Windows 10 Pro/Home ダウンロード版購入価格はただ9,200円

Windows 10 USB版 販売开始。Windows 10 Pro ダウンロード版購入価格はただ9,200円。Windows 10 Home ダウンロード版購入方法を徹底解説!

前回のAnniversary Upadateでは不具合が発生

エクスプローラーやパソコンがフリースする

一部のハーティションか表示されなくなる

テュアルブート環境てハーティションか消える

画面か真っ黒になってパソコンか起種しない

スリープからの復帰に失敗する

パソコンか再起動を繰り返してしまう

システムの復元か正しく完了てきない

すてに適用済の人も今後に役立つのてきちんと整理を

パソコンの環境によつてエラーの発生や症状はまちまちすべてを予測して対応しておくことは、リリース側にも不可能といえる。不測の事態が発生してパソコンか使えなくなった……なんてことにならないための事前準備をしっかり覚えておこう

すてに適用済の人も今後に役立つのてきちんと整理を

メジャーアップデートをすぐに適用させたくないなら

更新プログラムの詳細オプションで更新を延期する

Windows 10の大型アッ・ブテートは「Windows Upadate」で自動的に適用され、この更新は停止できない。とはいえ、アップデートを延期させることは可能だ。大型アップデートか間近に迫っているが、 まだ準備ができていない場合は、機能の更新を延期する設定にレておこう.

大型アップデートの際には不測の事態か起こりやすい

本誌の発売時点てほ、てにもうほとんどの人がクリエイターズアッブデート済のウインドウズ10を使っていると思われるが、大型アップデートの際には不測の事態が起こりやすい過去にはアップデート途中でエラーが発生し、パソコンが起動しなくなるトラブルも発生しているこうした不測の事態を避けるためには、事前にしっかりと準備を行っておき、トラブルが発生し得る原因を極力減らしておくのがベスト。とはいえ、パソコンの環境はメーカーやモデル、使い方によってバラバラなので、絶対にエラーが発生しない環境をつくるのは難しいこれはマイクロソフトにつても同じで、絶対にエラーが発生しない保証はできないすでにアでフデート済みの人も、今後のために準備方法を覚えておこう

個人データをCドライブ以外の別ドライブに待避させておこう

ユーザーフォルダーが

消えてしまっている場合は左下のWindowsマークを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選び、「regsvr32/i:U Shell32.dll」と入力して実行すればまとめて作り直せる.

一番問題となるのは各種ユーザーフォルダーの中身

Windowsに、各ファイルを保存するための「ユーザーフォルダー」が用意されており、アブリなどで優先的にこのフォルダーが使用される、しかし、Cドライブのままでは、初期化が必要な際に一緒に消えてしまうぞ。

各ユーザ=フォルダーをDドライブに移動する

ユーザーフォルダーをCドライブ以外に移しておけば、Cドライブの初期化が必要になっても、個人データを消すことなくWindowsの再インストールを行うことができる。ただし、ユーザーフォルダーは特殊なフォルダーなので、ただ移動しただけではその役割を果たせない.安全に移勣するため、一度クイックアクセスのビン留めを外して「プロパティ」から移勣し、クイックアクセスにビン留めし直そう.

各ユーザ=フォルダーをDドライブに移動する

ドライブがひとつの場合にはパーティション分けが必要

ユーザーフォルダーをCドライブ以外に移動するには、当然だがC以外のドライブが必要となる。しかし、ストレージ容量が少ないノートパソコンなどでは、ドライブが分割されていないこともある。そんなときには、管理画面を開いてCドライブを圧縮し、空いた鳩所に新たに別ドライブをつくる「パーティション分け」の作業が必要となる。ドライブの中身を消さないよう、注意して作業しよう。

ドライブがひとつの場合にはパーティション分けが必要

システムや重要なファイルを外付けHDDにバックアップじTおく

Windows 10の標準機能で

完全なバックアップができる大型アップデートの前にはシステムや個人データをバックアップしておきたい、すべてWindows 10の標、 

8GB以上のUSBメモリーなで回復ドライブを作成

外付けHDDへのデータのバックアップとともに、行っておきたいのが回復ドライブの作成。USBメモリーなどで回復ドライブを作っておけば、パソコン内のシステムが壊れて起動しなくなっても、回復ドライブ内のシステムを使ってパソコンを起勣することができる。回復ドライブでパソコンを起種して、外付けHDDに保存したバックアップデータでパソコンを復元するという方法で復旧が可能だ。

外付けHDDに保存

システムイメージを外付けHDDにバックアップする

システム全体や個人ファイルのバックアップには、使用している/載しており、分な容量があるならシステムとは別の内蔵HDDでも容量以上のストレージスペースが必要.このため、バックアッブには、構わないj乍業完了後に表示される「システム修復ディスク」とは、USB接続の外付けHDDが最適だ、なお、パソコン内にHDDを2基搭、STEP 01で作った回復ドライブのことなので、スキップしてOKだ、

不測のトラブルが発生しにくいアッフデート環境を整えておこう|

各ユーザー・フォルターを別ドライブに移動する

22ページで解説した更新の延期設定を外してしまうと、大型アッフテートが通用されてしまう。更新の確認は必ず延期設定したまま行おう不測の事態を引き起こす可能性はてきるたけ排除

