Windows 10 USB版販売ダウンロード版購入価格はただ9,200円

Windows 10 USB版 販売开始。Windows 10 Pro ダウンロード版購入価格はただ9,200円。Windows 10 Pro ダウンロード版購入方法を徹底解説!

タグ:Windows10

  • Windows 10 概要
  • Windows 10 マイクロソフト社の公式価格
  • Windows 7/8/8.1を購入してWindows 10にアップグレード
  • 安価なWindows8.1 PCを購入し、そのままWindows 10をゲット
  • オンラインでWindows 10 プロダクトキーを購入

マイクロソフト社は2015/7/29Windows 10を正式発売し、数多くのWindows7/8/8.1正式版ユーザは無料でアップグレードしているでしょう。ユーザはWindows updateを通じてオンラインアップグレードして良いし、或いはマイクロソフト社の公式サイトからWindows 10ISOインストールファイルをダウンロードし、自分でDVD或いはUSB保存メディアを作っても良いです。いかなる方法でWindows 10にアップグレードしても、正式版のユーザであれば、Windows 10のアップグレードが可能です。

(Windows 7/8/8.1正式版のユーザは、ここ一年中に無料でWindows 10にアップグレード可能で、しかもアップグレード後のWindows 10はアクティブ化済みの状態になっています。)

 Windows 10 プロダクトキーを購入

新しくWindows10 をインストールしようとするユーザにとって、これまでWindows7/8/8.1の正式版を使用していれば、Windows 10にアップグレードしたら、PCに正式版のデジタル許可証(Digital Entitlement)配布され、即ちPCがマイクロソフト社の公式クラウドサーバに登録済みで、このPCにはWindows10正式版の利用許可証が入っているわけです。


2


Windows7/8/8.1正式版を通じてWindows10にアップグレードしたユーザは、アクティブ状態にデジタル許可証アクティブ化済みという表示が見られます。

 

Windows10にアップグレードしたら、下記のことができます:

1. これまでのWindows7/8/8.1に復元し、使用し続けて、気が向かなければ、Windows 10ISOインストールパックにより、バーチャルドライブで、その中のSETUP.EXEを開いてアップグレードして良いです。

2. ハードディスクにあるWindows7/8/8.1を削除し、Windows 10インストールパックを使用し、或いはUSBDVDで新しくWindows10をインストールして良いです。

 

Windows7/8/8.1の正式版シリアル番号を紛失して、新しくWindows10をインストールする場合、どうすれば良いでしょうか?

 

合法で安価なWindows 10 正式版シリアル番号を購入

 

現在マイクロソフト社のWindows 10 公式価格は下記のように示します:

Windows 10 Home 64Bit32BitOEMダウンロード版-税込み:19,008

Windows 10 Pro 64Bit32BitOEMダウンロード版-税込み:27864

 

そしてWindows 8.1の価格を見てみましょう:

Windows 8.1標準版 (64BitOEMダウンロード版-税抜き:13,800

Windows 8.1 Pro 64BitOEMダウンロード版-税抜き:25,800

 

Windows7の一部のバージョンはまだ販売中だが、その数が少なく、価格を下記のように示します:

Windows 7 Pro64Bit32BitOEMダウンロード版-税込み:17,949

 

簡単にいえば、OEM版はセット販売のPCにのみインストール可能で、またその他PCに授権で利用することができません。小売版にはこのような制限がなく、任意のPCにインストール可能で、その他PCに授権でインストールする場合、元PCの授権が失効します。

 

 

【オプション1】:Windows 7/8/8.1を購入してWindows 10にアップグレード

これはよく思いつく方法です。Windows7/8/8.1の正式版ユーザは無料でWindows 10にアップグレード可能なので、大勢の人はWindows7/8/8.1正式版プロダクトキーを検索したり購入したりしており、Windows7/8/8.1をインストールしてから、Windows 10にアップグレードするという手です。やや面倒くさいですが、お金の節約ができます。

 Windows 7

上記の公式価格からすれば、かなり節約できるようです。プロ版で比較してみましょう。Widnows10 8.17の価格はそれぞれ27864円、25,800円、17,949円です。即ち、Windows 7/8.1を通じてアップグレードすれば、かなり節約できます。

