スタートメニューの復活、変化には見慣れるまで少々時間が必要です。特にピン留めされたアプリ(タイル)はそれぞれ大きさが異なります。スタートメニューを自分が見やすいようにカスタマイズしていきましょう。タイルをグループ分けしたり、メニューに表示する項目を追加して、使いやすいように変えていきましょう。
1.スタートメニューの見方を確認する
20161008121609

2.スタート画面にピン留めする
 20161008121704
ピン留め
アプリをスタート画面にアイコンで追加します。アプリ以外にも、ウェブサイトのリンクやフォルダー、お気に入り
の音楽再生リストなど、様々なものがピン留めできます。
20161008121818
アプリのピン留めのサイズ
アプリのピン留めにはサイズが小から大まで4種類十ライブタイルの設定ができます。アプリ以外をピン留めする場合はサイズは小と中の2種類のみとなります。
 
 20161008121955
3.ピン留めを外す
 20161008122037
4.タイルを移動する
20161008122128
グループ
新しくアプリをピン留めしたり、スタート画面の何もない場所にタイルをドラッグすると、新しいグループを作成で
きます。新しいグループを作成しても、グループ名は作成されないため、手入力する必要があります。
20161008122242
5.グループを作成する
 20161008122330
カテゴリでグループ分け
「よく使うもの」など、自由にグルづを作成できます。同カテゴリのアプリなどで分類をまとめておくと、探しや
すくなります。
6.グルレープを移動する
 20161008122754
グループの解除方法
作成したグループから外したいタイルを別の場所にドラッグするだけで、グルづから外せます。
20161008122907
7.スタート画面にフォルダーを追加する
20161008122959

 20161008123010
20161008123023
項目「スタート」の場所
スタートメニューから「設定」アプリを起動します。〈パーソナル設定〉をクリックすると「スタート」の項目が表示されます。
 20161008123148
Windows 7のスタートボタンに近づける
「フォルダー」を追加することでスタート画面がWindows 7に近いものになります。「ドキュメント」や「ダウン
ロード」、「ピクチヤ」など自分に必要なフォルダ゛ーを追加していきましょう。