックで完了する

 マウスといえば左右のボタンとホイールの3ボタンが一般的だが、作業効率を向上させるのなら多ボタンマウスを使用したい.追加のボタンはブラウザーの「戻る/進む」や「コピー ペースト」のような、任意のショートカットを割り当てることができるよりボタンの多いマウスがほしいのなら、ケーミンクマウスも探してみよう

エルゴノミクス設計で入力効率アップ

 エルゴノミクス設計で入力効率アップ

5つのボタンに操作を割り当てる

5つのボタンに操作を割り当てる

ファイルやテキストのコピーは、専用のアプリを使用することでより簡単に、より高速に実行できます。本特集ではただそのままコピーをするだけではなく、ファイル形式を変換したり、特定のファイルだけを抽出してコピーをするといった、ワンランク上のコピーを実現するアプリを紹介します。これでもう、コピーで悩むことはありません!

簡単なようで奥が深いパソコンの「コピー」の世界

パソコンを使っていて、何気なく行っている「コピー」という操作。ファイルの複製をつくったり。テキストを別の場所に人力することかできるとても基本的な操作ですが、専川アプリを使うことで、より多くの対象を、より確実に、より簡単にコピーすることかできるようになります。

そこで、第2特集では、さまざまなコピー機能をもったアプリをまとめて紹介します。「動画コピー」ではDVDやプルーレイを助向ファイル化するアプリ、「青楽コピー」ではCDを完璧にコピーするアブリなどを紹介。どれもアプリなしではできないコピー作業なので、使い方を覚えておくと役立ちます。書類の作成やファイルの管理をもっと効率的に行いたい人は、「テキストコピー」「ファイルコピー」のページをチェックしてください。大切なデータを守りたい人に向けては、「バックアップ」で伏存川のデータをコピーする方法を解説しています。

本特集を読めば、「こんなものまでコピーできるのか」と驚くかもしれません。それほどまでに、コピーは奥が深いのです。

パソコンならコピーの作成は思いのまま目的に合わせてアプリを選択しましょう!

DVDもBlu-rayも動画ファイルにコピー可能

DVDもBlu-rayも動画ファイルにコピー可能

DVDやRIu-rayは。ディスクの中身をそのままコピーしただけでは使い道s'限られます。しかし、アプリを使ってコピーをすることで、ディスクを複製したり、パソコンやスマホで視聴可能な動mファイル化が行えます。

CDからラジオまで視聴環境に合わせてコピー

CDからラジオまで視聴環境に合わせてコピー

CDはMP3をはじめとした音楽ファイルにコピーすることで、ディスクの入れ替えなしにたくさんの楽曲が楽しめます。また、インターネットで聴ける世界各Bのラジオ番組も、音声ファイル化して保存ができます。

コピー不可能なテキストのコピーもお手のもの

コピー不可能なテキストのコピーもお手のもの

普段から何気なく行っているテキストのコピーも、アプリを使うことでよリスムーズにできます。選択が不可能なテキストのコピーや、画像内の文字のテキスト化、さらにクリップボードの機能拡張など、より便利になります。

多様な条件で思いどおりにファイルをコピー

多様な条件で思いどおりにファイルをコピー

数が増えてくると管理が大変なファイルも、アプリを使えば効率的にコピーできます。大量のファイルをより速く、より確実に、条件にあったファイルだけを、右クリックではコピーできないファイルを、

専用アプリでコピーしましょう。データコピーでパソコンやスマホを復元可能に

専用アプリでコピーしましょう

突然パソコンが起動しなくなり、保存していたファイルを含めたすべてのデータが使用できなくなったら大変です。専用のアブリを使い、大切なデータは定期的にバックアップを作成しましょう。これで復元が可能になります。

再生や保存にベストなコピー方法とソフトを選択

DVDやBlu・ray、地デジ……動画を最適な形にコピー!

DVDやBlu-rayなどのディスクメディアは、パソコンにコピーしておくとすぐに再生できるようになるほか、ディスクが破損や紛失した際のバックアップデータとしても役立ちます。また、ネット勣画や地デジもパソコンにコピーして勣画ライブラリーを豊かにしましょう。

ISOにすると管理や再生が簡単に!

