Windows 10 USB版販売ダウンロード版購入価格はただ9,200円

Windows 10 USB版 販売开始。Windows 10 Pro ダウンロード版購入価格はただ9,200円。Windows 10 Pro ダウンロード版購入方法を徹底解説!

カテゴリ: Windows10の機能を完全解説!

「OneDrive」はMicrosoftが提供するグラウトストレージサービスです。 Microsoftアカウントを使ってサインインすることで利用できます。容Iも無料で15GB利用できます。 OneDriveを使えば、パソコン、スマートフォン、タブレットからいつでも大事なデータを閲覧・編集できます。
OneDriveにサインインする
20161118154037
20161118161616
クラウドストレージ:「グラウトストレージ」とは、インターネット上にファイルなどのデータを保存でき
るサービスのことです。近年急速に発展したウェブサービスで、OneDriveのほかにも様々な種類のグラウトストレージ(サービス)があります。
OneDriveの他には?:クラウドストレージにはMicrosoft が提供しているOneDriveのほかにも、Google が提供しているGoogleドライブや, Drapbox. boxなど様々なサービスがあります。それぞれのサービスで保存容量やアプリの有無などが異なります。
同期:2つ以上の異なる端末問で、描定したファイルやフォルダーを同じ状態に保つことを同期といいます。グラウトストレージでは、グラウト上にのみファイルを保存すること「まもちろん、自分のパソコン内でグラウトストレージと同期させたいフォルダーを指定することもできます。
20161118161929

20161118161954
20161118162027
20161118162054
複数アカウント:OneDrivelま複数のアカウントで利用することもできます。うまくアカウントを使い分ければ、ファイルを保存する容Iに困ることもなくなります。
利用可能な容量:OneDriveは無料で利用できますが、保存できる容量には阻りがあります。無科で利用できる容量は15GBとなづていますが、さらに15GBプラスされるサービスもあります。

ファイルにはテキスト(文字情報)、画像、音楽、動画などいろいろな種類がありますが、それらを識別するために、ファイル名の後に拡張子というものがついています。拡張子が同じなら、同じ種類のファイルということです。ファイルの種類を正確に識別するためにも、拡張子を表示する方法を確認しましょう。
1.リボンコマンドで拡張子を表示する
20161117153124
20161117153210
拡張子:拡張子とは、ファイルの形式を識別するための文字列です。画像ファイルなら[・JPg].音桑ファイルなら「.mp3」など、(バドット)○○」という形になっています。ファイル名が同名でも、拡張子が異なる場合は、拡張子を表示しておかないと区別がつかない鳩合もあります。
拡張子の種類
20161117153501
2.コントロールパネルから表示する:
20161117153615
20161117153641
コントロールパネルへのアクセス方法:スタートボタンを右クリックして(コントロールパネル〉をクリックすると、コントロールパネルを開けます。
20161117153753
拡張子の変更:拡張子を表示する設定にしていると、ファイル名を変更する際、拡張子名の哨集も行えます。書き換えることで拡張子の種類の変更も可能ですが、ファイルが開けなくなることもあるので、
上級者以外は拡張子は変更しないようにしましよう。
20161117153859

パソコン上でファイルやフォルダーなどを削除すると、「ごみ箱」というフォルダーに移動されます。整理整頓のためにも、不要なものは削除するようにしましょう。また、ごみ箱に移動されただけでは、ファイルやフォルダーは完全には削除されていません。ごみ箱を「空」にしてはじめてデータの削除が完了します。1.ドラッグ&ドロップでごみ箱に移動する

20161116165001
2.右クリックでごみ箱に移動する
20161116165121

ごみ箱:不要なファイルは「ごみ箱」の中に一時的に入れてしまいましよう。実際の生活と同様にごみはごみ箱に入れます。ごみ箱にファイルがたまると、それに合わせてアイコンの形も変化します。
20161116165238
Deleteキーで削除:ファイルをI択した状態で「Delete」キーを押せば、ファイルをごみ箱に移勧できます。特に警告ウィンドウなどは表示されないため、誤操作には注意しましよう。
Shiftキー十Deleteキー:Deteteキー単独なら、ファイルはごみ箱に移動します。Shiftキーを押しなからDeleteキーを押した嘲合は、ファイルはごみ箱に移動せず、完全に削除されます。完全に削除されたファイルは元に「よ戻せません。
20161116165423
3.ごみ箱を「空」にする
20161116165525

