Windows 10-Web、ファイル、手書きのアイデア・資料をデジタル化
OCRやファイル添付も可能な多機能デジタルノート
 Webやファイルなどから情報を集め、編集できるデジタルノートが「OneNote」です。テキストの入力や画像の貼り付けだけでなく、手書き線の入力、箇条書き、表作成、チェックボックスなど、アイデアや資料をまとめるのに便利な機能を備えています。テキスト中にはWebページへのリンクが挿入できるので、情報元を明確にしたい場合に入れておくといいでしょう。
 なお、画像から文字を認識するOCR機能を装備しているので、紙の資料の内容をキーワードにしての検
索も可能になります。それ以外に、音声ファイルやドキュメントの添付もできるので、議事録の録音ファイルや会議で配布した資料を添付したりといった使い方が可能です。
OneNoteの画面構成 
 OneNoteの画面構成
デバイスに縛られない共有や連携機能

 ファイルはグラウトストレージのOneDriveに保存されるため、OneNoteからだけでなく、ブラウザーからの閲nや編集にも対応しています。この機能を使えば古いバージョンのWindowsや、Macなどからでも閲覧や編集が可能です。さらにWeb経由で共同編集者を招待可能。友人と旅行計画をたてたり、イベントのタイムテーブルを主催グループで編集したりと、共同作業が楽になります。
 また、iOS用やAndroid用のアプリも提供されているので、多くのデバイスから閲覧、編集できます。
図やリンクの挿入も可
 
図やリンクの挿入も可
[挿入]メニューの[リンク]で任意の文字列にリンクを埋め込める。写真や表組み、さらにはファイルも挿入可能だ。
AndroidやiPhoneでも使える
 AndroidやiPhoneでも使える

Windows Mobile版はもちろん, Android版およびiOS版のOneNoteも存在する。あらゆるデバイスでノートを共有できる。