Windows 10 Pro/Home ダウンロード版購入価格はただ9,200円

Windows 10 USB版 販売开始。Windows 10 Pro ダウンロード版購入価格はただ9,200円。Windows 10 Home ダウンロード版購入方法を徹底解説!

新しいエクスプローラー
 新しいエクスプローラー
ファイルの拡張子を表示する
ファイルの拡張子を表示する

クイックアクセスへの登録方法
クイックアクセスへの登録方法

クイックアクセスから削除する
クイックアクセスから削除する
コピーや削除、移動など基本的な操作が可能
 Windows IOエクスプローラーは、Windows 8.1からアイコンなどの見た目は多少変更されていますが、Windows 8.1で採用されたリボンを継承するなど、基本的な操作性や機能はほとんど変わっていません。 操作の基本はドラッグ&ドロップです。2つのウィンドウを並べて操作すると便利ですが、タスクバーにあるエクスプローラーのボタンからは、ウィンドウを1つしか開けません。複数開くには、[ファイル]メニューから[新しいウィンドウを開く]を選びます。ファイルの拡張子は標準で隠す設定になっていますが、リボンの[表示]で[ファイル名拡張子]にチェックを入れることで表示されます。
よく使うフォルダーは「クイックアクセス」から
Windows lO版エクスプローラー の最大の特徴は、エクスプローラーの画面左側にある「お気に入り」が「ク
イックアクセス」に変わったことです。ひんぱんにアクセスするフオルダーを登録できるという点は同じですが、より簡単に登録できるようになりました。登録方法は、登録したいフオルダーを右クリックし、メニューから[クイックアクセスにピン留め]を選ぶだけです。また、よく使うフオルダーは自動的に「クイックアクセス」へ登録されるので、使えば使うほど便利になります。
 

ディスプレイのカスタマイズ
ディスプレイのカスタマイズ
アブリやウィンドウを並べて作業効率をアップ
 複数のディスプレイを1台のPCで使い、デスクトップを物理的に拡張できるのが「マルチディスプレイ」です。複数のアプリやウィンドウを切り替えることなく並べて表示できるため、資料を見ながらの書類作りや調べものが効率よく行えます。 2台目以降のディスプレイを接続すれば自勁的に認識されますが、自分で個別に設定したい場合は、[設定]([システム]にある[ディスプレイ]から行います。基本となるのが、ディスプレイのレイアウト変更です。設定画面に表示された、数字の描かれたディスプレイをドラッグすることで、好きな位置へと動かせます。左右の入れ替えはもちろんですが、上下にも並べ替えが可能です。
 なお、どのディスプレイが何番なのかわからないときは[識別する]をクリックすると、画面上に数字が表示されます。
複数のディスプレイに同じ画面を表示する
 同じ画面を他のディスプレイにも表示するのが「複製」です。プロジェクターなどを接続し、他の人に同じ画面を見せながら自分も操作する場合などに便利です。
 設定方法は[複数のディスプレイ]で[表示画面を複製する]を選びます。レイアウトが[1|2]のように1つにまとめて表示されていれば、2つのディスプレイで同じ画面表示になります。
 
 


 

仮想デスクトップの設定画面
すべてのアプリをタスクバーにボタン表示
[Alt]十[Tab]キーですべてのアプリを表示
 仮想デスクトップの設定画面
別の仮想デスクトップのアプリをタスクバーのボタンで表示
 仮想デスクトップは便利な機能ですが、別の仮想デスクトップで起動中のアプリを確認するには「タスクビュー」を開くか、仮想デスクトップを切り杵えなければなりません。仮想デスクトップの数が多くなると、アプリを探すために仮想デスクトップを切り替え続けるという、本末転倒なことになります。
 これを解決するために、どの仮想デスクトップからでも、起勁中のすべてのアプリを確認できるようにしましょう。[設定]の[システム]り[マルチタスク]にある[仮想デスクトップ]の[タスクバーに次の場所で開いているウィンドウを表示する]を、[使用中のデスクトップのみ]から[すべてのデスクトップ]に変えることで、すべてのアプリがタスクバーにボタンとして表示されるようになります。
実行中のすべてのアプリを[Alt十Tab]キーで表示する
 仮想デスクトップの実行中に[Alt]十[Tab]キーを押すと実行中のアプリがー覧表示されますが、表示巾の仮想デスクトップで実行しているアプリしか表示されません。
 これを先ほどのタスクバーのボタンと同じように、すべてのアプリを表示するよう変更できます。タスクバーにすべてのアプリのアイコンを表示するのと同様に、|設定|の[システム]⇒[マルチタスク]にある[仮想デスクトップ|の【Alt+Tabキーを押したときに次の場所で開いているウィンドウを表示する】を|使用中のデスクトップのみ]から[すべてのデスクトップ]へ変更しましょう。
 
 

↑このページのトップヘ