ファイルやフォルダーが増えてくると、管理していても探しだすのが大変になってきます。そこで覚えておきたいのがファイルの検索方法です。ファイル名の一部などのキーワードや保存した日時、ファイルの種類など、断片的にでも覚えておけば、ファイルの検索が行えます。管理がグツと楽になるので、必ず覚えておきたい方法です。パソコンの中を検索する
1.「検索ボックス」からファイルを検索する
20161114154325

20161114154443

検索ボックス:Windows10ではタスクバーに新機能「検索ボックス」があります。この機能ではパソコン内のファイルの検索のほか、ウェブ検索も可能です。タスクバーは常時表示されているのでいつでも検索できます。自分のコンテンツ:検索ボックスにキーワードを入力すると「自分のコンテンツ」と「ウェブ」で
検索結果を絞れます。(自分のコンテンツ〉がパソコン内を検索するときに選ぶ方です。
ファイルの場所を開く検索結果から目的のファイルまたはフォルダーを表示させたい場合は、表示されている検索結果の上で右クリックして《ファイルの場所を開〈》をクリックします。
20161114155248

2。「自分のコンテンツ」で詳細に検索する
分類:「分類」の項目は「関連度順」と「最新」の2つから選べます。キーワードが入った最新のファイルか、それとも関連性の高いファイルから順に表示するかを選択できるようになっています。

20161114155547
表示:表示の項目では、主にファイルの種類で選択肢が絞れるようになっています。テキストファイルだけ、フォルダーだけなど目的に応じて指定すれば、検索スピードがより早くなります。
20161114155707
20161114155759
20161114155847

20161114155933