Windows 10 Pro/Home ダウンロード版購入価格はただ9,200円

Windows 10 USB版 販売开始。Windows 10 Pro ダウンロード版購入価格はただ9,200円。Windows 10 Home ダウンロード版購入方法を徹底解説!

2015年12月

Windows10 ダウンロード版[スタート]メニューの基本操作
このsectionでは、Windows 10 の新しい[スタート]メニューのマウス/タッチ/キーボード操作について解説します。 Windows 10 の[スタート]メニューにはタイルが配置されているほか、メニューの表示サイズを変更できる点などが特徴です。また、クイックアクセスメニューやキーボードショートカヽントを活用することにより、すばやい操作が実現できます。
1、[スタート]メニューの特徴
Windows 10の[スタート]メニューは、各種アブリを任意に起動できるほか、電源操作、アカウントに対する各種操作が可能です。また[スタート]メニュー内に表示される「タイル」は、サイズや配置のカスタマイズを行うことができるほか、ライブタイルである場合にはリアルタイム情報の表示が可能です。
 
 [スタート]メニューの特徴
[スタート]メニューの特徴
2、全画面表示の[スタート]メニュー
「タブレットモード」が有効な場合や、「[スタート]メニューを全画面表示にする設定 を適用している場合、[スタート]メニューは「全画面表示」になります。
 全画面表示の[スタート]メニュー
[スタート]メニューの左ペインを表示する
「≡(ハンバーガーメニュー)」をクリック/タップします1.[スタート]メニューの左ペインに相当する部位(「サインインしているアカウント」や「よく使うアプリ」)を表示できます。
[スタート]メニューの左ペインを表示する


 



Windows10 ダウンロード-外出前の天気チェックや 趣味に使えるアプリ
1時間予報まで表示できる多機能天気アプリ
 週間予報から|時間予報まで、天気に関するニュースが表示できるのが「天気」アプリ。複数の地域をび
録できるので、自宅だけでなく、尖家や旅行先など気になる地域の大気も簡単。に知ることができます。
 過去の気象データについても、気温や降水量の平均、過去最高気温などが見られます。
[天気]のホーム画面
[天気]のホーム画面
ユーザーが指定した都市や地域の週間天気予報はもちろん、過去の気象データや、気象関連のニュース
までチェックできる。
Xbox Liveのフレンドやゲームの記録を表示
 「Xbox」は、Xbox Liveに登録された情報や、フレンドとのメッセージなどが表示できるアプリです。同じ
アカウントの機器にインストールされているゲームの実績表示や、ゲームのスクリーンシヨヽソト、プレイ
内容の録画などの機能があります。
「ゲーム録画」では、自分のプレイだけでなく、コミュニティで公開されているクリップも視聴可能です。
[Xbox]のホーム画面
[Xbox]のホーム画面 
Xboxの持つソーシャルネットワーク機能だけでなく、Windows 10のパソコンでXbox Oneのゲームをストリーミングプレイできる
ライブラリを活用し3Dモデルを手軽に作成
 ライブラリに登録されたおもちゃのモデリングデータを組み合わせたりアレンジしたりして、手軽に3D
を楽しめるのが「3D Builder」です。ごく簡易的ですが、基本図形を組み合わて、オリジナルのモデリング
データを作成することも可能です。作成した3Dモデルはファイルに保存できるだけでなく、3Dプリンターで出力することもできます。
[3D Builder]の機能
 [3D Builder]の機能
機関車やレール、シャベJレカーなど、豊富なオブジェクトサンブルが用意され、3Dの知識がなくても手軽に作
成できるのが特徴だ。
 

 
  
 
 
 

