ファイルやフォルダーをコピーして複製する方法は多数あります。よく使われる操作は右クリックメニューからのコピー方法でしょう。複数のコピー方法を覚えておけば、操作時間の短縮にもつながります。コピーと「移動」は混同してしまいがちですが機能としてはまったく異なる操作です。まずはコピーについてしっかり覚えていきましょう。
1.リボンコマンドでコピーする

20161109172354

20161109172644
コピー
ファイル・フォルダーをコヒ一するとは、言い換えれば中身が同じファイル・フォルダーを「増やす」という操作です。①ファイルを選択する②コピーするぼ貼り付けるがコピーの一連の流れになります。
コピー場所の選択|リボン操作でコピーを行う場合、「コピー先」の選択肢に目的の場所がない場合は自分で場所を選択する必要があります。〈場所の選択〉からコピーを置きたい場所を選択して〈コピー〉をクリックしましょう。
20161109172952

2。右クリックでコピーする
20161109173117
20161109173210
貼り付けここで行うファイルのコヒ一は「貼り付け」を行うまで完了しません。なお、1度コピーしたファイルやフォルダーは、他のものをコピーするまではずっと貼り付けられる状態にあります。複数の場所にコピーしたい場合は、それぞれの場所で(貼り付け〉できます。
リボン操作右クリック操作と同じ操作がリボンの操作だけでも行えます。112ページでは「コピー先」を選択して1度で済ませましたが、「コピー」「貼り付け」をそれぞれのリボンコマンドでも行えま
す。
20161109173513
ショートカットキー:「Ctrl! +「C」→コピー「Ctrl」十「V」一貼り付け
3。ドラッグ&ドロップでコピーする
20161109173745