DVDビデオをそのままコピーしてイメージデータ化する

DVDからイメージデータを作成する

DVDからイメージデータを作成する

「ImgBurn」は、DVDをディスクイメージに変換コピーできるアブリ。ディスクメージはISO形式のファイルとして作成され、専用の再生ソフトを使用すればもとのDVDと同じように再生できます。見たくなったらすぐに再生できるようになるので、よく見返すDVDはディスクイメージ化しておくのがオススメです。

DVDからイメージデータを作成する

破損するかもしれないディスクのバックアップにも

今や自分で撮彬した勁画は新品のDVDを購人し、保存する人が増えた時代。しかし、DVDは劣化や傷に弱く、データが読み込めなくなる可能性があります。また、紛失や不具合・故障に備えてパソコンにコピーしておくと安心です。いちいちヶIスから取り出して再生する手間も省けるので一石二鳥といえます。

DVDと同じくブルーレイもイメージファイルに変換コピーが可能です。ただしDVDに比べてファイルサイズが大きくなりがちなので、変換先の空き容量には注意しましょう。

ネット動画はアプリの使川で簡単にパソコンヘコピーできます。アプリは話題の4K動画にも対応しており、高画質のままコピーできます。アプリをインストールしたくない場合は、サイト経山でパソコンにコピーするといいでしょう。地デジ番組をパソコンにコピーする方法は多少複雑になります。アンテナーチューナー・内蔵型・外付け型・付属ソフトなど、自分の環境に合った製品を選びましょう。また、コピー制限機能にも注意が必要です。

DVDから字幕付き動画に変換コピー

DVDから字幕付きの動画をコピーする

DVDには外国語音声の対訳として日本語字幕が表示されるものもあります。「Xmedia Recode」は、DVDから動画ファイルに変換コピーできるアプリで、表示される字幕を動画内に格納する機能を搭載しています。本アプリを使えば、外国語音声のDVDから字幕付き動画が作成できます。また、複数の字幕がある場合は選択も可能なので、外国語音声で外国語の字幕を表示し、語学の教材としても役立ちます。

DVDから動画ファイルに変換コピー

DVDからのコピーと動画形式変換を同時に実行

「HandBrake」はDVDから動画ファイルに変換コピーできるアプリ。DVDのデータサイズは4.7GBですが、変換コピーすることでサイズの小さな動画ファイルにできます。画質は多少落ちますが再生しやすいファイルになるほか、パソコンの容量を節約したい場合にも最適です。また、ディスクドライブのないパソコンでDVDを再生したい際にも、変換コピーすることにより再生可能になります。

複数の字幕がある場合は選択できる

複数の字幕がある場合は選択できる

豊富なプリセットか搭載されているので変換も簡単です

豊富なプリセットか搭載されているので変換も簡単です

DVDからだけでなくiOSからも動画に変換

DVDから変換コピーしたディスクイメージのISOは、専用のアプリがないと再生できず、高画質な反面で汎用性が高くありません。「VidCoder」は、DVDはもちろんISOからも動画ファイルに変換コピーできるアプリ。なんらかの事情でDVDが手元になく、しかもISOを動画ファイルに変換する必要に迫られた場合に便利です。バッチ機能も搭載しているので、複数変換もまとめて処理できます。

DVDから動画だけでなく音声ファイ)レも抜き出せる

DVDには音楽映像を収めただけのものもあります。そのようなDVDから勣画ファイルに変換コピーし、音声だけを楽しみたい場合、勣画サイズにすることは容量の無駄遣いになります。「Free DVDVideo Converter」は、DVDから音声ファイルに変換コピーできるアプリ。容量の軽い音声ファイルを作成し、パソコンの容量を節約して音楽を楽しめます。

複数の字幕かある場合は選択できる

複数の字幕かある場合は選択できる

ライブDVDなど音声だけを楽しみたい場合に便利です

ライブDVDなど音声だけを楽しみたい場合に便利です

もとのDVDと同じ画質・音質で丸ごとコピーする

「Your Free DVD Copy」は、シンプルにDVDをISO化する機能だけを搭載したアプリです。字幕や音声変換、編集などの機能はなく、もとのDVDを同じ画質・音質でISOファイルに変換コピーします。他の変換コピーアプリの使い方が難しく、ただコピーできればいいという人に最適です。インターフェースもシンプルですっきりしており、わずか数回のクリックで操作を完了できるのも魅力です。

