メールにファイルを添付して送ろうとしたら、ファイルサイズが大きくて送れない場合があります。そんなときに試したいのがファイルの圧縮です。ファイルを圧縮すれば、ファイルサイズが小さくなります。圧縮することで大きくサイズが変化するわけではありませんが、複数のファイルをまとめて送りたいときに覚えておくと便利な機能です。
フォルダーの圧縮方法を覚える
圧縮とは?:圧縮とは、その言菓どおリサイズを小さくすることで、WhdOWSではファイルを圧縮するとZip形式のフォルダーが作成されます。圧腎には向き不向きがあり、写真ファイルなどは圧縮してもほとんどサイズに変化はありません。あわせて覚えておきましよう。
先に作成しておく:圧隔フォルダーはファイルを選択してから作成する方法のほかに、「先にZipフォルダーを作成しておく」という方法もあります。作成方法はデスクトップの何もない部分で「右クリック」してメニューのく送る)から(圧縮(Zip形式)フォルダー〉を選択します。作成されたZipフォルダーにファイルをドラッグして入れていきます。
20161123170359
20161123170512
20161123170553
20161123170633
強力に圧縮するには…:windows標畢の圧縮方法で「ま、期待できるほどサイズに変化はありません。ファイルを大幡に圧縮したいならWindow5ストアからアプリを探してインストールするといいでしょう。
圧縮前と圧縮後の比較
20161123170804
20161123170846