[設定]→[Wi-Fi]から接続する
通知領域からWi-Fiに接続する
[設定]→[Wi-Fi]から接続する 通知領域からWi-Fiに接続する
ネットワーク関係の情報や設定を集約
 「ネットワークとインターネット」では、Wi-Fi/VPN/イーサネット/ダイヤルアップといった、ネットワーク接続に関する設定を行います。
 パソコンをWi-Fiに接続する場合、アクセスポイントへの接続設定が必要となります。この設定を行う方法は2通りあります。1つは[ネットワークとインターネット]の[Wi-Fi]から行う方法、もうIつはタスクバーの通知領域にあるアイコンから行う方法です。
 [Wi-FI]を開くとSSID (Wi-FIのネットワーク名)一覧が表示されるので、接続したいをSSIDをクリックします。
続いて[接続]ボタンをクリックし、SSIDで設定されている[ネットワークセキュリティキー]を入力すれば接続完了です。 Wi-Fiルーターが「WPS」などの簡単設定機能に対応している場合は、セキュリティキーを入力する代わりに、Wi-Fiルーター側の『WPSJボタンを押しても接続できます。よほど古い製品でない限りWPSに対応しているので、マニュアルで使い方を確認しておくといいでしょう。
 タスクトレイの通知領域にあるアイコンから設定すれば、わざわざ[設定]から[ネットワークとインターネッ
ト][Wi-Fi]とたどらなくても、すばやくWi-Fiに接続できます。手順は前述の[設定][Wi-Fi]と同じです。
接続中のWi-Fiを手動で切断する
 現在接続中のWi-Fiとは別のWi-Fiに接続したい場合は、新しいSSIDをクリックして接続設定を行います。これで、元のWi-FiからりJ断され、あとから設定したWi-Fiへと接続が切り替わります。
 ただ単にWi-Fiを切断したい場合は、[接続済み]となっているSSIDをクリックすると[切断]ボタンが表示されるので、それをクリックすれば切断完了です。
Wi-Fiとの接続を切断する
 Wi-Fiとの接続を切断する
[接続済み]のSSIDを選び、[切断]ボタンをクリック。これでWi-Fiでの接続が切断できる。
 
必要のない自動接続は無効に
 Wi-Fiは、一度接続を行うと[既知のネットワーク]として設定が保存され、次回からネットワークセキュリティキーを入力せずに接続できるようになります。
 これは便利な機能ですが、旅先のホテルや喫茶店など一時的に使った設定も残ってしまいます。 このような不要になった設定を削除するには、[設定]の[ネットワークとインターネット]にある[Wi-Fi]を開き、[Wi-Fi設定を管理する]をクリックします。いちばん下の[既知のネットワークの管理]にある保存された設定から、削除したい設定を選択し、[削除]ボタンをクリックしましょう。
保存されている設定を削除する
保存されている設定を削除する
 
クイックアクションでWi-Fiをオン/オフ
 接続設定を削除するのではなく、Wi-Fiそのものをオフにしたい場合は、クイックアクションが便利です。「アクションセンター」を表示し、下部にあるクイックアクションに表示されている接続中のSSID名のボタンをクリックすると、Wi-Fiがオフになります。
Wi-Fiをすばやくオンダオフする
 Wi-Fiをすばやくオンダオフする
通知領域のアイコンから【アクションセンター】を表示し、[クイックアクション]にあるSSID名のボタンをクリックすれば、Wi-Fiをオフにてきる、もう一度クリックするとオンになる、通知領域にあるネットワークアイコンからも、SSID名のボタンが表示される。こちらからでもオン オフか可能だ。