AVI出力に特化したDVDコピーソフト

「TDMore DVD to AVI Converter」は、DVDからAVIファイルに変換する機能に特化したソフト。そのぶん、余計な機能を搭載しておらず、初心者でも迷うことなく操作できるのが持ち味です。目的がDVDのAVI変換という場合は、本アプリがオススメといえます。プレビューや画質選択機能もあるので、確認やサイズ容量の調整がしやすく、またTwitter・Facebook・YouTubeへの投稿機能も便利です。

シンプルにDVDをコピーする機能だけを搭載しています

シンプルにDVDをコピーする機能だけを搭載しています

画賢の解像度も選択できる

画賢の解像度も選択できる

DVDから特定のチャプターだけを抜き出す

DVDには複数の映像を収録しているものもあり、一部の映像パートだけコピーしたいのに、丸ごとISOでコピーするのは容量も時間も無駄になります。そこで「Icepine Free DVD to AVI Converter」を使いましょう。本アプリならDVD内のチャプターを検出し、任意のチャプターだけをAVI形式の動画ファイルに変換コピーできるので、変換にかかる時間や容量を大幅に節約できます。

DVDからAndroidやiPhone用の動画に変換

スマートフォンの小さな画面で再生するのに、パソコン再生用の大きな動画ファイルに変換するのは容量の無駄遣いです。「FormatFactory」は、豊富な変換用プリセットを標準搭載しており、ワイドスクリーンなどさまざまなスマートフォンの画角に合わせた最適のサイズ・容量の動画ファイルに手早<変換コピーできるアプリです。DVDはもちろん- ISOや各種動画形式にも対応しています。

本編や特典映像を選択してコピーする

本編や特典映像を選択してコピーする

無駄に大きい動画ファイルサイズはスマホに必要ありません

無駄に大きい動画ファイルサイズはスマホに必要ありません

Blu・rayビデオディスクをイメージデータ化する

Blu-rayからイメージデータを作成する

Blu-rayからイメージデータを作成する

「CDBurnerXP」はCDという名を冠していますが、CDはもちろんのことDVDやBlu-rayのコピーにも対応するアプリです。ISOファイルに変換コピーすることで、再生が容易になるばかりでなくバックアップにも役立ちます。ディスク丸ごとの変換コピーや、ディスク内の映像データを読み取って、チャプター単位でのコピーも可能で、目的に合わせた使い方ができるのも特徴のひとつになっています。おまけ機能として、ディスクドライブの性能・対応メディア表示、ケースの印刷機能もあります。

ディスク作成やラベル・カバー作成で役に立つテクニック!

「CDBurnerXP」には、コピーだけでなくディスク作成機能も搭載されており、書き込むディスク仕様の変更も可能です,さらにヶ-スの印刷機能も利用できます

ラベルやカバーを印刷

 ラベルやカバーを印刷

より高性能なディスクシステムに切り替える

より高性能なディスクシステムに切り替える

ディスクドライブの対応種類を表示できる

自分のパソコンが対応しているディスクメディアを素早く確認する機能が利用できます。

自分のパソコンが対応しているディスクメディアを素早く確認する機能が利用できます

Blu・rayをDVD作成用に分割してコピー

Blu-ravを安価なDVDてコピー&配布したい場合に利用てきます

 Blu-ravを安価なDVDてコピー&配布したい場合に利用てきます

「Blue-Cloner」は、Blu-「ayを分割コピーできるアブリ、メテ'イアに合わせて分割するサイズを調整できるので、サイズの大きなBlu・rayをDVDへ分割コピーしたい場合に最適です。動画形式や読み沓き速度、圧縮率の設定も編集可能です

Blue-Cloner

Blu-rayを完全で精確なデータとしてコピー

Blu-rayを完全で精確なデータとしてコピー

ImgBurnでもBlu-rayのコピーはできる

DVDコピーでよく使われる「ImgBurn」には. Blu・rayのコピー機能も搭載されています。手順はDVDと同じですが、保存先には空き容量に余裕のある場所を選んでおきましょう。変換コピーされるのはディスクイメージのISOファイルになります。なお、DVDと同様にBlu-「ayの書き込みにも対応しています。「モード」→「ビルド」をクリックして、書き込みたいデータを登録しましょう。

