ファイルの内容まで探せる強力な検索機能
   ファイルの竹理方法としては、日頃から「ドキュメント」や「ピクチヤ」などのフオルダーヘ整理して保存しておくのが理想です。とはいえ、現実にはファイルをどこに保存したか
忘れてしまうものです。
 
 そのようなときに便利なのが、デスクトップから簡単に検索できる[タスクバー検索]です。検索ボックスに文字列を人力するたびに候補が絞られていくので、ファイル名がうろ覚えでも、目的のファイルを見つけやすくなっています。
 また、検索ボックスに人力してから【自分のコンテンツ’】をクリックすることで、ファイルの内容まで検索できます。テキストファイルはもちろんですが、オフィス文书まで検索してくれるのが便利です。
 なお、「Windows」キーを押すとスタートメニューが開くと同時に、「タスクバー検索」が入力可能になります。
アプリの検索結果からの直接起動やピン留めが可能
 ファイル検索以上に便利なのが、アプリやコントロールパネル内の各種設定も検索できることです。たとえば「メモ帳」と入力すると、デスクトップアプリの[メモ帳]が見つかります。もちろん、この検索結果をマウスで左クリックすれば、すぐに[メモ帳]を起動できます。また、検索結果を右クリックするとメニューが表示され、スタートメニューやタスクバーヘとピン留めできます。
ファイル名で検索する
 ファイル名で検索する
ファイルの中まで検索する
ファイルの中まで検索する

検索したアブリをピン留め
 検索したアブリをピン留め