Windows10 Pro-サイバー攻撃やウイルスからパソコンを守る2つの機能
脅威からパソコンを守る標準のセキュリティ機能
 Windows 10は、不審な通信を遮断する[Windowsファイアウォール]、ウイルスに感染したファイルの検
出・駆除・ダウンロードを阻止する[Windows Defender]などのセキュリティ機能を搭載しています。市販のセキュリティ対策アプリと比べると機能は少なめですが、Windowsを安全に使うためには必須の機能です。
 セキュリティの状態を確認するには、[コントロールパネル]の[システムとセキュリティ][セキュリティとメンテナンス]を開きます。ここで[セキュリティ]の項目を開くと、[ネットワークファイアウォール]、[ウイルス対策]、[スパイウェアと不要なソフトウェアの対策]で、インストールされているセキュリティソフト名と、それらの機能が有効か無効かが表示されています。
 セキュリティ機能の動作を確認
  セキュリティ機能の動作を確認
[コントロールパネル]の[システムとセキュリティ]にある[セキュリティとメンテナンス]で、ファイアウォールやウイルス対策の状態を確認できる。
不審な通信を遮断してくれるWindowsファイアウォール
 外部からの攻撃だけでなく、パソコン内部から情報を持ち出そうとする不審なアプリの通信も遮断してく
れるのが、Windowsファイアウォールです。設定は、[コントロールパネル]の[システムとセキュリティ][Windowsファイアウォール]から行えます。周辺機器のドライバーのインストールなどで一時的に無効にしたい場合は、画面左の[Windowsファイアウォールの有効化または無効化]をクリックして[Windowsファイアウォールを無効にする]を選びます。
ファイアウォールの有効化と無効化
 ファイアウォールの有効化と無効化
リアルタイム保護でウイルスを持ち込ませない
 ウイルスやマルウェア対策機能のWindows Defenderは、通常のウイルススキャン機能のほか、活動中のウイルスやダウンロード中のファイルを検査するリアルタイム保護機能を装備しています。特にリアルタイム保護はウイルスをパソコンに感染させないために重要な機能です。危険なファイルと判断された場合、[マルウェアが検出されました]というメッセージがポップアップ表示され、自動的にファイルが削除されます。
 Windows Defenderの設定は、[設定]の[更新とセキュリティ]にある[Windows Defender]から行います。設定といっても、リアルタイム保護のオン/オフ、情報送信の許可、スキャン対象外にするフオルダーの指定といったシンプルなものです。
「Windows Defender」の設定 
 「Windows Defender」の設定
HDD内の感染ファイルを
見つけるスキャン機能
 スキャン機能は、パソコンに保存されているファイルからウイルスやマルウェアを検出する機能です。[設定]の[更新とセキュリティ]にある[Windows Defender]のいちばん下にある[Windows Defenderの使用]をクリックすると、スキャン機能の画面が表示されます。
 [クイック]はシステムファイルなどウイルスに感染しやすいものだけを検査し、短時間で終わるオプションです。[フル]は長時間かかりますが、すべてのファイルを調べるため安全性が高くなります。ふだんは[クイック]、週に1回は[フル]と使い分けましょう。 ウイルスを発見すると、タイトルバーの表示が赤くなり[PCのクリーンアップ]というボタンが表示されます。このボタンをクリックすれば、安全にウィルスを駆除できます。
ウイルスの発見と駆除
 ウイルスの発見と駆除