3D形式のBlu・rayがコピーできるソーシンクプルーレイコピーSothink Blu-ravコピー

3D形式のBlu・ray

BIu-rayからディスクイメージデータにコピーできます

BIu-rayからディスクイメージデータにコピーできます

ネット動画を高画質でパソコンにコピーする

ネット動画を高画質でパソコンにコピーする

検索とダウンロードの機能を搭載しています

検索とダウンロードの機能を搭載しています

「ClipGrab」は、各種動画サイトからパソコンに動画をコピーできるアプリです。ほとんどのメジャーなサイトに対応しているうえ、ブラウザー機能の内蔵により、検索・確IS-ダウンロードを一括して実行できるのが利点です。

ClipGrab

地デジ番組をパソコンに録画しよう

地デジを録画するにはチューナーが必要です

地デジを録画するにはチューナーが必要です

地デジ放送はパソコンで受信し、録画することができます。まずはチューナーの取り付けかSら開始しましょう。チューナーはPC増設の内蔵型と、USB接続の外付け型があります。また、アンテナ内蔵のチューナーも便利です。オススメなのはチューナー数や対応放送バンドの多い製品です。なお、録画や再生は付属の専用アブリを使います。

プロテクトを無視して録画できる製品も存在します

プロテクトを無視して録画できる製品も存在します

テレビ番組にはプロテクトがかけられているため録画後の自由度は付鳳アブリ次第です

テレビ番組にはプロテクトがかけられているため録画後の自由度は付鳳アブリ次第です

おどろおどろしい洋館のスクリーンセーバーやモンスターのアイコンをハロウィン当日に仕掛ければ、パソコンでトリックいたずら)ができます。イベントに参加するなら、3位のサイトの利用がオススメです。

日差しが照りつける日中は暑いものの、9月に入って朝夕が涼しくなり、秋の足音がだいぶ近づいてきた今日この頃。今月のトップは今廿の兌売から約1ヵ月後に迫った「ハロウィン」です。もともとは秋の収穫を祝う宗教的な点味介いのお祭りでしたが、近年は日本でも秋の恒例イベントとして定着しつつあります。イベント参加できない人は、今川紹介するスクリーンセーバーやアイコンでパソコンをちょっぴりホラーな雰囲気にして、ハロウィンの雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか? その他の時節モノは、芸術・読書の秋として、「アート」と「青空文庫」でランキングを紹介。アートでは1位の「マギカボクセル」がなかなかに秀逸なソフトです。3D系のエディターなのですが、ボクセルと呼ばれる体積の要素、いわゆる立方体を航み重ねて、立体的なドット絵が作成できます。内蔵のサンプルを参考に、作品を作ってみるのも面自いです。また、「青空文庫」では便利なビューアーが複数ランクイン。著作権の切れた過去の名作を読めば、秋の夜長も退屈せずに過ごせます。

青空文庫

著作権切れの名作がズラリ!青空文庫で秋の夜長をゆっくり過ごす

著作権が切れた、あるいは切れる間近の文学作品を、テキストやHTMLファイルで公開している「青空文庫」。専用のビューアーを利用すれば、まるで電子書茲のように大量の小説が楽しめます。

青空文庫

アート

アート関連の便利ソフトを利用して作品製作の手間をグツとラクに!

寞際と同様に、パソコンでもある程度のセンスが求められる芸術の分野。しかし、パソコンのフリーソフトを利用すれば、通常では作るのが難しい30ドット絵でも手軽に書けちゃいます!

アート関連の便利ソフトを利用して作品製作の手間をグツとラクに

フォルダー

フォルダー関連のソフトを導入してファイル管理の効率やスピードに差をつける!

「HDOを圧迫している大容Iファイルはどこ?」「使いたいファイルが見つからない!」といった問題はフォルダー関連のソフトを使えばK決できます。これらのソフトを利用し、ファイル管理の効率を上げましょう。

フォルダー関連のソフトを導入してファイル管理の効率やスピードに差をつける

ランチャー

スタート画面やタスクバーはもう卒業!自分になじむランチャーでソフトを一発起動!

Windows 10におけるソフトウェアの起動方法といえば、スタート画面またはタスクバーが基本。しかし、ランチャーソフトを使えば、自分の操作のしやすい方法で目的のソフトが簡単に起動できるようになります。

スタート画面やタスクバーはもう卒業!自分になじむランチャーでソフトを一発起動

PDF

ビジネスシーンでよく利用されるPDFはフリーソフトでいかようにも閲覧・mm・加工できる!