 Windows 8.1

ただし

(1) Windows7/8/8.1をインストールしてWindows10にアップグレードするのは、かなり時間がかかります

(2) Windows 7/8/8.1のユーザはWindows 10発売後1年以内に無料でアップグレード可能です。

簡単にいえば、Windows7/8.1正式版を購入し、正式小売版であれば、インストールしていずれもWindows10にアップグレード可能で、かなりお金の節約ができます。

->メリット:

(1) 購入費用の節約ができます。

(2) 小売版であれば、授権は移転可能です。

->デメリット:

(1) Windows 7/8/8.1をインストールしてからWindows10にアップグレード可能で、時間がかかります。

(2) Windows 10にアップグレードするのは時間的制限があり、Windows 10発売後1年間以内にアップグレードすることになっています

 

【オプション2】安価なWindows8.1 PCを購入し、Windows 10正式版をゲット

この手はやや高いですが、会社にとって節約に繋がります。ちょうど古いPC機種を淘汰しようとすれば、新しいPCを購入することでWindows 10の正式版を取得するのも考えられます。IT従業員として、会社のために節約するのも悪くないですね。会社は新しいPCを購入しようとすれば、Windows 7/8.1PCを購入し、そしてWindows 10にアップグレードするのも考えられます。即ち「PCを購入してソフトウェアをゲット」というアイディアです


Windows 10 pc



->メリット:

(1)PCを購入すればWindows10が付きます。システムを購入するお金が要りません。

(2)office 3651年間利用期間も付いているかもしれません。プライベート版1年間の費用は節約できます。

->デメリット:

(1) セット販売のOEM版は、その他PCに移転できません。

(2)セット販売の中身はWindows 8.1であれば、同じくWindows 10発売後1年間以内にアップグレードする必要があります。

 

【オプション3】オンラインでWindows 10 プロダクトキーを購入

安価Windows 10の購入方法という記事を御覧ください。【Windows 10 USB版販売开始,ダウンロード版購入方法】このあたりの業者もたくさんいます。一部の消費者は購入して消費紛争に遭ったり、不正プロダクトキーを配布されたりすることがあり、編集者はリストしたのが、プロダクトキーの信頼性が高く、アフターサービスがしっかりして、消費紛争もほぼなく、詐欺もない業者です。激安なWindowsプロダクトキーを購入し、不愉快な結末になる可能性もあります。ぜひご注意ください。

->メリット:

(1)オンラインで購入し、メールで届きます。しかも最も節約できる方法です。

(2)プロダクトキーはいつでも購入でき、いつでも利用できます。

(3)Windows 10 Enterpriseのシリアル番号まであります。大量購入の場合、割引あります。

->デメリット:

(1)激安製品の場合、ある程度のリスクもあります。

 

 

とりあえず、正式版Windows 7/8.1ユーザであれば、重要なファールをバックアップして、今すぐWindows 10にアップグレードしましょう。システムアップグレードの形でWindows 10にアップグレードして良いし、或いはWindows 10ISOインストールパックを解凍してSetup.exeでアップグレードしてもよいです。アップグレード後、インターネットに接続し、そしてWindows 10の設定にアクティブ化済みの表示が見られます。これでアクティブ化完了です。

以上、スムーズにWindows 10にアップグレードできますように!


Windows10 販売-タッチによる[スタート]メニューの基本操作
Windows 10の|スタート メニューは、Windows 7アのlスタート|メニューとWindows 8のスタート画面を
組み合わせか新しいテリインか採用されています タ………手操作において1スタートjメニコーの各種操作か行う
には、以下の手順に従います
[スタート]メニューの表示
しスタート]ボタンをタップします1.[スタート]メニューを表示することができます。
[スタート]メニューの表示

タイル(グループ)の表示移動
タイル(グループ)上に指を置いて任意の方向にスライドします(任意の方向に指でなぞります)。タイル(グループ)の表示位置を任意に移動することができます。
caution 
スライド操作を行う際には、タイル上で長押しタップ(同じ場所に指をとどめる)を行わないようにします.
タイル(グループ)の表示移動
アプリの起動
目的のタイル/目的のアプリアイコンをタップします1。対象のアプリを起動することができます。
 アプリの起動

 

 

