フォルダーは様々なデータを整理するために必要不可欠なものです。デスクトップがファイルでいっぱいになったら、フォルダーを活用しましょう。そのためにまずはフォルダーの新規作成方法を覚えていきましょう。どこにフォルダーを作成するかで、その手順は変わっていきます。作成場所に適した方法で作成していきましょう。
1.右クリックで新規作成
20161107165755
20161107165911

新規作成 新しくファイルやフォルダーを作成することです。デスクトップ上では右クリック、フォルダー内に作成する場合は右クリックのほかに、リボンのコマンドから作成できます。同じ名前があった場合フォルダーも、ファイルも、同じ階層に同名で作成することはできません。フォルダーの場合、警告が表示されます。〈はい〉をクリックするとひとつにまとめられてしまいます。

20161107170316

ファイルの場合、別名で保存することがうながされます。
2。フォルダーの中にフォルダーを作成

20161107170609

20161107170702

20161107170747
同じ名前にしたいどうしても同じ名前のファイルやフォルダーを作成したいときは「(2)」や日付などを後ろに付け加えましょう。または別の階層に作成しましょう。別の階層であれば、同名のファイルやフォルダーでもそれぞれに影響はありません。全角と半角ファイルやフォルダ一名にアルファベットなどを含む場合、全角と半角では区別されます。「同じ名前」のようで実は異なります。同じ名前で保存したいときの1つのテクニックとして覚えておきましょう。
20161107171105