Windows 10 Pro/Home ダウンロード版購入価格はただ9,200円

Windows 10 USB版 販売开始。Windows 10 Pro ダウンロード版購入価格はただ9,200円。Windows 10 Home ダウンロード版購入方法を徹底解説!

新しいエクスプローラー
 新しいエクスプローラー
ファイルの拡張子を表示する
ファイルの拡張子を表示する

クイックアクセスへの登録方法
クイックアクセスへの登録方法

クイックアクセスから削除する
クイックアクセスから削除する
コピーや削除、移動など基本的な操作が可能
 Windows IOエクスプローラーは、Windows 8.1からアイコンなどの見た目は多少変更されていますが、Windows 8.1で採用されたリボンを継承するなど、基本的な操作性や機能はほとんど変わっていません。 操作の基本はドラッグ&ドロップです。2つのウィンドウを並べて操作すると便利ですが、タスクバーにあるエクスプローラーのボタンからは、ウィンドウを1つしか開けません。複数開くには、[ファイル]メニューから[新しいウィンドウを開く]を選びます。ファイルの拡張子は標準で隠す設定になっていますが、リボンの[表示]で[ファイル名拡張子]にチェックを入れることで表示されます。
よく使うフォルダーは「クイックアクセス」から
Windows lO版エクスプローラー の最大の特徴は、エクスプローラーの画面左側にある「お気に入り」が「ク
イックアクセス」に変わったことです。ひんぱんにアクセスするフオルダーを登録できるという点は同じですが、より簡単に登録できるようになりました。登録方法は、登録したいフオルダーを右クリックし、メニューから[クイックアクセスにピン留め]を選ぶだけです。また、よく使うフオルダーは自動的に「クイックアクセス」へ登録されるので、使えば使うほど便利になります。
 

ディスプレイのカスタマイズ
ディスプレイのカスタマイズ
アブリやウィンドウを並べて作業効率をアップ
 複数のディスプレイを1台のPCで使い、デスクトップを物理的に拡張できるのが「マルチディスプレイ」です。複数のアプリやウィンドウを切り替えることなく並べて表示できるため、資料を見ながらの書類作りや調べものが効率よく行えます。 2台目以降のディスプレイを接続すれば自勁的に認識されますが、自分で個別に設定したい場合は、[設定]([システム]にある[ディスプレイ]から行います。基本となるのが、ディスプレイのレイアウト変更です。設定画面に表示された、数字の描かれたディスプレイをドラッグすることで、好きな位置へと動かせます。左右の入れ替えはもちろんですが、上下にも並べ替えが可能です。
 なお、どのディスプレイが何番なのかわからないときは[識別する]をクリックすると、画面上に数字が表示されます。
複数のディスプレイに同じ画面を表示する
 同じ画面を他のディスプレイにも表示するのが「複製」です。プロジェクターなどを接続し、他の人に同じ画面を見せながら自分も操作する場合などに便利です。
 設定方法は[複数のディスプレイ]で[表示画面を複製する]を選びます。レイアウトが[1|2]のように1つにまとめて表示されていれば、2つのディスプレイで同じ画面表示になります。
 
 


 

仮想デスクトップの設定画面
すべてのアプリをタスクバーにボタン表示
[Alt]十[Tab]キーですべてのアプリを表示
 仮想デスクトップの設定画面
別の仮想デスクトップのアプリをタスクバーのボタンで表示
 仮想デスクトップは便利な機能ですが、別の仮想デスクトップで起動中のアプリを確認するには「タスクビュー」を開くか、仮想デスクトップを切り杵えなければなりません。仮想デスクトップの数が多くなると、アプリを探すために仮想デスクトップを切り替え続けるという、本末転倒なことになります。
 これを解決するために、どの仮想デスクトップからでも、起勁中のすべてのアプリを確認できるようにしましょう。[設定]の[システム]り[マルチタスク]にある[仮想デスクトップ]の[タスクバーに次の場所で開いているウィンドウを表示する]を、[使用中のデスクトップのみ]から[すべてのデスクトップ]に変えることで、すべてのアプリがタスクバーにボタンとして表示されるようになります。
実行中のすべてのアプリを[Alt十Tab]キーで表示する
 仮想デスクトップの実行中に[Alt]十[Tab]キーを押すと実行中のアプリがー覧表示されますが、表示巾の仮想デスクトップで実行しているアプリしか表示されません。
 これを先ほどのタスクバーのボタンと同じように、すべてのアプリを表示するよう変更できます。タスクバーにすべてのアプリのアイコンを表示するのと同様に、|設定|の[システム]⇒[マルチタスク]にある[仮想デスクトップ|の【Alt+Tabキーを押したときに次の場所で開いているウィンドウを表示する】を|使用中のデスクトップのみ]から[すべてのデスクトップ]へ変更しましょう。
 