あらゆるデバイスを1つのOSで統合
パソコンやタブレットはもとよりスマートフォンにも対応
 windows 8以前は、デスクトップやノートパソコン向けのOSだけでなく、Surface RTシリーズ用の「WindowsRT」、スマートフォン向けの「Windows Phone」、組み込み機mmナの「/indows Embedded」など、さまざまな派生バージョンが存在しました。
 それぞれのバージョンは、OSの名前こそ似ていますが、インターフェイスだけでなくシステムの構造も大きく異なり、まったく違うものとして使われてきました。
 もちろん、アプリケーションに互換性はなく、一部のWindows 8/8.1対応のストアアプリを除いては動作せず、その意味でも異なるOSとなっていました。
 しかし、Windows 10では、スマートフォンからタブレット、パソコンに至るまで、すべて「Windows 10」という名称で統- されています。厳密には、内部構造は若干異なりますが、表面は同じインターフェイスを流用できるようになっています。スタート画面に表示されるタイルや、スナップなどの操作がそのまま他のデバイスでも活用でき、迷うことなく操作できる、というのがWindows 10の新しさです。
 スマートフォンとパソコンはCPUが異なるため、本来は同じアプリは動きませんが、Windows 10では互換性を保つためのユニバーサル構造を取り入れています。近い将来、スマートフォンの人気ゲームがパソコンでもプレイできるようになるかもしれません。
Windows 10まさまざまなデバイス上で動く
ノートPCやデスクトップPCはもちろん、タブレットやスマートフォンでもWinodows 10は動作する= sデバイスで自
分のコンピューター環境を容易に構築可能だ。
 Windows 10まさまざまなデバイス上で動く
「Microsoft HolloLens」で仮想現実コンピューティング
すこし大きなメガネのようなスコープを装着すると、目の前に3Dの世界が広がる「HolloLens」。ヘッドマウントディスプレイとは違い、顔や手の動きに追従して、インタラクティブコンテンツを楽しめます。Windows 10は、このHolloLensにも対応しています。発売後、すぐに3Dの仮想現実コンピューティングを堪能できます。
目の前に広がる画面を身体でも操作できるHoIIoLens。Windows10にも対応する。
 「Microsoft HolloLens」で仮想現実コンピューティング
 
 

Windows 8のリリースから3年が経ち、携帯端末の進化や、グラウトサービスの普及などにより、パソコンの利用環境も大きく変化してきました。Windows l0はそれらに対応すべく、新しいユーザーインターフェイスを採用し、直感的な操作やグラウト機能の強化などが図られています。新しいステージに入ったWindowsの機能を見ていきましょう。
インターネットでの無料アップグレード
無料アップグレードの条件やメーカー対応状況をチェック
2015年フ月29日の正式リリースが告知されたwindows10。さっそく、自分のパソコンにインストールをしたいところですが、その前に対応状況をチェックしましょう。windows 10は、利用するために必要なスペックが決まっていて、そのハードルを超えなければインストールができないようになっています。また、無料でのアップグレードをするためには、パソコンのOSがWindowsフSPI以上、または、Windows 8.1 Updateがインストールされている必要があります。 Windows Updatを事前に実行して、いずれかのバージョンにしておきましょう。もし、パソコンのOSがWindows 7よりも前の「Vista」や「XP」といったバージョンの場合は、Windows 10の新規購入が必要です。メーカーなどでの対応も、合わせてチェックしておくといいでしょう。
Windows l0へのアップグレード条件(インターネット経由)
 Windows l0へのアップグレード条件(インターネット経由)
Windows 10へのアップデート要件を満たしたパソコンでは、無料アップグレードの予約ができるよ
うになった。 
Windows 10へのアップデート要件を満たしたパソコンでは、
アップグレード方法は「できるネット」で紹介
windows 7 SPlやwindows 8.1 Updateからのアップグレード方法は、インプレスの書籍関連情報が満載の「できるネット」で公開しています。本書同様に、わかりやすい手順で解説していますので、アップグレードを行う前に、確認してみてください。Windows 10の最新情報なども、知ることカできます。なお、以下のURLは2015年8月1日以前にはアクセスできませんので、ご注意ください
Windows 10の最新悄報など「できるネット」で日々更新していきます。
Windows 10の最新悄報


 

↑このページのトップヘ