有効な設定の見極めかたいせつ

有効な設定の見極めかたいせつ

パソコンの動作は有効な設定に左右される

Windows 8以前のOSがブリインストールされていたパソコンにWindows 10をインストールしたら、動作が鈍<なって仕方が・ない.これは必ずしもスペック不足が原因ではなく、設定によりムダな機能がいくつも稼働していることが原因ということもある、どのような設定があるのかを確認して、自分には不要な設定はできるだけオフにしよう、

Windows 10を高速化するには3つのステップを実行

ますは設定へのアクセスを容易にする

ますは設定へのアクセスを容易にする

設定は定期的に見直しを行おう

 Windowsを「軽く=高速化」するために、このコーナーでは3つのステップで各種設定を見直す方法を解説していく。設定は固定せず、使用状況に応じて変更していくことが望ましいので、各種設定へのアクセス方法を確立することからはじめよう、

機能が増えたことで負荷が大きくなることも 

ビスタ以前のOSがプリインストールされていたパソコンは、当時の最上位モデルであっても現在では格安モデルと同等のスペックだったりする。パーツ交換などである程度はスペックを向上できるものの、それだけでウィンドウズ10を快適に使用できるとはかぎらない。そこで次に見直しておきたいのが、各種システム設定。とくにウィンドウズ10は8以前のOSに比べて機能が増えているため、その処理がパソコンに人きな負荷を与えてしまう。なので、必要のない般定はできるだけ「オフ」にして、負荷を減らしていくことが大切になる。併せて、有効な設定は積極的にオンにし、動作をサポートしてもらおう。こうした設定の変史が、古いパソコンを快適に使川するためには必要不可欠になる。

Windows 10の窓口となるスタート画面によく使う設定メニューを追加

設定へのアクセスを一箇所に集中させる

 Windows 10では各種設定が「設定」と「コントロールパネル」に分かれているうえ、それぞれアクセス方法が異なる。このままでは設定を変更するための手間が大きくなるため、スタート画面のタイルからダイレクトに開けるように追加しよう、併せてドライブも追加すると便利だ、

設定へのアクセスを一箇所に集中させる

スタート画面を利用してよく使う設定項目へのアクセスを容易にする

スタート画面を利用してよく使う設定項目

設定ウィンドウが見にくいと感じたら「ダークモード」に切り替えよう

Windows 10では設定画面の配色が「白地に黒文字」となっている、これで見やすければ問題はないが、もし見にくいなと感じることがある場合は、「黒地に白文字」の設定も試してみてほしい.「個人用設定」の「色」メニューにある、「アプリのモードを選ぶ」で「黒」を選択すれば変更される.

 設定ウィンドウが見にくいと感

不要な“おすすめ”アプリは非表示にしてスッキリ

スタート画面のアプリー覧内にときどき表示される「おすすめ」は、ユーザーの使用状況に合ったアプリが表示されるとは感じられず、あまり意味のあるものとは思えない。誤ってクリックすればムダな時間を使ってしまうことになるため、基本的には非表示にしておこう、

不要な“おすすめ”アプリは非表示にしてスッキリ