Windows 10のサインインに使うアカウントは、利用するパソコンごとに作成する「ローカルアカウ
ント」と、どのパソコンからも共通して使える「Microsoftアカウント」の2種類があります。どちらでもパソコンは使えますが、機能や権限の面で大きな違いがあります。
 Microsoftアカウントでサインインしないと、Outlook.coinと連携した「メール」や「カレンダー」などのアプリを手軽に導入できる「ストア」が利用できません。また、複数のパソコン問での設定の同期や、rOncDrive』とのファイル同期にもMicrosoftアカウントは必須です。 windows 10をフル活用するなら、いずれにせよMicrosoftアカウントが必要になるので、最初からMicrosoftアカウントを使うほうが手間が省けて便利です。
 Microsoftアカウントが必要な主な機能
Microsoftアカウントが必要な主な機能
パソコンを共有するならローカルアカウントで
 では、Microsoftアカウントだけでいいかといえば、そうでもありませんMicrosoftアカウントはユーザー作成時にインターネットへの接続が必須ですし、パスワードの設定も必要ですしかし、ローカルアカウントであれば、どちらも必要ありません インターネットに接続しないで使う司介や、多人数でアカウントを共有する、もしくは、ユーザー切り替えのいらないが川端末として使いたい、という川途であれば、ローカルアカウントのほうが便利です
ローカルアカウントのメリット
ローカルアカウントのメリット
Microsoftアカウントの登録は
メールアドレスが必要
 すでにローカルアカウントを使用しているユーザーでも、Microsoftアカウントヘ切り替えられます。
 ここで必要となるのが、Microsoftアカウントの作成に使うメールアドレスです。すでに利用しているメールアドレスでもいいですし、新しく無料のアドレスを取得することもできます。なお、新しいメールアドレスは、アカウントの切り替え作業中に取得できるので、事前に準備しておく必要はありません。
手順を追うだけで簡単に切り替えられる
 実際にアカウントを切り替えるには、[設定]の[アカウント]にある[お使いのアカウント]を開き、アカウント名の下、画像の上にある
[Microsoftアカウントでのサインインに切り替える]をクリックします。すでにMicrosoftアカウントを持っている場合は、ここでそのアカウント(メールアドレス)とパスワードを入力します。もし、まだ作成していないようなら、[作成しましょう!]をクリックします。
アカウント作成に電話番号とメールアドレスは必須
 アカウントの作成に必要な情報は、氏名、メールアドレス、セキュリティ設定用の電話番号(もしくはメールアドレス)です。右の手順3で「@outlook.jp」のメールアドレスが取得できるので、登録用のメールアドレスが用意できない場合は取得しましょう。なお、セキュリティ設定に電話ではなくメールを使う場合、事前に、別のメールアドレスを用意しておく必要があります。
Microsoftアカウントに切り替える
Microsoftアカウントに切り替える
Microsoftアカウントに切り替える