 

仮想デスクトップの作成と削除
 仮想デスクトップの作成と削除

作業内容に応じて複数のデスクトップを使い分ける
 ウィンドウを並べ、複数のアプリを同時に使えると、作業効率が非常によくなります。
 「仮想デスクトップ」は、こういった手狭になりがちなデスクトップの問題を解消してくれる機能ですっ文
字通り、仮想的なデスクトップ画而を複数作成する機能で、各画面ごとにアプリを配置できます、たとえば、
「デスクトップ1」ではWebブラウザーやメールアプリを起動してメインとして使い、「デスクトップ2」ではオフィズソフトを立ち上げ仕事に、「デスクトップ3」では音楽再生ソフトやゲームといった趣味に使う、というように用途や目的に応じて使い分けられるのです。仮想デスクトップを切り替えるだけで、まるで別のディスプレイにスイッチするかのように、複数のデスクトップ画面をサッと切り替えて使えるようになります。
仮想デスクトップの新規作成と削除
 仮想デスクトップを追加したいときはタスクバーの「タスクビュー」をクリックし、両面の右下にある[新
しいデスクトップ]をクリックします。 1回クリックするごとに仮想デスクトップが1つ増えていきます。作り過ぎた場合や不要になった仮想デスクトップを削除するには、仮想デスクトップのサムネール表示の右上にある[×]をクリックします。 仮想デスクトップを削除する時に残っていたアプリは、ひとつ前の仮想デスクトップに自動的に移動されるので、作業途中のデータがなくなる心配はありません。
仮想デスクトップはタスクビューで切り替える
 仮想デスクトップの切り替えも、新規作成と削除と同じく、タスクバーにある|タスクビュー|をクリックすると、画而中央にアクティブになっているデスクトップで実行中のアブリの一覧、画面下部には仮想デスクトップの・覧が表示されます。
 仮想デスクトップを切り替えるには、仮想デスクトップ-覧から目的のデスクトップのプレビューをクリックするだけです。同様に、アプリのプレビューをクリックすると、そのアブリにり切り替わります。
 仮想デスクトップの切り替え
 仮想デスクトップの切り替え
別の仮想デスクトップヘアブリを移動する
 仮想デスクトップを利川していると、仮想デスクトップごとに開いているアプリを別の仮想デスクトップへと移動したくなることがあります。このような時は[タスクビュー]をクリックして表示される移動したいアブリのプレビューを右クリックします。メニューから[移動]を選び、移動先のデスクトップを指定します。
 また、移勁したいアプリのプレビューを他の仮想デスクトップのプレビューにドラッグ&ドロヽソプすることでも、
アプリの移動はできますっ
アプリを他の仮想デスクトップに移動 
アプリを他の仮想デスクトップに移動
複数の仮想デスクトップにまたかって起動できないアプリに注意
 仮想デスクトップでアプリを実行しようとしたら、すでにそのアプリを起動していた別の仮想デスクトップに
強制的に移動されてしまうことがあります。これは、そのアプリが複数の仮想デスクトップにまたがって起動で
きないためです。
 このようなアプリは意外と多く、「Windows MediaPlayer」や「メール」、「電卓」などが代表的なものです。こういったアプリを使う場合は、1つの仮想デスクトップ上で使うしかありません。
 なお、Webブラウザーの「Microsoft Edge」の場合、複数の仮想デスクトップにまたかって起動できます。ただし、最初に起動した仮想デスクトップ上で「新しいウィンドウ」を作成し、そのウィンドウを他の仮想デスクトップに移動するという手順を踏まなければなりません。

