アプリ起動や設定変更など操作の基本となるメニュー
タッチ操作でもアプリを起動しやすいタイル表示
 タスクバーのWindowsアイコンをクリック、もしくはWindowsキーを押すと表示されるのが「スタートメニュー」です。 Windows 8.1のタイル表示が引き継がれ、タイルをクリックするだけでアプリを起動できます。タイルは、アプリ名やアイコンが小さく並ぶだけの一覧表示と違い、縦も横も大きく表示されるため、タッチ操作がメインとなるタブレットでも快適に操作できるのが利点です。
 スタートメニューの左側には[よく使うアプリ]が並び、ふだんから活用するアプリがすばやく起動できます。また、その下には設定や電源メニューが用意されており、OSのカスタマイズ、スリープ/シャットダウン/再起動といった操作が可能です。Windows 8.1のように、画面右のチャームから[設定]を開く必要がないので、操作が簡単になりました。
 新しいスタートメニュー
アフリ起動のタイルが並んだ新しいデザイン。左側には「よく使うアフリ」か表示されるほか、その下には「設定」などの項目か並ぶ、
新しいスタートメニュー新しいスタートメニュー
インストール済みのアプリは「すべてのアプリ」から起動 
タイルや[よく使うアプリ]に表示されていないアプリを起動するには、「すべてのアプリ」をクリックします。すると「よく使うアプリ」が表示されていた部分に、数字、アルファベット、五十音の順にインストール済みのアプリが一覧表示されます。ここから目的のアプリを探し、クリックして起動しましょう。 なお、インストール直後のアプリは[最近追加されたもの]として、[よく使うアプリ]の下に表示されます。
[すべてのアプリ]から起動する
 [すべてのアプリ]から起動する
インストール直後は[最近追加されたもの]に
 インストール直後は[最近追加されたもの]に
スタート画面が廃止されスタートメニューが復活
 Windows 8では起動すると「スタート画面」が表示され、必要に応じてデスクトップ画面へと切り替えるといった使い方でした。特にわかりづらかったのが、インストール済みのアプリを表示する「アプリビュー」。当初これがスタート画面からしか表示できなかったため、デスクトップ画面から使いたいアプリを起動するまで、2回も画面を切り替える必要がありました。
 Windows 8.1では、直接アプリビューを表示できるオプションが追加され、多少は使いやすくなりましたが、それでも画面の切り替えが必要な点は同じでした。
 これに対し、Windows 10では起動直後に最初からデスクトップが表示されるようになり、Windows 7以
前と同様、必要に応じて「スタートメニュー」を呼び出すようになっています。つまり、Windows 8や8.1の
ようにスタート画面とデスクトップ画面を行き来する必要がなく、デスクトップ画面だけで完結するため、より使いやすくなっています。
 また「スタートメニュー」は[よく使うアプリ][設定]といったひんぱんに使う項目ヘアクセスしやすくなり、Windows 8のスタート画面を彷彿させるタイルまで表示され、使い勝于が向1こしています。
Windows 10のスタートメニュー
 Windows 10のスタートメニュー
Windows 8.1のスタート画面
 
 Windows 8.1のスタート画面
Windows lOの「すべてのアプリ」
 Windows lOの「すべてのアプリ」
Windows 8.1の「アプリビュー」
 
Windows 8.1の「アプリビュー」
インストールされているアプリの一覧は、Windows 10は「スタートメニュー」で確認できるのに対し、Windows8.1では「アブリビュー」に切り替えるひと手間が必要になる。