Windows 10 USB版販売ダウンロード版購入価格はただ9,200円

Windows 10 USB版 販売开始。Windows 10 Pro ダウンロード版購入価格はただ9,200円。Windows 10 Pro ダウンロード版購入方法を徹底解説!

2016年01月

Windows10 販売-タッチによる[スタート]メニューの基本操作
Windows 10の|スタート メニューは、Windows 7アのlスタート|メニューとWindows 8のスタート画面を
組み合わせか新しいテリインか採用されています タ………手操作において1スタートjメニコーの各種操作か行う
には、以下の手順に従います
[スタート]メニューの表示
しスタート]ボタンをタップします1.[スタート]メニューを表示することができます。
[スタート]メニューの表示

タイル(グループ)の表示移動
タイル(グループ)上に指を置いて任意の方向にスライドします(任意の方向に指でなぞります)。タイル(グループ)の表示位置を任意に移動することができます。
caution 
スライド操作を行う際には、タイル上で長押しタップ(同じ場所に指をとどめる)を行わないようにします.
タイル(グループ)の表示移動
アプリの起動
目的のタイル/目的のアプリアイコンをタップします1。対象のアプリを起動することができます。
 アプリの起動

 

 

Windows10 販売-マウスによる[スタート]メニューの基本操作
組み合わせた新しいデザインが採用されています。マウス操作において[スタート]メニューの各種操作を行う
には、以下の手順に従います。
 1、[スタート]メニューの表示
[スタート]ボタンをクリックします1。[スタート]メニューを表示することができます。
tips
[スタート]メニュー表示している状態で、[スタート]メニューを閉じたい場合にも[スタート]ボタンをクリックします(通常モードの場合)。
[スタート]メニューの表示
タイルの表示移動(マウスホイール)
タイル(グループ)上にマウスポインターを合わせてマウスホイールを回転させます(あるいはタッチパッドでスクロール操作を行います)。タイルの表示位置を任意に移動することができます。
 タイルの表示移動(マウスホイール)
タイルの表示移動(スクロールバー)
タイル(グループ)横に表示されるスクロールバーをドラッグします。あるいはスクロールバー上端/下端にあるをクリックします。タイルの表示位置を任意に移動することができます。をクリックします。
タイルの表示移動(スクロールバー)
アプリの起動
目的のタイル/目的のアプリアイコンをクリックします1.対象のアプリを起動することができます。
 アプリの起動




Windows10 販売-パソコンを購入時の初期状態に戻す
パソコントラブル時の最終手段が「回復」
アプリの追加やハードウェアの増設を自山にできるのがパソコンのいいところですが、長期間使い続けていると動作が不安定になり、挙動がおかしくなることがあります。アプリが原因ならアンインストールすれば元に戻る可能性がありますが、何か原因なのかわからないケースもあります。
 何をしても不安定さが解消されないときは[回復]機能を使って、パソコンを購入時の初m状態に戻しましょう。
アプリの再インストールと再設定の手間はかかりますが、原因を特定できない場合の最終手段なので、自己責任で行ってください。
 大切なデータは事前にバックアップ
 まず[設定]の[更新とセキュリティ]から[回復]を選びます。ここで[このPCを初期状態に戻す]にある[開始]
ボタンをクリックしましょう。あとは手順に従っていくと、購入時の初期状態へと戻せます。
 ここで注意したいのが、ユーザーが作成したファイルやフオルダー(個人用ファイル)の扱いです。右の手
順2の両面のオプションでもユーザーデータを残すことはできますが、保証はされません。
事前にUSBメモリー
や外付ハードディスク
OneDriveヘバックアップしておきましょう。なお、初期状態に戻すと、白分で追加したアプリや更新したプログラムもすべて削除されます。
パソコンを購入時の状態に戻す
パソコンを購入時の状態に戻す
パソコンを購入時の状態に戻す

