Windows 10 での新機能として「仮想デスクトップ」機能が追加されました。この機能を活用すれば、作業ごとにデスクトップをわけることができます。例えば仕事用、趣味用、ゲーム用など用途に合わせてデスクトップをわけておくといいでしょう。モニターが小さいノートパソコンでも、作業効率が向上します。
1.仮想デスクトップを増やす
20161018162934
仮想デスクトップ
モニターなどを接続せずにひとつの画面に仮想的にデスクトップを作成できる機能です。シャットダウン・再起動を行った場合は仮想デスクトップは残りますがアプリは閉じられます。一旦操作を中断して再度行いたいときは、「スリープ」を選択しましょう。
どれだけ増やせる?
仮想デスクトップは無限に増やせます好きなだけ仮想デスクトップを増やせますが、あまりに増やしすぎると管理が大変になります。利用するぶんだけ増やすようにしましょう。
20161018163226

 20161018163248
関連ショートカットキー
「Windows」十「Tab」→タスクビューを起動「Windows」十「Ctrl」+「D」→仮想デスクトップを新規作成
「Windows」十「Ctrl」十「F4」→仮想デスクトップを閉じる「Windows」十「Ctrl」十「←/→」→仮想デスクトップの切り替え
20161018163549
同一アプリの複数起動
仮想デスクトップ上ではデスクトップ1とデスクトップ2など、デスクトップ間で同一アプリの複数起動ができない
アプリがあります。アイコンをクリックすると、先に起動させているデスクトップに移動してしまいます。対処法としては少々面倒ですが、「新しいウィンドウを開く」といった方法を用いましょう。
削除したデスクトップl上のアプリの行方
仮想デスクトップ上で開いているアプリやフォルダーは、仮想デスクトップを削除するとひとつ隣(左側)のデスクトップに移動します。アプリごと終了されるわけではありません。
2.不要なデスクトップを閉じるには
20161018163907
20161018163951
3.仮想デスクトップ間でアプリを移動するには

20161018164118
複数同時移動はできない
アプリの移動は複数同時に行うことはできません。ひとつずつしか移動できないため、新しいデスクトップ上でアプリを起動するようにしましょう。それだけでだいぶ手間が減ります。
 新しいデスクトップに移動
アプリの移動先に新しいデスクトップを指定したい場合があります。そういった場合は移動させたいアプリの上で
「右クリック」しましょう。メニューの中に既存の仮想デスクトップのほか、「新しいデスクトップ」が表示されます。
 
20161018164444


20161018164524

20161018164534
4.仮想デスクトップの表示設定を変更する
20161018164717
仮想デスクトップの設定
仮想デスクトップに関する設定は2つあります。「タスクバーに表示するウィンドウ」に関する設定では、「すべてのデスクトップ」を指定している場合、すべてのデスクトップで使用しているアプリが表示されます。すべてのデスクトップ
20161018165021
「Alt十tabキーを押したときに開いているウィンドウ」に関する設定でも同様に「すべてのデスクトップ」を指定している場合、アプリの切り替えを行うと表示中のデスクトップが切り替わってしまいます。すべてのデスクトップ

 20161018165129
20161018165205

20161018165236