 各ユーザー・フォルターを別ドライブに移動する

周辺機器やセキュリティアブuを外ず

ユーサーフルターの移動とデータのパックアンプか終われは、アヅフテートの準備ははは完了。しかし、な;こかトラブルの原因となるかわからないので、念には念を入れておきたい。ますは、重要なセキュリテーイ更新かないかを確認し、さらにテフラ

ヂフラグでストレージを整理じでおぐ

クリエイターズアップデートはWindows Updateで入手

すべての準備が整ったら、いよいよクリエイターズアップデートを適用しよう。設定の「更新とセキュリティ」から「Windows update」を開き、更新延期の設定を外す。これで更新プログラムの確認をすれば、クリエイターズアップデートが現れるぞ。

クリエイターズアップデートはWindows Updateで入手

使つていないパソコンを倉庫代わりにしよう

 「EaseUS Todo PCTrans Free」は、パソコンの完全なバックアップを作成できるアブリ。ネットワーク経由でリアルタイムに送信する方法と、イメージファイルを作成してから転送する方法を選べる。

EaseUS Todo PCTrans Freeで他端末へ丸ごと復元する

EaseUS Todo PCTrans Free

無料版では2つのアブリしかバックアップできない

 無料版では転送できるアプリの数がふたつまでに制限されている。ふたつ以上のアブリを選択して転送しようとするとPro版の購入画面が表示される。まずは正常に動作するか確認してから、あらためて購入を検討してみよう。

突然HDDが壊れても大丈夫!オンラインで復元しよう!

 OSがインストールされているCドライブのHDDやSSDが壊れた場合、Microsoftアカウントが認証されれば同じ状態に復元できる。 Microsoftでは、ユーザーが使用しているMicrosoftアカウントとパソコンをセットで記録&管理している。これによりオンライン環境なら復元のサポートを受けられるのだ。 Windows 7や8からアップグレードした場合もOK。事前にMicrosoftアカウントとプロダクトキーを用意しておこう。

重要なデータと一緒にメールデータもバックアップじておこう!

仕事はもちろんプライベートのメールも大事!

 「MailStore HOME」は、パソコンで使用しているメールアブリと同期し、送受信したメールをバックアップできるアブリ。 OUTlookやOutlook Live、標準の「メール」などにも対応している。

MailStore HOMEでメールデータをバックアップする

MailStore HOME

 バックアップしたメールデータを利用

 バックアップしたメールデータは「ドキュメント」→「MaiIStore Home 」フォルダーに保存される。同アプリをインストールしているパソコンなら流用可能。

標準の連絡先(people)のパックアップ方法

 送受信メールをバックアップしたら、宛先となる連絡先もバックアップしておきたい。Windows 10の「メール」で使用した相手のメールアドレスは、「people」というアドレス帳アプリに保存される。メールから連動して開くことができるのでバックアップ手順もス

ムーズ。さらに書き出すファイル形式は汎用性の高い「VCF」なので、WindowsだけでなくMac OSやスマートフォンにも読み込ませることが可能だ。

複合機と専用機では大きな違いがある

複合機と専用機では大きな違いがある

取り込み面を見れば違いは明らか

 同じフラットベッドでも、一般的な複合機と専用機では違いがある。もっとも大きな特徴は、読み取り面の構造だ。専用機の読み取り面は手前側ギリギリまであるため、歪みを抑えてスキャンできるようになっている。特に書籍の読み取りには大きな効果を

発揮する。

特化型スキャナーなら歪みなく取り込めるうえ画像回転も簡単

雑誌や書籍を断裁せずに読み込めるスキャナー

雑誌や書籍を断裁せずに読み込めるスキャナー

 見た目はフラットベッドスキャナーと同じだが、大きく確保された取り込み面や、連続スキャンがしやすい大きめのボタンなど、自炊に特化している。また、専用アプリを使うことでトリミング範囲を設定して自動で切り抜いてくれる。

品質を追求するなら専門業者への依頼を考えよう

 電子化したい本が多い場合や時間がない場合は、専門業者に依頼する方法もある。こうしたサービスの中には、原稿を断裁せずに電子化してくれるところも多いのでチェックしてみよう。

 ページ数が多い書籍はドキュメントスキャナーが便利

断裁した雑誌をまとめて読み込む

 フラットベッドスキャナーで上手くいかない場合やページ数が多い場合はドキュメントスキャナーが便利。ただし裁断する必要があるため、本当に断裁していいかをよく考えよう。

スペースを取らずに取り込むなら  スタンドスキャナーがオススメI

デスクの上で素早く取り込むならこれがオススメ

 特定の見開きや、ページの一部だけを取り込む場合にはスタンドスキャナーが便利。

雑誌以外も取り込むことができる

 スタンドスキャナーなら、チケットやポストカードなど、不定形の紙類も手軽に取り込むことができる。写真の取り込みにも対応しているので、思い出の品を劣化しないデジタルデータにして保存しよう。

↑このページのトップヘ