Windows 10 Pro/Home ダウンロード版購入価格はただ9,200円

Windows 10 USB版 販売开始。Windows 10 Pro ダウンロード版購入価格はただ9,200円。Windows 10 Home ダウンロード版購入方法を徹底解説!

おどろおどろしい洋館のスクリーンセーバーやモンスターのアイコンをハロウィン当日に仕掛ければ、パソコンでトリックいたずら)ができます。イベントに参加するなら、3位のサイトの利用がオススメです。

日差しが照りつける日中は暑いものの、9月に入って朝夕が涼しくなり、秋の足音がだいぶ近づいてきた今日この頃。今月のトップは今廿の兌売から約1ヵ月後に迫った「ハロウィン」です。もともとは秋の収穫を祝う宗教的な点味介いのお祭りでしたが、近年は日本でも秋の恒例イベントとして定着しつつあります。イベント参加できない人は、今川紹介するスクリーンセーバーやアイコンでパソコンをちょっぴりホラーな雰囲気にして、ハロウィンの雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか? その他の時節モノは、芸術・読書の秋として、「アート」と「青空文庫」でランキングを紹介。アートでは1位の「マギカボクセル」がなかなかに秀逸なソフトです。3D系のエディターなのですが、ボクセルと呼ばれる体積の要素、いわゆる立方体を航み重ねて、立体的なドット絵が作成できます。内蔵のサンプルを参考に、作品を作ってみるのも面自いです。また、「青空文庫」では便利なビューアーが複数ランクイン。著作権の切れた過去の名作を読めば、秋の夜長も退屈せずに過ごせます。

青空文庫

著作権切れの名作がズラリ!青空文庫で秋の夜長をゆっくり過ごす

著作権が切れた、あるいは切れる間近の文学作品を、テキストやHTMLファイルで公開している「青空文庫」。専用のビューアーを利用すれば、まるで電子書茲のように大量の小説が楽しめます。

青空文庫

アート

アート関連の便利ソフトを利用して作品製作の手間をグツとラクに!

寞際と同様に、パソコンでもある程度のセンスが求められる芸術の分野。しかし、パソコンのフリーソフトを利用すれば、通常では作るのが難しい30ドット絵でも手軽に書けちゃいます!

アート関連の便利ソフトを利用して作品製作の手間をグツとラクに

フォルダー

フォルダー関連のソフトを導入してファイル管理の効率やスピードに差をつける!

「HDOを圧迫している大容Iファイルはどこ?」「使いたいファイルが見つからない!」といった問題はフォルダー関連のソフトを使えばK決できます。これらのソフトを利用し、ファイル管理の効率を上げましょう。

フォルダー関連のソフトを導入してファイル管理の効率やスピードに差をつける

ランチャー

スタート画面やタスクバーはもう卒業!自分になじむランチャーでソフトを一発起動!

Windows 10におけるソフトウェアの起動方法といえば、スタート画面またはタスクバーが基本。しかし、ランチャーソフトを使えば、自分の操作のしやすい方法で目的のソフトが簡単に起動できるようになります。

スタート画面やタスクバーはもう卒業!自分になじむランチャーでソフトを一発起動

PDF

ビジネスシーンでよく利用されるPDFはフリーソフトでいかようにも閲覧・mm・加工できる!

最近はPDFファイルで文書をやり取りするのが当たり前に。でも、Windows標準の機能は自由度が低すぎです。そこで利用したいのが、PDF系のフリーソフト。閲覧も編集も加工も思うがまま行えたりします。

ビジネスシーンでよく利用

写真管理

大量に増えてしまった写真は重複解消&圧縮して管理ソフトでまとめるのが。

写真を片つ端からパソコンへ保存していたら、 HDD容量を圧迫していた……なんてことは、よくあること。そんなときは雙複写真を削除してサイズを圧縮、日付表示可能なソフトで管理するのが、賢い選択です。

