仕事術を実行するまえに仕事環境の見直しが必要

 「超速仕事術」と聞くと、ビジネス向けアブリをいかに使いこなすかということに考えが傾きがちだが、そのまえにやることがある、それが、パソコンおよび作業環境の見直しパソコンの勣作が鈍ければどんなに素晴らしいアブリでも処理がもたつくし、作業環境が悪ければ仕事に集中できない自分の環境がどんな状態なのか、見直してみよう、

パソコンとユーザーそれぞれに見直しが必要

パソコンとユーザーそれぞれに見直しが必要

意外に有効!?仕事専用アカウントを作成しよう

仕事以外の要素を排除した環境をつくる

おもに自宅向けとなるが、仕事環境見直しの第一歩として、オススメしたいのが仕事用アカウントの作成、スタート画面やタスクバーには仕事向けアプリ

だけを登録し、ブラウザーのお気に入りからも趣味の要素を排除.これだけでも集中できる.

仕事以外の要素を排除した環境をつくる

絶対に無断使用されない環境ならログインパスワードを省略

ログイン時のパスワード認証はセキュリティ的に重要なものだが、絶対に第三者かぶれることのない環境であれは、無効にすることでパソコンを起動後すぐに作業を開始できるというメリノトがある

絶対に無断使用されない環境ならログインパスワードを省略

システムや設定の見直しでパソコンの処理を高速化する

 仕事の速度を手つ収り早く上げたいのなら、パソコンの処理速度を上げること。スペックが上位のパソコンを新たに購人したり、メモリーやストレージの增強を行うのもありだが、そのまえにシステムや設定に改善できる余地がないかをチェックして、いま使っているパソコンをいかに鳥速化できるか試してみよう。介わせて、操作にムダがなかったかも見直しておきたい。アプリを起動するまでのステップを削減する、マウスで行っていた操作をショートカットキーで完結する、マウスやキーボードを操作性のいいものに変えるなど、見直しのポイントは意外と多い。これらはビジネスだけでなく、日常的なパソコンでの作業も効率化してくれるので、仕事用のパソコン以外にも活用してほしい。

起動速度が早くコンパクトなランチャーに仕事のアプリを登錄

 頻繁に使用するアプリが増えるほど、どこから起動するべきかが問題になる。スタート画面をカスタマイズするのはいいが、数が多いとスクロールして探す必要があるからだ、そこで使ってもらいたいのが「Orchis」。ダブルクリックで開く「ランチャ」は、コンパクトなのに登録できるアプリが多い。「ファイラ」や「タスクスイッチャ」も備えている。

起動速度が早くコンパクトなランチャーに仕事のアプリを登錄

アプリやフォルダーを素早く切り替え

 アプリやフォルダーを素早く切り替え

適当にアプリをヒン留めするのはNG

 タスクバーのアイコンには、実行用のショートカットが用意されている、ショートカットは「Windows十数字」キーのため、実行できるのは最大でIO個までこのショートカットがもっともアプリを素早く実行する方法なので、タスクパーにピン留めするアプリはよく考えて選定したい。

Windowsキー十数字キーで起動

Windowsキー十数字キーで起動

ショートカットアイコンにキーを登録する

 Windowsのショートカットキーは、ユーザーが設定することもできるそれを活用して、特に頻繁に使うフォルダーやアフリを起動するための、ショートカットキーを設定しておこう。ショートカットキーはショートカットアイコンに設定するため、事前に対象となるフォルダーやアブリのショートカットを作成する必要がある。

ショートカットキーで開けるようにする

ショートカットキーで開けるようにする

不特定多数の人がいるスペースではロックが必須

 オフィスでは、パソコンの前を離れる際にロックが必須。だが、頻繁に離席するときは手問だし、急いでいると忘れてしまうことがある。確実にロックをするために、パソコンとスマホなどのBluetooth端末を連携させて、「動的ロック」を使用しよう連携した端末を持って離席すると、自動でロックされるようになる。

つねに持ち歩いている端末をベアリング 

つねに持ち歩いている端末をベアリング

ウィンドウをデスクトップの1/2サイズに表示 

ふたつのアプリを開いているときに、ウィンドウが重なって作業しづらいと感じたら、[Windowsキー十← →キー]の出番。アクティブなウィンドウをデスクトップの左(右)半分に表示できる。ほかに実行中のアプリがある場合は、空きスペースにプレビューが表示され、選択すると右(左)半分に表示される。