 

 
 

わからないことはWeb検索機能で解決する
 タスクバー検索では、ファイルだけでなくWedも検索対象になります。
 検索ワードを人力するのは通常のファイル検索と同じですが、ファイルに候補がない場合、Webを検索」とい
う項目が筆頭候補として表示されます。この部分をクリックするか「Enter」キーを押すと、Webブラウザーが起
動し、サーチエンジンBINGによる検索結果を表示してくれます、
 入力補完機能でWebサイトへ即アクセス
 通常、Webブラウザーを開くまで検索結果はわかりませんがヽ「impress」のようにドメイン名の・部を人力し
た場合、「watch.impross.co.jp」と補完された結果が表示されたり、また「窓の杜」のようにサイト名を人力すると、サイトのアドレスが表示されることもあります。こういった場合は、検索サイトを経由せず、すばやく目的のWebサイトヘアクセスできます。
調べたいことをWebで検索
 調べたいことをWebで検索
検索したWebサイトを直接開く 
 検索したWebサイトを直接開く
「タスクバー検索」をアイコン表示にする 
いつでも検索できる「タスクバー検索」は便利な機能ですが、画面の小さなノートPCでは、ただでさえ狭いタスクバーが圧迫されてしまうのが欠点。そのようなときは、タスクバーを右クリックして、メニューから[検索]を選び、[検索アイコンを表示]を選びましょう。タスクバー検索が、ピン留めされたボタンになります。検索したいときは、アイコンをクリックすれば、検索ボックスが表示されます。
タスクバー検索の表示を変更
タスクバー検索の表示を変更


通知や機能をオン/オフできる新しいアクションセンター
 Windows 10のデスクトップで最も変化したのが「アクションセンター」です。各アプリからの通知の表示と、新たに追加された「クイックアクション」という機能で構成されています。これは、ワンクリックで機能の切り替えや設定の呼び出しなどができるもので、Windows 8の|チャーム|の[設定]で表示されるアイコンに相当する機能です。
通知機能とクイックアクション
 通知機能とクイックアクション
クイックアクションを折りたたむ
 クイックアクションを折りたたむ
クイックアクションは、必要最低限のアイコンだけを表示できる。クイックアクションの右上にある[折りたたむ]を
クリックすると。アイコンが4つだけ表示される仕組みだ。元の状態に戻すには[展開]をクリックする、
アイコンの内容は機種によって異なる
 アイコンの内容は機種によって異なる
クイックアクションは、便用中のPCに非搭載の機能は表示されないため、デスクトップPCでは項目数が少ない ノートPCでは輝度設定、Bluetooth, Wi-Fiなどが追加で表示される、 
クイックアクションで
優先的に表示する項目を変更
 クイックアクションは、折りたたんだ状態で4つのアイコンが並ぶだけのシンプルな表示にできます(前ページの手順を参照)。
 また、この4つのアイコンを何にするかも[通知と操作]で指定できます。右の手順でまず[設定]の[システム]
を開き、[通知と操作]を選択します。続いて[クイックアクションを選んでください]という項目があるので、4つのうちの変更したいアイコンをクリックすれば設定は完了です。
アクションセンターの通知はアプリごとに設定可能
 [通知と操作]の設定画面からは、通知機能に関する設定も変更できます。設定といっても、通知そのものをオン/オフするか、通知機能に対応したアプリを個別にオン/オフするかといった簡単なものです。
 なお、アクションセンターではなく、アプリ側の設定両面で通知機能をオン/オフにする場合もあるので要注
意です。
 優先的に表示するアイコンをカスタマイズ 
 優先的に表示するアイコンをカスタマイズ
通知機能を切り替える
 通知機能を切り替える
通知機能そのものをオン オフできる。
アフリことに通知のオン オフを細かく設定することも可能だ,

↑このページのトップヘ