大量に増えてしまった写真は重複解消&圧縮して管理ソフトでまとめるのが

不必要なバックグラウンド起動アプリが重りの代表

不必要なバックグラウンド起動アプリが重りの代表

快適なハズの設定が逆効果になることがある

Windows 10にはユーザーをサポートする機能が多数備わっているが、ユーザーの利用スタイルやパソコンのスペックしだいでは、動作の快適性を損なう「重り」となってしまう。たとえば日常的に使うことのないアプリがバックグラウンドで起動している状態がそれ。オフにすれば、その分起動中のアプリにメモリーやCPUを割くことができ、結果として快適な動作につながる。

クイックアクションと通知を見直して必要な項目だけに絞り込もう

表示する情報を絞り込むことで不要な動作を減らす

「クイックアクション」は、「アクションセンター」の下部に表示される、各種設定へのショートカット。不要な項目は非表示にすることで、必要な設定により素早くアクセスできる。「通知」はデスクトップの右下に表示される、アプリからのメッセージ。こちらも使用機会の多いアプリ以外は、表示させないことが望ましい。

必要な項目だけを使いやすいように並べる

必要な項目だけを使いやすいように並べる

情報が過多にならないように対象は必要最小限に

情報が過多にならないように対象は必要最小限に

頼りになるようで意外と頼りない!?コルタナの無効化はポリシーエディターで行う

コマンドで「ローカルクループポリシーエディター|を起動

コマンドで「ローカルクループポリシーエディター|を起動

マイクがなくて使えない場合もコルタナは無効にしよう

音声入力での操作をサポートしてくれる「コルタナ」だが、現状ではまだまだ役に立つとはいい難い。利用しないなら起動させたままにせず、無効化をしておきたい。マイクなどの音声入力手段がない場合も同様だ。

プライバシーの強化にも貢献利用情報は必要最小限しか送信しない

Windows10はユーザーの使用状況を外部に送信している

Windows 10は起勤しているだけで、使用状況や入力内容などあらゆる情報を送信している。これらはあくまでシステムの改善などに利用されるだけだが、個人情報の一部がもれているのは気持ちのいいものではない。また、これらの機能が働いていることで実行中の動作に悪影響を与えることも考えられる。「プライバシー」設定を開き、操作に必要な項目以外は基本的にオフにしておこう。

情送信をする項目を減らしてプライバシ送信をする項目を減らしてプライバシーを強化

Windows10はユーザーの使用状況

スタートアップアプリを無効化&遅延するQuick Startupを使う

スタートアップの無効化と遅延の設定が行える

スタートアップの無効化と遅延の設定が行える

アプリはインストールしていると自動的に増えていってしまう

「スタートアップ」とは、OSを起動した際に同時に起動するアプリ群のこと。ここに登録されているアプリが多いほど、パソコンの起動に時間がかかることになる。多くはインストール時に自動で登録されているため、紹介アプリを使って不要なものを無効化しよう。

必要のないサービスを停止すれば動作の高速化にもつながる

標準の起動サービスは必要以上に多い

Windowsはさまざまな使い方をするユーザーに対応すべく、あらゆるサービスが標準で有効になっている。高速化には、このなかから不要なサービスを無効化することがかかせない。

標準の起動サービスは必要以上に多い
標準の起動サービスは必要以上に多い

アップデートが“重ぐなる!?P2Pは無効化が必須

P2Pは無効化が必須

ほかのパソコンと接続するのを阻止

Windows 10ではアップデートが強制になったか、その際の提供方法にも変更がある。それが、ネットワーク上のパソコンと接続して、更新プログラムを入手するというもの有効にしておくとほかのパソコンとつなか恍で常時負荷かかかってしまうため、オフにしておこう。