Windows 10ニュースやスポーツの 最新情報をキャッチ
次々と記事をチェックし読み進められるニュースアプリ
 読みたいカテゴリを設定しておくと対象となるニュース記事をまとめて表示してくれるのが、「ニュース」アプリです。大きな画像と見出しを使ったタイル表示で、読みたい記事が見つけやすいのが特長です。
 記事のタイルをクリックすると記事全体が表示されます。画面上部の「共有」ボタンから「リーディングリスト」
へ追加しておけば、あとで再表示できます。忙しいときは画面右の「>」や左の「<」ボタンをクリックして、前後の記事を次々に表示させ、目に止まったものをリーディングリストへ追加しておいてあとでじっくり読むといった使い方が便利です。タッチパネルに対応したパソコンやタブレットなら、このボタンをクリックする代わりに、画面を左右にスワイプするだけで前後の記事へ移動できます。
 「スポーツ」はニュースのように多カテゴリではなく、記事をスポーツに絞ったアプリです。競技別のより詳しい記事が読めます。
[ニュース]と[スポーツ]のホーム画面
[ニュース]と[スポーツ]のホーム画面
リーディングリストで=気になる記事を再読
 「ニュース」や「スポーツ」アプリでリーディングリストに追加した記事を読むときは「リーディングリスト」アプリを使います。追加した記事は新しい順に左から並ぶので、右の記事から見ていくと、チェックした順番で読み進められるでしょう。なお、記事は日ごとにまとめられ、いつ追加したのか、ひと目でわかります。
 [リーディングリスト]でまとめてチェック
  [リーディングリスト]でまとめてチェック
外出先や移動中こたまたま気になるニュースを見かけたら、とりあえず[リーディングリスト]に登録しよう。あとで、まとめてチェックできるので効率的だ。



 
 

写真の整理と編集が自動化機能でスムーズに
 大切な写真を自動的にアルバム化
 「フォト」は、デジカメからの取り込み、整理、スライドショー、編集といった機能を備えた写真管理アプリです。
 「コレクション」では、「ピクチヤ」フォルダーに保存されている写真がすべて表示されます。ファイル名ではなく日付でソートされるので、大切な旅行写真なども、日付を頼りにすばやく探し出せます。
 「アルバム」は、写真の中からベストショットを自動的に選び、期間ごとにまとめてくれる機能です。タイトル変更や、写真の追加や削除もできます。これをペースに、自分だけのアルバムを作るといいでしょう。
 自動補正機能があり、このアプリで表示するだけで色味を最適化してくれます。この機能は画面左下の[設
定]で[オフ]にすることもできます。
 
フォトの画面構成
 フォトの画面構成
アルバムを自動的に作成
 アルバムを自動的に作成
ペストショットを集めてアルバムを自動生成完成したアルバムには、自分でお気に入りの写真を追加したり、必要のない写真を削除したりできる。
編集機能で写真をさらに楽しむ
 フォトは写真を表示するだけでなく、編集機能も備えています。 専門の画像編集アプリのような強力な機能こそありませんが、同転や傾き調整、赤「1補正といった基本的なものから、写真の雰囲気をガラリと変える「フィルター」、明るさやコントラストを調整する「ライト」、鮮やかさや濃淡を変える「カラー」、擬似的にボケを表現する「効果」といった機能が利用できます。
 これらの機能はボタンやスライダーが人きいのでタッチ操作がしやすく、直感的に简単に使えます。
 編集機能も搭載
Windows 8.1から機能名称やレイアウトは多少変更されたが、同等の編集機能を備える引き続き、RAW現像にも対応、
 編集機能も搭載



Windows 10 --新たに生まれ変わった音楽再生アプリ
使い勝手が良くなり高音質ファイルにも対応
 Windows 8.1の「ミュージック」が、Windows lOでは「Grooveミュージック」となりました。
 左ペインにはアルバムやアーティスト、曲など、再生したい音楽を探すための項目が並びます。右のペインには、選択した項目に合致する曲のリストが表示されます。再生リストは、曲の順番を自由に登録できるプレイリスト機能で、ドラッグ&ドロップで曲の追加、入れ替えができます。
 残念ながら、音楽CDをパソコンに取り込む機能はなく、WindowsMedia Playerを利用する必要があります。しかし、パソコン内の音楽データを自動的に探し出してライブラリに追加したり、アルバムのジャケット画像や曲名情報を自動的にWebから取得したり、さらにはiTunesのプレイリストをインポートできたりと使い勝手は上々です。もちろん、「ストア」で購入した曲も再生できます。そして一部の音楽愛好家にとっては、FLACやApple Lossless(ALAC)といった高音質データの再生に対応した点も見逃せません。
 Grooveミュージックの画面構成
  Grooveミュージックの画面構成
ストアから曲を購入
ストアから曲を購入
最小化したままタスクバーから操作できる
 プレーヤー操作はウィンドウを最小化したままでも可能 タスクバーのアイコンにカーソルを重ねるとコ
ントロールボタンが人示されるので、そこからスキッフーや再生、一時停止などの操作を行えます
タスクバーからコントロール
 
タスクバーからコントロール



↑このページのトップヘ