20161116165600

ごみ箱を空にする:「ごみ箱を空にする」でデータを完全に削除できます。完全に削除したあとは,データはパソコンから完全に消えてしまいます。
Shiftキーを押しながらドラッグ:ごみ箱にファイルをドラッグすると通常なら「ごみ箱に移動」という表示がでます。Shiftキーを押しながらファイルをごみ箱にドラッグすると「削除」と表示されます。「削除」の場合はごみmこ入れず完令にMmされます。

20161116165741

20161116165815

指定のフォルダーから検索する
1.フォルダーの検索ボックスで検索する
20161115170529
20161115170653
検索ボックス:フォルダーの中央右側には検索ボックスが設置されています。キーワードを入力すると、フォルダー内のファイルが検索できるようになっています。検索ボックスをクリックすると、自動的
にリボンに「検索」タプが表示されます。
検索ツール:リボンの検索タブでは様々な機能が使えます。更新日,ファイルサイズなど,検索ボックス以上に条件を絞って検索が行えます。
検索場所:検索タプの「場所」の項目では、ファイルの検索ポイントを変更できます。開いているフォルダーのみなら「現在のフォルダー」、開いているフォルダーの下の隋層も含めるなら「すべてのサプフォルダー」を選択して検索しましょう。
20161115171123
リボンコマンドで詳細に検索する
20161115171211

20161115171249

20161115171332
ファイルサイズ:目的のファイルによってファイルサイズは大まかに指定しておきましよう。テキストファイルなら小さめ、音楽ファイルなら大きめ、動画ファイルなら非常に大きい場合がほとんどです。
よく使う検索は履歴を保存しておこう:検索ボックスによく入力するキーワードや、よく見失ってしまうファイルを探すなど、ある程度検索のパターンが決まっている場合は、検索条件を保存しておくと便利です。ファイルを見失ってしまっても、保存した検索条件ですぐに見つけ出せます。
20161115171707
20161115171740

ファイルやフォルダーが増えてくると、管理していても探しだすのが大変になってきます。そこで覚えておきたいのがファイルの検索方法です。ファイル名の一部などのキーワードや保存した日時、ファイルの種類など、断片的にでも覚えておけば、ファイルの検索が行えます。管理がグツと楽になるので、必ず覚えておきたい方法です。パソコンの中を検索する
1.「検索ボックス」からファイルを検索する
20161114154325

20161114154443

検索ボックス:Windows10ではタスクバーに新機能「検索ボックス」があります。この機能ではパソコン内のファイルの検索のほか、ウェブ検索も可能です。タスクバーは常時表示されているのでいつでも検索できます。自分のコンテンツ:検索ボックスにキーワードを入力すると「自分のコンテンツ」と「ウェブ」で
検索結果を絞れます。(自分のコンテンツ〉がパソコン内を検索するときに選ぶ方です。
ファイルの場所を開く検索結果から目的のファイルまたはフォルダーを表示させたい場合は、表示されている検索結果の上で右クリックして《ファイルの場所を開〈》をクリックします。
20161114155248

2。「自分のコンテンツ」で詳細に検索する
分類:「分類」の項目は「関連度順」と「最新」の2つから選べます。キーワードが入った最新のファイルか、それとも関連性の高いファイルから順に表示するかを選択できるようになっています。

20161114155547
表示:表示の項目では、主にファイルの種類で選択肢が絞れるようになっています。テキストファイルだけ、フォルダーだけなど目的に応じて指定すれば、検索スピードがより早くなります。
20161114155707
20161114155759
20161114155847

20161114155933

↑このページのトップヘ