ほかのパソコンと接続するのを阻止

不要なアブリは関連ファイルまで完全にアンインストール

不要なアブリは関連ファイルまで完全にアンインストール

ムタなファイルはパソコンの速度低下につなかる

 使わなくなったアブリをそのまま放置するのは、ストレージのムダ遣い。このアプリを使用して、関連ファイルまで完全にアンインストールしておこう

ムタなファイルはパソコンの速度低下につなかる

使うか使わないかか悩ましい高速スタートアップのデメリット

Windows8から導入された「高速スタートアップ」は、終了時の状態を保存することで起動時間を短縮するというもの。だが、終了時になかったUSB機器を取り付けるなどすると、最悪の場合システムが壊れることも。

利用中のエラー情報の送信も停止することができる

利用中のエラー情報の送信も停止することができる

Windowsにエラーが発生しても情報は送信しない

Windowsを使用すると誤動作やシステムの停止といったエラーが発生することがある。これらの情報はシステムの改善のために送信されるようになっているが、許可なく情報を送信されるのは気持ちのいいものではない。「ローカルグループポリシーエディター」を起動して、送信を無効化してしまおう。

Windowsにエラーが発生しても情報は送信しない

有効な設定の見極めかたいせつ

有効な設定の見極めかたいせつ

パソコンの動作は有効な設定に左右される

Windows 8以前のOSがブリインストールされていたパソコンにWindows 10をインストールしたら、動作が鈍<なって仕方が・ない.これは必ずしもスペック不足が原因ではなく、設定によりムダな機能がいくつも稼働していることが原因ということもある、どのような設定があるのかを確認して、自分には不要な設定はできるだけオフにしよう、

Windows 10を高速化するには3つのステップを実行

ますは設定へのアクセスを容易にする

ますは設定へのアクセスを容易にする

設定は定期的に見直しを行おう

 Windowsを「軽く=高速化」するために、このコーナーでは3つのステップで各種設定を見直す方法を解説していく。設定は固定せず、使用状況に応じて変更していくことが望ましいので、各種設定へのアクセス方法を確立することからはじめよう、

機能が増えたことで負荷が大きくなることも 

ビスタ以前のOSがプリインストールされていたパソコンは、当時の最上位モデルであっても現在では格安モデルと同等のスペックだったりする。パーツ交換などである程度はスペックを向上できるものの、それだけでウィンドウズ10を快適に使用できるとはかぎらない。そこで次に見直しておきたいのが、各種システム設定。とくにウィンドウズ10は8以前のOSに比べて機能が増えているため、その処理がパソコンに人きな負荷を与えてしまう。なので、必要のない般定はできるだけ「オフ」にして、負荷を減らしていくことが大切になる。併せて、有効な設定は積極的にオンにし、動作をサポートしてもらおう。こうした設定の変史が、古いパソコンを快適に使川するためには必要不可欠になる。

Windows 10の窓口となるスタート画面によく使う設定メニューを追加

設定へのアクセスを一箇所に集中させる

 Windows 10では各種設定が「設定」と「コントロールパネル」に分かれているうえ、それぞれアクセス方法が異なる。このままでは設定を変更するための手間が大きくなるため、スタート画面のタイルからダイレクトに開けるように追加しよう、併せてドライブも追加すると便利だ、

設定へのアクセスを一箇所に集中させる

スタート画面を利用してよく使う設定項目へのアクセスを容易にする

スタート画面を利用してよく使う設定項目

設定ウィンドウが見にくいと感じたら「ダークモード」に切り替えよう

Windows 10では設定画面の配色が「白地に黒文字」となっている、これで見やすければ問題はないが、もし見にくいなと感じることがある場合は、「黒地に白文字」の設定も試してみてほしい.「個人用設定」の「色」メニューにある、「アプリのモードを選ぶ」で「黒」を選択すれば変更される.

 設定ウィンドウが見にくいと感

不要な“おすすめ”アプリは非表示にしてスッキリ

スタート画面のアプリー覧内にときどき表示される「おすすめ」は、ユーザーの使用状況に合ったアプリが表示されるとは感じられず、あまり意味のあるものとは思えない。誤ってクリックすればムダな時間を使ってしまうことになるため、基本的には非表示にしておこう、

不要な“おすすめ”アプリは非表示にしてスッキリ

↑このページのトップヘ