最近はPDFファイルで文書をやり取りするのが当たり前に。でも、Windows標準の機能は自由度が低すぎです。そこで利用したいのが、PDF系のフリーソフト。閲覧も編集も加工も思うがまま行えたりします。

ビジネスシーンでよく利用

写真管理

大量に増えてしまった写真は重複解消&圧縮して管理ソフトでまとめるのが。

写真を片つ端からパソコンへ保存していたら、 HDD容量を圧迫していた……なんてことは、よくあること。そんなときは雙複写真を削除してサイズを圧縮、日付表示可能なソフトで管理するのが、賢い選択です。

大量に増えてしまった写真は重複解消&圧縮して管理ソフトでまとめるのが

不必要なバックグラウンド起動アプリが重りの代表

不必要なバックグラウンド起動アプリが重りの代表

快適なハズの設定が逆効果になることがある

Windows 10にはユーザーをサポートする機能が多数備わっているが、ユーザーの利用スタイルやパソコンのスペックしだいでは、動作の快適性を損なう「重り」となってしまう。たとえば日常的に使うことのないアプリがバックグラウンドで起動している状態がそれ。オフにすれば、その分起動中のアプリにメモリーやCPUを割くことができ、結果として快適な動作につながる。

クイックアクションと通知を見直して必要な項目だけに絞り込もう

表示する情報を絞り込むことで不要な動作を減らす

「クイックアクション」は、「アクションセンター」の下部に表示される、各種設定へのショートカット。不要な項目は非表示にすることで、必要な設定により素早くアクセスできる。「通知」はデスクトップの右下に表示される、アプリからのメッセージ。こちらも使用機会の多いアプリ以外は、表示させないことが望ましい。

必要な項目だけを使いやすいように並べる

必要な項目だけを使いやすいように並べる

情報が過多にならないように対象は必要最小限に

情報が過多にならないように対象は必要最小限に

頼りになるようで意外と頼りない!?コルタナの無効化はポリシーエディターで行う

コマンドで「ローカルクループポリシーエディター|を起動

コマンドで「ローカルクループポリシーエディター|を起動

マイクがなくて使えない場合もコルタナは無効にしよう

音声入力での操作をサポートしてくれる「コルタナ」だが、現状ではまだまだ役に立つとはいい難い。利用しないなら起動させたままにせず、無効化をしておきたい。マイクなどの音声入力手段がない場合も同様だ。

プライバシーの強化にも貢献利用情報は必要最小限しか送信しない

Windows10はユーザーの使用状況を外部に送信している

Windows 10は起勤しているだけで、使用状況や入力内容などあらゆる情報を送信している。これらはあくまでシステムの改善などに利用されるだけだが、個人情報の一部がもれているのは気持ちのいいものではない。また、これらの機能が働いていることで実行中の動作に悪影響を与えることも考えられる。「プライバシー」設定を開き、操作に必要な項目以外は基本的にオフにしておこう。

情送信をする項目を減らしてプライバシ送信をする項目を減らしてプライバシーを強化

Windows10はユーザーの使用状況

スタートアップアプリを無効化&遅延するQuick Startupを使う

スタートアップの無効化と遅延の設定が行える

スタートアップの無効化と遅延の設定が行える

アプリはインストールしていると自動的に増えていってしまう

「スタートアップ」とは、OSを起動した際に同時に起動するアプリ群のこと。ここに登録されているアプリが多いほど、パソコンの起動に時間がかかることになる。多くはインストール時に自動で登録されているため、紹介アプリを使って不要なものを無効化しよう。

必要のないサービスを停止すれば動作の高速化にもつながる

標準の起動サービスは必要以上に多い

Windowsはさまざまな使い方をするユーザーに対応すべく、あらゆるサービスが標準で有効になっている。高速化には、このなかから不要なサービスを無効化することがかかせない。

標準の起動サービスは必要以上に多い
標準の起動サービスは必要以上に多い

アップデートが“重ぐなる!?P2Pは無効化が必須

P2Pは無効化が必須

ほかのパソコンと接続するのを阻止

Windows 10ではアップデートが強制になったか、その際の提供方法にも変更がある。それが、ネットワーク上のパソコンと接続して、更新プログラムを入手するというもの有効にしておくとほかのパソコンとつなか恍で常時負荷かかかってしまうため、オフにしておこう。

