2017年11月まで、全世界のWindows 10のインストール数は5億を突破し、無料でWindows 10にアップデートする期限も迫っています。アップデートしていない、もしくは新しいPCにOSをインストールしていない場合、こちらはWindows 10への無料アップデート、或いはリーズナブルな価格のWindows10を提供します。

目録:

Windows 10 各バージョンの価格

Win 10 Pro/Home

Win 10 Pro/Home

バージョンの区別

Windows 10は4つのバージョンに分けられ、小売市場向けのWindows 10 ProfessionalとWindows 10 Homeです。その価格と機能は異なります。

Windows 10 Homeは4つのバージョンの中で価格が最も安く、家庭使用者にとってのベストチョイスでしょう。

Windows 10 Proは主にコンピュータ技術愛好者と企業技術社に向けます。その機能性はさらに高く、価格も家庭版より高いです。

Windows 10 Enterpriseは機能性が最も高く、企業使用者向けのバージョンです。このバージョンはサブスクリプション・バージョンであり、使用者は無料でWindows 10企業版にアップデートできません。このバージョンはVOLの方式で公開されるため、通常は直接購入できません。

Windows 10 Educationは機能性が高く、価格がリーズナブルで、大型学術機構向けのバージョンです。企業版の全てのアプリを持ちます。マイクロソフト社の慣例により、教育関係者向けのバージョンは特別価格があり、Windows 10教育版とWindows 10企業版は機能面において差がありません。

通常の消費者にとって、最も入手しやすいバージョンはWindows 10家庭版とプロフェッショナル版で、受入度の最も高いのもこの二つのバージョンです。二者の価格は一定の差があるが、それぞれのニーズにあわせて合理的に選択できます。

軽度使用者に関して、例えば、ゲーム、映画や娯楽を重視する方には、家庭版を選択して良いでしょう。重度使用者に関して、例えば、技術愛好者と企業技術者の場合、プロフェッショナル版を選択して良いでしょう。

価格の比較

最近、弊社は新しいコンピュータ(OS無し)を購入する予定です。技術者として、システムの選択に関して価格をわりと重視します。現在、市販OSの価格は混乱しています。資金が限られているため、高価格はまずパスです。一台のPCあたり約2万円の出費が発生しますから。一方、超低価格も信頼できません。作業の安定性と安全性も非常に重要なのです。それで繰り返して比較した結果、KingSoftCenterのProバージョンに決めました。¥9,200で購入しました。その他いくつかの店舗に比べ、その価格は安く、インストールの説明もついています。以下、それぞれバージョンのシステムに対して価格を比較します:

Windows 10 Home 価格:

Windows 10 Home 32/64Bit 日本語版 (最新)
販売店 費用 購入形態・種類 優遇
Amazon ¥17,780円(税込) USB/ダウンロード版 ¥1,228 (6%)
Yahoo ¥16,849円(税込) ダウンロード版 -
Microsoft Store ¥19,008円(税込) USB/ダウンロード版 -
KingSoftCenter ¥9,200円(税込) ダウンロード版 -

AmazonとYahooの価格は毎日変動しており、価格が非常に低くなることもあります(ご参考までに)。我々は定期的にマイクロソフト社の公式ストア以外の店舗の価格を調査し、最低価格で正規版のOSを購入できるように確保しています。選別・比較により、Yahooではほぼ全てのバージョンがネット上の最低価格で販売されており、海賊版の可能性があると考えられます。そのプロダクトキーの真実性を検証できません。

Windows 10 Professional 価格:

Windows 10 Professional 32/64Bit 日本語版 (最新)
販売店 費用 購入形態・種類 優遇
Amazon ¥23,660円(税込) USB/ダウンロード版 ¥4,204 (15%)
Yahoo ¥16,849円(税込) ダウンロード版 -
Microsoft Store ¥27,864円 (税込) USB/ダウンロード版 -
KingSoftCenter ¥9,200円(税込) ダウンロード版 -

Windows 10 Proに関して、Amazonでの価格は約15%の優遇があるが、ネット上の最低価格ではありません。上表により、KingSoftCenterでの価格が最低で、Windows 10 Proはわずか¥9,200円だとわかります。商品の真実性についてもぜひご安心ください。管理人自身も実際に半年以上使用しており、特に問題がありません。

Windows 10 Enterprise 価格:月間7ドル/年間84ドル

Windows 10企業版の販売方式はOffice 365と同じで、サブスクリプション方式です。前世代のシステムWindows 8.1企業版に比べ、企業によるOS購入方式を完全に変えました。Windows 8.1企業版の価格は25,000円〜30,000円です。現時点のWindows 10 企業版の価格を踏まえ、企業が1000台のPCのOSを購入する場合、その年間価格は84,000ドル(現時点の為替レートにより約930万円/年)となります。一方、Windows 8.1企業版は一括払いの3000万円となっています。

「無料の」Windows 10 OEM版

マイクロソフト社の管理層はこう考えています:「OS自体は無料です。コンピュータを購入する場合、OSが内蔵されていますから。自ら部品などを購入して組み立て、そしてOSを購入する方だけはWindowsの価格に気付きます。」

実はコンピュータを購入する場合、その販売価格の一部は内蔵のWindows OSに当たります。コンピュータの部品みたいに、コンピュータの全ての部品に対して費用を支払う必要があります。

