複合機と専用機では大きな違いがある

複合機と専用機では大きな違いがある

取り込み面を見れば違いは明らか

 同じフラットベッドでも、一般的な複合機と専用機では違いがある。もっとも大きな特徴は、読み取り面の構造だ。専用機の読み取り面は手前側ギリギリまであるため、歪みを抑えてスキャンできるようになっている。特に書籍の読み取りには大きな効果を

発揮する。

特化型スキャナーなら歪みなく取り込めるうえ画像回転も簡単

雑誌や書籍を断裁せずに読み込めるスキャナー

雑誌や書籍を断裁せずに読み込めるスキャナー

 見た目はフラットベッドスキャナーと同じだが、大きく確保された取り込み面や、連続スキャンがしやすい大きめのボタンなど、自炊に特化している。また、専用アプリを使うことでトリミング範囲を設定して自動で切り抜いてくれる。

品質を追求するなら専門業者への依頼を考えよう

 電子化したい本が多い場合や時間がない場合は、専門業者に依頼する方法もある。こうしたサービスの中には、原稿を断裁せずに電子化してくれるところも多いのでチェックしてみよう。

 ページ数が多い書籍はドキュメントスキャナーが便利

断裁した雑誌をまとめて読み込む

 フラットベッドスキャナーで上手くいかない場合やページ数が多い場合はドキュメントスキャナーが便利。ただし裁断する必要があるため、本当に断裁していいかをよく考えよう。

スペースを取らずに取り込むなら  スタンドスキャナーがオススメI

デスクの上で素早く取り込むならこれがオススメ

 特定の見開きや、ページの一部だけを取り込む場合にはスタンドスキャナーが便利。

雑誌以外も取り込むことができる

 スタンドスキャナーなら、チケットやポストカードなど、不定形の紙類も手軽に取り込むことができる。写真の取り込みにも対応しているので、思い出の品を劣化しないデジタルデータにして保存しよう。