ほかのパソコンと接続するのを阻止

不要なアブリは関連ファイルまで完全にアンインストール

不要なアブリは関連ファイルまで完全にアンインストール

ムタなファイルはパソコンの速度低下につなかる

 使わなくなったアブリをそのまま放置するのは、ストレージのムダ遣い。このアプリを使用して、関連ファイルまで完全にアンインストールしておこう

ムタなファイルはパソコンの速度低下につなかる

使うか使わないかか悩ましい高速スタートアップのデメリット

Windows8から導入された「高速スタートアップ」は、終了時の状態を保存することで起動時間を短縮するというもの。だが、終了時になかったUSB機器を取り付けるなどすると、最悪の場合システムが壊れることも。

利用中のエラー情報の送信も停止することができる

利用中のエラー情報の送信も停止することができる

Windowsにエラーが発生しても情報は送信しない

Windowsを使用すると誤動作やシステムの停止といったエラーが発生することがある。これらの情報はシステムの改善のために送信されるようになっているが、許可なく情報を送信されるのは気持ちのいいものではない。「ローカルグループポリシーエディター」を起動して、送信を無効化してしまおう。

Windowsにエラーが発生しても情報は送信しない

有効な設定の見極めかたいせつ

有効な設定の見極めかたいせつ

パソコンの動作は有効な設定に左右される

Windows 8以前のOSがブリインストールされていたパソコンにWindows 10をインストールしたら、動作が鈍<なって仕方が・ない.これは必ずしもスペック不足が原因ではなく、設定によりムダな機能がいくつも稼働していることが原因ということもある、どのような設定があるのかを確認して、自分には不要な設定はできるだけオフにしよう、

Windows 10を高速化するには3つのステップを実行

ますは設定へのアクセスを容易にする

ますは設定へのアクセスを容易にする

設定は定期的に見直しを行おう

 Windowsを「軽く=高速化」するために、このコーナーでは3つのステップで各種設定を見直す方法を解説していく。設定は固定せず、使用状況に応じて変更していくことが望ましいので、各種設定へのアクセス方法を確立することからはじめよう、

機能が増えたことで負荷が大きくなることも 

ビスタ以前のOSがプリインストールされていたパソコンは、当時の最上位モデルであっても現在では格安モデルと同等のスペックだったりする。パーツ交換などである程度はスペックを向上できるものの、それだけでウィンドウズ10を快適に使用できるとはかぎらない。そこで次に見直しておきたいのが、各種システム設定。とくにウィンドウズ10は8以前のOSに比べて機能が増えているため、その処理がパソコンに人きな負荷を与えてしまう。なので、必要のない般定はできるだけ「オフ」にして、負荷を減らしていくことが大切になる。併せて、有効な設定は積極的にオンにし、動作をサポートしてもらおう。こうした設定の変史が、古いパソコンを快適に使川するためには必要不可欠になる。

Windows 10の窓口となるスタート画面によく使う設定メニューを追加

設定へのアクセスを一箇所に集中させる

 Windows 10では各種設定が「設定」と「コントロールパネル」に分かれているうえ、それぞれアクセス方法が異なる。このままでは設定を変更するための手間が大きくなるため、スタート画面のタイルからダイレクトに開けるように追加しよう、併せてドライブも追加すると便利だ、

設定へのアクセスを一箇所に集中させる

スタート画面を利用してよく使う設定項目へのアクセスを容易にする

スタート画面を利用してよく使う設定項目

設定ウィンドウが見にくいと感じたら「ダークモード」に切り替えよう

Windows 10では設定画面の配色が「白地に黒文字」となっている、これで見やすければ問題はないが、もし見にくいなと感じることがある場合は、「黒地に白文字」の設定も試してみてほしい.「個人用設定」の「色」メニューにある、「アプリのモードを選ぶ」で「黒」を選択すれば変更される.

 設定ウィンドウが見にくいと感

不要な“おすすめ”アプリは非表示にしてスッキリ

スタート画面のアプリー覧内にときどき表示される「おすすめ」は、ユーザーの使用状況に合ったアプリが表示されるとは感じられず、あまり意味のあるものとは思えない。誤ってクリックすればムダな時間を使ってしまうことになるため、基本的には非表示にしておこう、

不要な“おすすめ”アプリは非表示にしてスッキリ

↑このページのトップヘ