このようなバージョンに関して、マイクロソフト社は企業に対して直接大量ライセンスしています。例えばマイクロソフト社は、Dell、レノボ、NEC、富士通等のメーカーにライセンスしています。メーカーはWindows 10の大量購入契約に示す価格でライセンスを取得し、生産したコンピュータにプレインストールします。その包装は小売版ほどきれいではなく、通常は一枚のDVDとプロダクトキーカードしかありません。Windows 10 OEM版の価格は小売版よりはるかに安いです。

ご利用のコンピュータにWindows 10 OEM版をインストールしている場合

おめでとうございます。これで、最新のWindows 10を利用できます。その他正規版使用者みたいにWindows 10を常に最新版にアップデートできます。なお、別途費用が発生せず、コンピュータで永遠に利用できます。

ご利用のコンピュータにWindows 7/8OEM版をインストールしている場合

一刻も早く補助的技術でWindows 10にアップデートしてください。無料のアップデート・サービスは2017年12月31日に停止します。その時になったら、無料アップデートできなくなります。アップデートするには、27864円の価格でWindows 10を購入する必要があります。

旧バージョンのOSを購入してアップデートを実現

Windows 10の発表以来、マイクロソフト社はWindows7/8使用者に無料アップデートをプッシュしています。その時效は一年間で、一年内にいつでも無料アップデートできます。2016年7月にマイクロソフト社がWindows 10の無料アップデートサービスの停止を発表したが、マイクロソフト社の補助的技術のアップデートページとWindows10アップデート・アシスタントでWin 10を無料でアップデートできます。これはマイクロソフト社による追加サービスでしょう。

すなわち、今すぐWindows 7/8を購入すると、相変わらずWindows 10にアップデートできます。それで、今すぐ旧バージョンのOSを購入してWin 10にアップデートすると、お金の節約となります。

以下はAmazonから検索したWin 7/Win 8.1の販売中のバージョンです。その価格はWindows 10より遥かに安いです。

  • Windows 7 Professional SP1 費用:¥12,500円
  • Windows 7 Home Premium SP1 費用:¥29,980円
  • Windows 8.1 Professional 費用:¥14,980円
  • Windows 8.1 通常版 費用:¥12,980円

マイクロソフト社は無料アップデート・サービス停止を発表

このほど、マイクロソフト社の公式情報により、補助的技術アップデートページは2017年12月31日に運営停止を迎え、無料でWindows 10にアップデートする経路が閉じられてしまうそうです。それでも、ぜひご安心ください。旧バージョンのWindowsを購入し、アップデートアシスタントとUSBツールの作成によりWindows 10にアップデートできます。現時点では、Windows 7/8の価格は最安価で、購入のタイミングです。

以下はWindows 7とWindows 8.1の最新価格です。ご参考まで。

Microsoft Windows 8.1 Professional 32bit/64bit 日本語版 (最新)

  • ウィンドウズ(Windows)
  • 参考価格¥12,980
    価格¥5,299(2017/11/22)

Microsoft Windows 7 Professional 32bit/64bit 日本語版 (最新)

  • ウィンドウズ(Windows)
  • 参考価格¥12,500
    価格¥ 3,800(2017/11/22)

Windows 10以外のその他選択肢

無料版のMac OS

アップル社のOSは、2013年10月にOSの課金を終えています。当時、最新版のMac OS X 10.9Mavericksシステムは課金せず、16年にわたる料金システムを終え、技術業界の営利方式の変化を図ります。18年前、この業界の覇者の半分近くの営業収入は卓上OSのライセンス費用によるものです。今では、公式の情報により、Mac OS Xのライセンス費用がほぼ無視できるほど少ないそうです。

Mac OS Xの価格はとっくに下方調整に入っています。最初の4つのバージョンの価格は129ドルだったが、アップル社は2009年にOS X 10.6スノーレパード・システムの価格を29ドルに下げ、そして2012年にOS X10.8マウンテンライオン・システムの価格を19ドルに下げました。

マイクロソフト社は相変わらずPCメーカーからWindowsライセンス費用を徴収しており、小売業界もエンドユーザーに高額なWindows 10ライセンスを販売しています。

アップル社のMacは通常のコンピュータみたいにx86に基づくIntelプロセッサを採用しているが、Mac以外の端末にはMac OSへのサポートを提供していません。それで、通常のPC/ノートブックにMac OS Xをインストールするには、シミュレーションとクラッキングをしなければ、無料のMAC OSを利用できません。

Ubuntu 無料オープンソースのOS

20000円という高価のWindows 10に比べ、Ubuntuはコミュニティの開発したLinuxに基づくOSであり、ノートブック、デスクトップコンピュータとサーバーに適用です。家庭用でも、学校用でも、事務用でも、Ubuntuは必要なアプリを揃えています:ワードプロセッサ、電子メール、Webサービスとプログラミングツールなどがあります。ワードプロセスと表作成を使用する場合、マイクロソフト社のOSをインストールしてから、Officeオフィスソフトを購入する必要があります。

Office 2013 購入・価格
なおOffice 2013は発表以来4年間も経っているが、相変わらず存続しています。Office 2013は価格が安く、買い切りの形で(一括払い、永続使用)賢明な選択です...

Ubuntuにおける同じく無料のオープンソースのOpenOfficeは、高価なOfficeに取って代わることができます。

インストールする前に、無料のオンライン体験が可能です:http://tour.ubuntu.com/en/