見る人の興味を引いたり、惹ぎつけたする作品をつくるのに欠かせない要素といえるのが、文字情報(テロップ)や九楽だ。写真を単純につなぎ合わせたスライドショーであっても、バックグラウンドで音楽が流れたり、写真搬影した当時の状況や気持ちを文字情報として添えるだけで、作品としての完成度がグッと上がる。追加することで作品令体の魅力を高める文字情報や音楽だが、それゆえに使いどころや追加の仕方を用途えると逆効果になる。つまり、単純に追加しただけでは見るに堪えないものになってしまう可能性もある。とくに訴求力が高い音楽は、シーンに合わせたものを自然に挿人しないと映像にまで惡影響を及ぼす。また、文字情報は表示タイミングがズレたり誤植があったすると不快感につながりかねない。文字情報や音楽を追加する際は、テレビ番組や映画といった既存の作品を参考にして、どのように挿人すれば効米的かを分析しておくといい。

作品の全体像と今回覚えるテクニックはコレ!

本講座で作成を目指す編集後の動画構成は左のとおり、今回は文字や音楽の挿入テクニックについて解説していく。このふたつをどう入れるかで、映像の印象は大きく変わる!

作品の全体像と今回覚えるテクニックはコレ
作品の全体像と今回覚えるテクニックはコレ

文字情報を追加して映像にアクセントをつける

文字クリップ作成ウィンドウの各部の意味を把梶する

「ホーム」リボンの「文字を挿入」をクリックすると、左図のウィンドウが表示される。ここでフォントや背景、表示位置を設定することにより、スライドショーや動画にテロップを入れたり、文字だけの画面を作成することができる。

 文字クリップ作成ウィンドウの各部の意味を把梶する

スライドショーや動画に文字クリップを追加する

スライドショーや動画に文字クリップを追加する

意外にも設定項目が多い文字クリップの追加

リボンの「文字の挿人」をクリックすることで手傑に文字情報が追加できる「ビデオパッド」。複数トラックが利用できるため、文りをー行ずつ八示していくといった演出も町能だが、思いどおりの場所に適切な人きさで文字を表示させるには、文字クリップの設定内容を熟知したうえで設定していく必要があり、ハードルはやや高め。はじめは又ずっをフェードインーアウトで衣示させるシンプルな方法で設定方法に恨れていくといい。基本の衣小方法を習得したら応用にチャレンジしよう。

意外にも設定項目が多い文字クリップの追加

BGMや効果音の挿入で映像の雰囲気は変わる

映像への注目度だけでなぐ、映像の雰囲気まで演出してくれる作楽。ビデオパッドでは映像トラックと同様、音声トラックも複数を利用することが町能だ。音声トラックがないスライドショーへの音楽追加はもちろん、ビデオカメラで撮彫した音声付きの動画へさらに楽を追加することもできる。また、音声付き動画の音声部分を削除し、新たに追加した音楽のみに差し替えるとう編集も行える。音楽の追加は、音楽ファイルをビデオパッドに読み込んで音声トラックに追加するだけと操作自体は簡単。しかし、文字情樅ど川様に追加すればいいというものではない。実際に追加するとわかるが、最人の問題となりうるのが、映像の長さと音楽の災さの不一致。追加する九‐楽は映像川に製作されたものではないため、映像より音楽が長い、楽曲のサビにいたる前に映像が終わる、といったことが発生する。これを解決するにはフェードインーアウトを利用したり、音楽の開始位置を変えるといった細かい設定が必要だ。慣れないうちは映像の長さに音楽を合わせ、フェードアウトで処理する方法を使うといい。設定を熟知すれば、嗇楽をオーバーラップで切り替えるクロスフェードできるようになる。

音楽ファイルの追加でシーンに盛り上がりを加える

2パターンある音楽ファイルの追加シチュエーション

音楽ファイルの追加でシーンに盛り上がりを加える

スライドショーに音楽を追加する

 スライドショーに音楽を追加する

音声付きの動画に音楽ファイルを追加する

音声付きの動画に音楽ファイルを追加する

フォントや音楽素材をインターネットから入手しよう!

より個性的な演出を施すならインターネット上で配布されている無料素材を利用するといい。楽曲やフォントの素材配布サイトは今号のDVD-ROMにリンク収録してあるので参考にしてほしい。

フォントや音楽素材をインターネットから入手しよう