より手軽にコルタナを使うための設定をしておく

Windows 10に搭載されて以降.バーションアヅブかI繰り返されて

いるコルタナ.最初はなんでも検索エンジンに丸投げするだけの機能だったかく現在はできることが増えている以下の2項目を設定しておけば、コルタナを活用する機会か増え、その便利さを実感できる

「コルタナさん」と呼びかけるだけで使えるようにじおこう.

Windows 10に搭載されて以降

ロック画面からコルタナを使えるようになった!

ロック画面にコルタナを表示しておくと、さらに効率的な操作が可能たとえば、ロックの解除前に音声操作でアプリの起動を指示しておけば、ロック解除と同時にアプリを起動できる。ただし、ロック画面でコルタナを使うには、表示設定か'「画像」か「スライドショー」になっている必要があるため、「設定」→「個人用設定」の「ロック画面」から設定を確認しておこう、

近いうちにシャットダウンなどもできるようになる?

現時点(2017年4月上旬)ではシャットダウンや再起動といった、システムにかかわる操作はコルタナは受け付けないしかし米国版ではすでにこれらに対応しているので、今後実行できるようになるだろう

iPhoneならアプリで連携可能

IOS向けにアブリがリリースされており、リマインダーやカレンダーの同期ができるまた、Siriのように使うことも可能、

活用しないのはもったいない!仮想デスクトップで作業領域が数倍に

標準機能で仮想的な作業領域を作り出せる!

ディスプレイが小さかったり、解像度が低いと、作業領域が狭くて不便。とはいえ、マルチモニター化はハードルが高い。そこでオススメなのがWindows10の標準機能である仮想デスクトップの利用だ。複数のデスクトップを切り替えて使うことで、擬似的に作業領域が増やせる。

まずは基本的な仮想デスクトップの使い方を覚えよう

仮想デスクトップは初期状態で使えるようになっており、タスクピューアイコンをクリックして「新しいデスクトップ」を選択するだけで新たに作れる。作成した仮想デスクトップへの切り替えもタスクビューから行う。なお、切り替える前のデスクトップで起動したアプリなどは有効のままなので、作業途中でシャットダウンしてしまわないように気をつけよう。

まずは基本的な仮想デスクトップの使い方を覚えよう

仮想デスクトップをさらに便利に使いこなすために

ショートカットキーでさらに作業効率がアップする仮想デスクトップの各種操作はショートカットキーで行える左の4つは必須操作なので覚えておきたい。

モニターと表示設定を見直して画面が見やすい環境を作ろう

アブ1/が古くてフォントが見づらいなら表示変更!

クリエイターズアップデートでは、モニターの表示に関する機能や設定項目が多く追加された。これまでWindows10ではフォントがキレイに表示されなかった古いアブリが、高DPI(解像度)環境に対応できるようになった点もそのひとつ。

新設定項目「ゲーム」でPCゲーム環境が快適に!

クリエイターズアッブデートから、「設定」メニューに「ゲーム」という項目が加わった。ゲームを起動する際に表示を最適化したり、録画や配信を手軽に行えるようになっている。

再生中の動画を小窓で表示しでおける

Windows 10の標準アプリ「映画&テレビ」には「ミニモード」が追加され、動画を小さいウィンドウで表示・再生できるようになった。ミニモード中はつねに前面に表示されるため、作業のジャマにならない大きさで、動画を常時表示しておける。この機能は「Skype」(ストアアプリ版)のビデオ通話でも利用可能。今後、対応アプリは増えそうだ。

再生中の動画を小窓で表示しでおける

「夜間モード」でPC画面のブルーライトをカット!

スマホの普及により、眼に悪いと注意喚起されることが多くなったブルーライト。もちろんパソコンのモニターからも出ている。そこでクリエイターズアップデートから導入されたのが「夜間モード」。指定した時刻になったら自動的に夜間モードへと切り替えるように設定できるので、パソコンでの作業が夜遅くなりそうな場合は利用したい。

「テーマ]やマウスカーソルの設定を調整して操作しやすい環境をつくろう

ストアからの導入対応で選択肢がグツと広かった

Windowsは配色などを簡単に切り替えられる「テーマ」という機能をもともと備えていた。クリエイターズアップデートでは、このテーマをストアから導入できるようになった。また、マウスカーソルも操作しやすいものに変更しておこう。

ストアからテーマをダウンロードして使う

テーマは最初から選べるものがいくつか用意されているが、ストアから取得・追加して適用できる。2017年4月中旬の時点でかなりの数のテーマがストアに登録されており、今後も増えていく予定だ。現在はほとんどのテーマが無料で入手できる。なお、もし気に入らなくても1クリックでもとに戻せる。いろいろと試してみよう。

サウンドやマウスカーソルも使いやすいものに変更しておこう

メールの着信音やエラー音などのサウンドはテーマで一括設定できるが、自分で好きな音を設定したい場合は「テーマ」の設定項目から選択できる。対応している形式は「WAV」ファイルだけなので注意。また、マウスカーソルも大きさや形状が異なるものが最初から用意されている。環境や見やすさに応じて変更すれば操作性もアップする。

サウンドやマウスカーソルも使いやすいものに変更しておこう

システムフォントが気に入らない場合は差し替えてしまおう

Windows 10は7や8.1からシステムフォントが変更になっている。以前の見た目のほうがよかった、という場合はアブリで変更するのも手だ。なお、もとに戻す場合も同アブリで簡単に実行できる。