覚えておきたい6つのショートカット

覚えておきたい6つのショートカット

マウス操作がメインのユーザーならショートカットよりもジェスチャー

 マウスジェスチャーとは、マウスで描く軌跡でパソコンを操作する機能。日常的にマウスを使用しているユーザーにとっては、ショートカットよりも手早く入力が行える。設定にはrStrokesPlus]を利用。あらかじめテスクトップやブラウザー向けの複数のジェスチャーが登録されており、起勤しておくと利用が可能。ジェスチャーの追加もできる。

マウスの軌跡でパソコンを操作できる

マウスの軌跡でパソコンを操作できる
マウスの軌跡でパソコンを操作できる

パソコン内のゴミはユーザーだけでは削除できない

 不要になったファイルをマメに削除していても、システムの奥底にゴミファイルは溜まっていく。そんな、ユーザーでは手を出しにくいゴミは「CCIeaner」で削除。ストレージの確保と動作の快適化でー石二鳥だ。

クリーニングすべき4つの項目

クリーニングすべき4つの項目
 クリーニングすべき4つの項目

ストレージを使い続けると避けてはとおれない断片化

 ストレージは読み書きを繰り返すことで、空きスペースが分割され、そこにファイルが保存される。これによりファイルが断片化され、読み書きの効率が下がってしまうのだが、デフラグすることで解消できる。

ストレージを使い続けると避けてはとおれない断片化
ストレージを使い続けると避けてはとおれない断片化

メモリーの空きが多いほどパソコンの動作は快適 

アプリは実行するとメモリーを消費する。そのため、実行中のアプリの数が増えるほどパソコンの勣作が鈍いと感じるようになる。「MemOptimizer」は、そんなアプリが使用しているメモリーを開放し、空き容量を増やすというもの。バックグラウンドで実行中のアブリがムダにメモリーを消費しているのも解消できる。

アプリは勝手にスタートアップに登録される

 パソコンの電源を入れてから起動を完了するまでの時問を左右するのが, OSと同時に起動するスタートアップの存在。アプリのなかにはインストールすると自動的にスタートアップ登録されるものがあるが、これが起動時間を遅らせる原因となる。セキュリティなどの必要なアプリ以外は、無効化もしくは遅延設定を行うといい。

メモリーの使用量が指定数値を越えたら開放

メモリーの使用量が指定数値を越えたら開放

アプリごとに無効化や遅延を設定

アプリごとに無効化や遅延を設定

ハソコンが正常に動作しない原因にもなる

 [ドライバー]は、パソコンに内蔵および外付けされている機器をコントロールするプログラム OSのアップデートなどに合わせて更新されるが、これが古いままだと正常に動作しなくなる可能性がある気づかないうちにパソコンの動作に悪影響を及ぼすため、「Driver Booster 4 Free」で古いドライバーの検出と更新を行おう

メモリーの一部を高速ストレージ化する

 ブラウザーなど一部のアプリの動作速度を左右する要因のひとつに、ストレージの読み書き速度かあるというのも、アブリは動作する際に、キャッシュを読み書きするからだこの読み書き速度を高速化するために有効なのかこメモリーの一部をストレージ化したRAMディスクこれは「QILING Disk Master Free」で簡単に作成できる

古くなったドライバーは一括アップデート

古くなったドライバーは一括アップデート

メモリーの一部をRAMディスク化する

メモリーの一部をRAMディスク化する

ルーターから離れた部屋の通信環境を改善する

 Wi-Fiでネットに接続していると、ルーターから離れるほど通信速度は遅くなり、場合によっては途切れてしまう。仕事にかかせないネットの速度が遅いと作業の遅れにもつながるため、「中継器」を増設して通信環境を改善しよう、オススメは場所を取らないコンセント直挿しタイプだ.

ルーターから離れた部屋の通信環境を改善する

中継器はココを見て選べ!

 中継器はココを見て選べ

ルーターと中継器を接続する

ルーターと中継器を接続する

使い比べて初めてわかるキーボードの優劣

 使い比べてみないと気づきにくいが、キーボードも種類によって打鎚感が大きく異なる。実はこの打鍵感が指に合う、合わないで、入力速度や疲労に大きな差が出る、今使っでいるキーボードに不満がなくても、一度量販店ではかのキーボードも試し打ちしてはしい。本誌のおすすめはエルゴノミクス設計で指にやさしいMs製の一品

コピーやペーストがワンクリックで完了する

 マウスといえば左右のボタンとホイールの3ボタンが一般的だが、作業効率を向上させるのなら多ボタンマウスを使用したい.追加のボタンはブラウザーの「戻る/進む」や「コピー ペースト」のような、任意のショートカットを割り当てることができるよりボタンの多いマウスがほしいのなら、ケーミンクマウスも探してみよう

エルゴノミクス設計で入力効率アップ

 エルゴノミクス設計で入力効率アップ

5つのボタンに操作を割り当てる

5つのボタンに操作を割り当てる