紙類を電子化するメリットは大きい

紙類を電子化するメリットは大きい

雑誌や書籍だけでなくチケットやハガキも電子化

 雑誌や書籍の電子化を行うと、劣化を防ぐのはもちろん、保存しておく場所もシェイプアップできる。また、思い出のチケットや絵ハガキなどそのほかの紙類も電子化しておけばビューアーアブリで見返すことができるのでおすすめだ。家中の紙をデジタル保存しよう。

スキャナーのタイプによって取り込み方が異なる

スキャナーのタイプによって取り込み方が異なる

 雑誌や書籍を取り込むならスキャナーが必須となるが、実はスキャナーにもさまざまな種類があり、使い方が異なる。取り込む対象に合わせてスキャナーを選択できるなら、ふさわしいものを選ぼう。たとえば、本を断裁せずに電子化するならフラットベッドスキャナーやスタンドスキャナーが有効だ。 

コツを掴んでしまえば自炊データの作成は簡単

 お気に入りの雑誌やぶ籍はなかなか拾てられないものだが、これらが溜まると保管場所を取るようになり、重量もかさむので引越の際に苦労する。また、紙媒体は意外に劣化しやすく、写真の変色も激しい。こうした状況を改善するなら、所有している雑誌や書子化してしまうのがおすすめだ。ドキュメントスキャナーを使えば、大量のページを一気にスキャンできるため、電子化の作業もそれほど苦にならない。また、思い出のチケットやポストカード、賞状なども同じように電子化することができる。かさばりがちな紙類を電子化すれば、家の中のスペース確保にもつながり、なにより劣化を防ぐことができる。スマホのカメラでもデジタル化は可能だが、どうせならしっかりと電fぷ籍化したい。