[システムの復元]の設定画面
[システムの復元]の設定画面
不調の原因やタイミングが明確ならば試してみよう
 パソコンの動作が不安定になって原因が特定できない場合、まず[回復]で初期状態に戻すのが確実な
方法です。しかし、[回復]ではユーザーが追加したアプリや設定など、過去の環境がすべてなくなってしまうのが欠点です。
 たとえば「ドライバーを更新したりアプリを追加したら動作が不安定になった」というように、原因に心当たりがある場合には[システムの復元]がおすすめです。
 [システムの復元]とは、パソコンが正常に動作していたときの状態に戻す機能です。復元ポイントは、アプリの追aや削除、ドライバーのインストールなど、システムに変更が加えられるときに自勁的に作成されます。しかし、新しいアプリのインストールなどの重要な変更を行う前には、手動で確実に復元ポイントを作成しておくといいでしょう。
 この復元ポイントは当然、パソコンが正常に動作している時に作成しなければなりません。
まずは[システムの復元]を有効にしておこう
 まず[システムの復元]を有効にして、復元ポイントをあらかじめ作成します。[システムの復元]は、[システム
のプロパティ]で有効にします。タスクバー検索で「システムの復元」と入力し、検索結果から[復元ポイントの作成]をクリックします。すると、[システムのプロパティ]が表示されます([システムの保護]タブが選択されています)。この画面の[保護設定]にあるシステムドライブの保護が[有効]になっているかを確認します。
 [無効]になっている場合は[構成]をクリックして表示される画面で[システムの保護を有効にする]にチェックを入れます。
復元ポイント作成時に気を付けるべき点
 システムの保護が[有効]になったら[作成]ボタンをクリックし、復元ポイントを作成します。この[作成]ボタンからいつでも復元ポイントを作成できます。その際、どのタイミングで作成した復元ポイントかがわかるような名前を付けておきましょう。たとえば、新しいパソコンに必要なアプリやドライバーをインストールし、Windowsの設定をひととおりカスタマイズした直後に「自分仕様のクリーンシステム」といった名前を付けると、あとから復元ポイントを選ぶ時に迷わなくて済みます。
 なお、[ディスク領域の使用量]は容量が大きいほど多くの復元ポイントを保存できますが、そのぶんディスクを圧迫します。デフォルトのまま設定するか、大きくても5~10%程度にしておくといいでしょう。
システムの保護を有効にする
 システムの保護を有効にする
 復元ポイントを使って変更前のシステムに戻す
 実際に[システムの復元]を使ってパソコンを正常に動作しているときの状態に戻すには、前ページと同様の手順で、[システムのプロパティ]の[システム保護]タブを開き、[システムの復元]をクリックします。あとは画面の指示に従って、復元したいポイントを選び、[完了]をクリックするだけです。最後の確認で[はい]を選べば復元が始まります。
 なお、復元ポイントを作成したあとに追加したアプリや設定は消えてしまうので、復元後にアプリを追加および設定し直す必要があります。また、ドキュメントやピクチヤなどのユーザーファイルは[システムの復元]には含まれないため、問違えて削除あるいは上書きしてしまったファイルの復旧には使えません。
 
[復元ポイント]を使って復旧する
[復元ポイント]を使って復旧する

 
 

[設定]→[Wi-Fi]から接続する
通知領域からWi-Fiに接続する
[設定]→[Wi-Fi]から接続する 通知領域からWi-Fiに接続する
ネットワーク関係の情報や設定を集約
 「ネットワークとインターネット」では、Wi-Fi/VPN/イーサネット/ダイヤルアップといった、ネットワーク接続に関する設定を行います。
 パソコンをWi-Fiに接続する場合、アクセスポイントへの接続設定が必要となります。この設定を行う方法は2通りあります。1つは[ネットワークとインターネット]の[Wi-Fi]から行う方法、もうIつはタスクバーの通知領域にあるアイコンから行う方法です。
 [Wi-FI]を開くとSSID (Wi-FIのネットワーク名)一覧が表示されるので、接続したいをSSIDをクリックします。
続いて[接続]ボタンをクリックし、SSIDで設定されている[ネットワークセキュリティキー]を入力すれば接続完了です。 Wi-Fiルーターが「WPS」などの簡単設定機能に対応している場合は、セキュリティキーを入力する代わりに、Wi-Fiルーター側の『WPSJボタンを押しても接続できます。よほど古い製品でない限りWPSに対応しているので、マニュアルで使い方を確認しておくといいでしょう。
 タスクトレイの通知領域にあるアイコンから設定すれば、わざわざ[設定]から[ネットワークとインターネッ
ト][Wi-Fi]とたどらなくても、すばやくWi-Fiに接続できます。手順は前述の[設定][Wi-Fi]と同じです。
接続中のWi-Fiを手動で切断する
 現在接続中のWi-Fiとは別のWi-Fiに接続したい場合は、新しいSSIDをクリックして接続設定を行います。これで、元のWi-FiからりJ断され、あとから設定したWi-Fiへと接続が切り替わります。
 ただ単にWi-Fiを切断したい場合は、[接続済み]となっているSSIDをクリックすると[切断]ボタンが表示されるので、それをクリックすれば切断完了です。
Wi-Fiとの接続を切断する
 Wi-Fiとの接続を切断する
[接続済み]のSSIDを選び、[切断]ボタンをクリック。これでWi-Fiでの接続が切断できる。
 
必要のない自動接続は無効に
 Wi-Fiは、一度接続を行うと[既知のネットワーク]として設定が保存され、次回からネットワークセキュリティキーを入力せずに接続できるようになります。
 これは便利な機能ですが、旅先のホテルや喫茶店など一時的に使った設定も残ってしまいます。 このような不要になった設定を削除するには、[設定]の[ネットワークとインターネット]にある[Wi-Fi]を開き、[Wi-Fi設定を管理する]をクリックします。いちばん下の[既知のネットワークの管理]にある保存された設定から、削除したい設定を選択し、[削除]ボタンをクリックしましょう。
保存されている設定を削除する
保存されている設定を削除する
 
クイックアクションでWi-Fiをオン/オフ
 接続設定を削除するのではなく、Wi-Fiそのものをオフにしたい場合は、クイックアクションが便利です。「アクションセンター」を表示し、下部にあるクイックアクションに表示されている接続中のSSID名のボタンをクリックすると、Wi-Fiがオフになります。
Wi-Fiをすばやくオンダオフする
 Wi-Fiをすばやくオンダオフする
通知領域のアイコンから【アクションセンター】を表示し、[クイックアクション]にあるSSID名のボタンをクリックすれば、Wi-Fiをオフにてきる、もう一度クリックするとオンになる、通知領域にあるネットワークアイコンからも、SSID名のボタンが表示される。こちらからでもオン オフか可能だ。
 

 
 
 


↑このページのトップヘ