タブレットモード時の操作
Windows 10 には、物理キーボードを搭載しないピュアタブレットでもタッチ操作で各種作業を行いやすくするための「タブレットモード」という操作環境が用意されています。このsectionでは、この「タブレットモード」の設定のほか、タブレットモード固有の各種操作について解説します。
タブレットモードの特性を知る
「タブレットモード」はWindows 10に備えられた新しい表示モードです。「タブレットモード」を有効にすると
アプリ全般のタッチ操作が行いやすくなり、また通常モードと比較して一部の操作が拡張されるという特性があ
ります。一般的に「キーボードを搭載しないタブレットPC(ピュアタブレット)」において、標準でタブレット
モードが有効になっています。なお、どのフォームファクターのPCでも任意に「タブレットモード」「通常モー
ド」(非タブレットモード)を任意に切り替えることができます。
タブレットモードの特性を知る
タブレットモードはタッチ操作に最適化されたモード
「タブレットモード」は、文字通りタブレットPCのために、タッチ操作に最適化されたモードです。物理キーボードが無効状態で文字入力欄をタップすると1、自動的にタッチキーボードが表示されるほか、[スタート]メニューやアプリが全画面表示で展開されます。また、タスクバーアイコンが非表示になり、通知領域が簡略化され最低限のアイテム表示になるなど、全般的に「タッチでWindows全般を操作しやすい環境」を提供します(各表示特性は設定にもよります)。
 タブレットモードはタッチ操作に最適化されたモード
「物理キーボード無効状態」とはPCのハードウェア上で判定する標準物理キーボードが無効状態を意味しま
す(Surfaceのタイプカバーを裏側に折リたたんだ状態など)。PCによってはUSB / Bluetooth キーボードが有効であっても、ここで言う物理キーボード無効状態と同じ特性を示す場合があります。
 タブレットモードで可能なスナップ表示
タブレットモードでは基本的に1つのアプリが全画面表示で展開しますが、を利用すればアプリを並べて表示することもできます。
 タブレットモードで可能なスナップ表示