最初に「Windows Update Iを実行しよう

Windows Update

パソコンを活用するためますは環境を整えておこう

Windows 10へのアップグレードが完了したので、あとは作業環境を整えるだけ・ますは、デバイスドライバ一などを最新の状態にするため、Windows Updateを実行Windows 10を最新の状態にすることがなにより先だ

あらゆる作業を快適にするためデスクトップアイコンを表示

設定の[個人用設定」でデスクトップアイコンを表示

個人用設定

いちいちエクスプローラーを開いてから作業では面倒

Windows 10を最新の状態にしたら、次に確認したいのがデバイスドライバーの状態。本体の機能がすべて正常に動いていなければ、のちのちできないことが出てきてしまう。そこで、デスクトップの「PC」アイコンを……と思ったが、ゴミ箱しか表示されていない。先にデスクトップアイコンを喪示しておこう。

デバイスマネージャーを表示してハードウェアのエラーを確認

デスクトップの「PC]からプロパティを表示

からプロパティを表示

すべてのハードウェアが正常に動作してしーを確認

「PC」アイコンを表示したら、これを右クリックして「プロパティ」を表示。ここから「デバイスマネージャー」を開けば、デバイスドライバーの状態を確認できる。エラーがあれば、ドライバーを入れておこう。

 SSHDをパーティション分けしてデータ用の保存ドライブを作成する

SSHDをパーティション分けしてデータ用
SSHDをパーティション分けしてデータ用

 Windowsやアプリ用ドライブとデータ保存用ドライブを分けて使う

 本体の各機能が正常に動作していることを確認したら、次にやっておきたいのがパーティション分け。現状ではにドライブのひとつしかないので、パーティションを2つに分けよう。0S&アプリ用と個人データ保存用にドライブを分けておくと便利だ。

Microsoftアカウントに切り替えてOneDriveやストアを使いやすくする

設定の「アカウント」からMicrosoftアカウントに切り替え

アカウント

インストール時に切り替え濟みならこの作業は行わなくてもOK

もしローカルアカウントのままにしているなら、Microsoftアカウントに切り換えておくのがオススメ。すでにインストール時に切り替えているなら、この作業は必要ないぞ。