Windows10 ダウンロード版-機能改善やセキュリティ向上でWindowsを最新に保つz
脆弱性や不具合を修正してくれる重要な機能
 膨大な回数のテストを繰り返してリリースされるWindows 10ですが、どうしても修正しきれない不具合や、意図しない使い方による脆弱性などが残ってしまいます。これを放置しておくと、不正アクセスや悄報流出、ウイルス感染といった危険にさらされる可能性が高くなってしまいます。 こういったリスクを軽減するため、不具合や脆弱性を修正してくれるのが「Windows Update」です。最新のアップデートファイルのダウンロードからインストールまで自動的に行われるように設定しておけば、安心です。
 またWindows Updateで提供されるのは不具合を修正するパッチファイルだけでなく、新機能の追加、ドライバーの更新など、Windowsの機能やパフォーマンスを改善・向上するアップデートも捉供されます。
「更新とセキュリティ」を使い
手動で更新を確認する
 アプリのインストールやメモリーの増設、ハードディスクの入れ換えといったパソコンの構成を変更したあとで、Windowsが最新の状態になっているか確認したいケースがあります。このような場合、Windows Updateを手動で行います。確認方法は、[設定]の[更新とセキュリティ]を開き、[Windows Update]から[更新プログラムのチェック]をクリックします。更新があれば、ダウンロードとインストールが行われます。
 Windows Updateを手動で実行する
 Windows Updateを手動で実行する
Windows 8.1と10のWindows Update比較
 Windows 8.1と10のWindows Update比較
Windows 10では、更新プログラムのインストール方法は[自動]と[再起動の日時を設定するように通知する]の2つ。どちらもインストールは自動的に行われる。Windows 8.1にあった[推奨される更新プログラム]項目は廃止され、[重要]と[推奨]の区別がなくなった。[他のMicrosoft裂品の更新プログラムを入手する]オプションは、
Windows 10にもWindows 8.1にもある。

Windows 8.1では、ダウンロードとインストールを自由に選択できた。[更新プログラムをチェックしない]という設定も用意されている。
他のMicrosoft製品も自動的にアップデート
 「Windows Update」には詳細オプションがあり、いくつかの設定を変更できます(上の画面を参照)。まずチェックしておきたいのが、他のMicrosoft製品の更新プログラムも入于する設定になっているかどうかです。
 Windows UpdateはOSの更新用のもので、このオプションが有効になっていれば、書類やプレゼン資料作成用の「Office」や、プログラム開発ツールの[Visual Studio]など、os以外のMicrosoft 製品も更新できて便利です。
 Windows Update画面の[詳細オプション]をクリックすると設定画面に切り替わるので、そこで[Windows
の更新時に他のMicrosoft 製品の更新プログラムも入手します。]にチェックを入れておきます。
 Windows 8.1では、自動インストール以外に、「更新プログラムのチェックとダウンロードだけを行ってもインストールは実行しない」、「チェックだけしかしない」といったオプションも設定できました。
 しかしWindows 10では、[自動(推奨)]と[再起動の日時を設定するよう通知する]が選択できるだけで、
基本的には自動更新しか選べません。更新プログラムはなるべく早く確実に適用したほうが安全なので、
Windows Updateの役割を考えれば納得できる変更です。
 それ以外では、Windows 8.1では[重要]と[推奨]に区別されていた更新プログラムが、1つにまとめられて
いる点が大きな違いです。ユーザーからは更新内容の詳細が理解しづらく、見たところで両者の差がわからないことが多かっただけに、シンプルでわかりやすくなりました。